子どもの夏休みあと10日。

あまりの猛暑に朦朧としているうち?
子どもの夏休みもあと10日。
全国のお母さん、ゴールは近いです!

ホント、毎日「暑」かったというより「熱」かった感じ。
セミも異様に多かったような気がします。

さて、昨日まで2泊で再び伊豆にいました。
それまでに宿題が終わらなかったら行かない!と言っておいたおかげで、
子ども二人、宿題だけは先週終わりました。
ホッとしました。

というのも、夏休みの初め、
中学一年になった息子の宿題の多さにびっくりしたんです。

レポート4種類(フォームの決まった短いのを入れると5種類)、新聞つくりが1つ。
その他に、数学や英語や漢字などの普通の宿題など。
・・・というかほぼ全教科、時間のかかる宿題が出てる!

普通の公立中です。
私はこんなにやった覚えがないんですが・・・。
(忘れてるだけ?)

ゆとり教育で教育レベルが下がっている危機感で、
現場の先生が頑張って宿題を出してくださってるのかなあ。
感謝。

・・・でも見ただけで息苦しい!と思ってしまいました。
甘いでしょうか。

それにしても調べ学習の多いこと。
うち2つはフィールドワークの指示があって、
猛暑の中、部活から帰ってからまた歩きまわって調べてたようです。
「面白いけど、この真夏にやりたくないやー」なんて言っていました。
同感・・・息子には言わないけど。

塾(の宿題)もある子は超人だと思ってしまいます。

ゆとり教育 
⇒ 親や教師の不安 
⇒ 塾や宿題で必死で勉強させる

んー。もっと学校で、授業数増やして勉強させてほしいんですけど。

でも、調べ学習は確かに総合的な学力がつきそうですよね。
がんばって真面目にやれば。

とにかく息子は毎日の部活と、調べ学習の歩きまわりで、
コーヒー豆みたいに日に焼けて、体力だけはついたようでした。
よかったよかった。

逆に娘は去年まで頼ってた兄が今年は行動を共にできなくて、
スイミング以外は留守番が多く、
ちょっとかわいそうなことをしてしまいました。

まだ今週も暑いようですね。
みなさん熱中症に気をつけて、
残りの夏を楽しみましょうー。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

明日は卒業式

明日は息子の卒業式。
今日は終業式の日。

遅い出勤の日は、パトロールマークをつけて子どもたちの登校時間と同じに家をでています。でも息子は高学年になるにつれてさっさと行ってしまうことが多くなり、最近はずっと私と娘だけで駅と学校へと分かれる交差点まで一緒に行っていました。

今朝、息子に言ってみました。

「ねえ、今日はタロとハナが普通に小学校に行く最後の日だよね。だからお母さん、駅に行く途中まで一緒に行きたいと思うんだけど。」

えー、とか、ちょっとでも嫌な顔をしたらやめようと思ってました。

「・・・うん。別にいいよ。」

通学路を雑談しながら、ゆっくり息子と一緒に歩きました。

入学した頃、病気がちでとても心配だった長男。いろんなケガもあったけど、でも大体元気で、小学校を過ごしてくれた。

六年生のクラスの男の子たちは、優しくてよく遊ぶ子が多くて、公園で十人以上集まって遊んでることも珍しくなかった。
やっと雨のやんだ夕方遊びにでかけ、「大すべり台がすごく滑って、楽しかったんだ!」って、皆でジーンズに穴をあけ、上着を二度と着れないほどドロドロにして目を輝かせて帰って来たのも、まだ去年のこと(笑)。

この人達は「絶滅危惧品種」みたいな小学生だなあ、って呆れながら母は感動していたんだよ。
楽しい小学生時代を送れたよね。みんなに感謝だね。よかったね。勉強もそこそこ頑張ったね。

交差点で手を振って別れた頃には、目の前の風景がゆらゆらしていました。
そのまま駅まで一人ウルウルしながら(マスクして)歩いてました。
・・・たぶん、ひどい花粉症の人に見えただけだったと思うけど(笑)。

自分の卒業式なんて、泣いたことなかった。
子どもの卒園は二回とも泣いてしまったけど。
明日は大丈夫かな(だめだな)。

******

最近、4月からPTAを一緒にやるうちのお一人とのやりとりで
ものすごーーーーーく嫌な気持ちになってしまって。
それをひきずって、立ち直りきれない状態。

小さい、小さいよ。私。

こうして、家族に恵まれていること。
職場の人間関係にあり得ないほど恵まれていること。
自分を理解して気にしてくれる人がいること。
一応健康なこと。

自分がどんなに幸せか、わかっていれば大丈夫。
自分にとって大切な人や、大切なことを見失わなければ大丈夫。

******

あー、でもこの一年は長そう(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

子供の病院通い。というか歯列矯正というか。

子供を持つと、生活が激変する・・・というのは言わずと知れたことですが、その中の一つが「病院にしょっちゅう行くようになる」ということがあります。全国のお母さん、お父さん、おばあちゃんにおじいちゃん(平均付き添い頻度が多いと思われる順)、本当にご苦労さまです。

ウチの二人の小学生も、今年はここまでけっこう受診が多かったんです。

発熱で小児科

アレルギーや中耳炎で耳鼻科

歯科矯正(×2)で歯科

目が悪くなった(×2)と、学校で目にボールがぶつかって眼科

学校でぶつかったり、手をはさんだり、くじいたりで何度か(×2)形成外科

この中で、行くのを迷っていたのが歯科矯正。歯並びが悪いったって、八重歯っぽい程度じゃ~ん。可愛いもんよ。病気じゃないし。いくらかかるかわからなくて怖いし。と、今年まで無視していたのですが、子供がついに

「おかあさん!学校の歯科検診で歯列異常って書かれるのやだよー!」「ぼくも異常ってやだよー。」と言い出したのでした。「八重歯ぎみです☆」とか「下の一本、ちょっと斜に構えてます」とか、書いてくれれば気にしないものを。

おまけに、通いつけの歯医者さんにも「歯科矯正やるなら早い方がいいですよ。特に上の子(11)はもうぎりぎりくらいじゃないかな」なんて脅かされ・・・。

調べてわかったことは、今の歯列矯正は2通りあるということ。一つは前歯にワイヤーを金具で締めているのが見える、昔ながらのアメリカ?式。もう一つは、入れ歯みたいな、取り外し式のリテーナーというのを入れるヨーロッパ?式。前からは金具が一本横に渡してあるのが見えるだけです。

アメリカ式は歯を抜いて、歯を揃える。わりと歳がいってからでもできる。24時間しているので、早い。また同じ理由で気をつけないと虫歯になりやすい。費用は一般的に高い。

ヨーロッパ式は、あごを広げて歯を揃える。歯を抜かない。年齢的に早ければ早いほど比較的安くおわる。

ウチは結局ヨーロッパ式にしたので、もうちょっと早く、やる気をだして調べておけばよかったです。「上の子はフルコースに近い(高い)ね」と言われたので(TT)。まあ、いっぺんに払うわけじゃないから・・・いくらかかるかについては思考停止。せっせと働くしかないわ(:~;)

まあ、大きくなってからやるのも、悪いことばかりではないです。ちゃんと自分で入れてくれるし、リテーナーを広げるのも自分で順調にできてるし(←と思うしかない)。

お子さんの歯列矯正をお考えのみなさま。

矯正歯科に電話で「矯正するかどうかの相談だけしたいのですが、できますか」と言ってみたら良いと思います。ウチの場合、「相談」はちゃんと歯並びなどを見ていただいて、方針や器具についてよく説明していただいて、一人1000円程度でした。その時、今後かかる費用もふくめてちゃんと見通しを聞いてみるといいと思います。

ヨーロッパ式の場合、永久歯が生えてくるタイミングでやれば10数万から20万くらいで済むようなので・・・って、これが「安い」の基準だから、やっぱり高いですね(><)。

さて、ウチは、今年やっと下の子が10歳になりました。まだ(このように)大変ですが、それでも5年前とは、大変さが全ーーー然ちがいます。小さい時は病院に連れて行く、待たせる、っていうだけで大仕事ですからね(でも、新たな問題は大きくなってもいろいろ出てくるけどね)。

お子さんが小さい保護者さん、大きいけどいろんな病院とお付き合いがある保護者さん、いつもお疲れ様です。適当にご自分もいたわりつつ、がんばりましょう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

振り替え休日の難しさ・・・。

授業参観の振り替え休日となった月曜日。4年生の娘が、友達と遊ぶ約束をした、と言い出したのが前の週の半ば。

「月曜日は9時半くらいから公園に集まって、3時ごろまであそぶんだって」

「お昼は?」 「お弁当を持っていくんだって」

「え?誰かのお母さんが行くって?」 「行かないみたいだけど」

その公園は、キロ単位の広さ・・・。月曜だと、ひとけがないスポットだってあるだろう。人数を聞くと女の子4人、みんなお母さんがフルタイムで仕事をしている子達ばかり。休みとってるから私が付き合えばいいか・・・と考えていました。

週末。

「人数が増えた」「え?何人?」「10人」「はあ?」

他のクラスの顔を知らない子までいて10人。公園で散られたら、大人一人で見られる数じゃない。増えたメンバーを聞くと・・・。いました。専業主婦のお母さんが一人だけ。日曜の夜電話してみました。

「あーぼくてきさん、電話くれてうれしい。どうしようかと思ってた。心配だし、娘は楽しみにしちゃって、どうでも行くって言うし。大人はいないっていうから、みなさんの家は慣れてるのかな、心配する私の方が過保護なのかしらとかいろいろ考えちゃって。私が10人見てますとも言えないと思うと、なんか連絡するにもできなくて・・・。」

二人で公園に付き合うことにしました。公園に来た大人は、私たち二人だけでした。

でも公園で、偶然、同級生の男の子5人グループを「引率」しているお母さん二人に会いました。どちらもよく知っている気さくなお母さん。そちらは、お母さん達でさそって来たとのこと。大人二人に男の子五人。うん、それなら見られる人数かな。

女の子達を集めて、最初に言いました。「絶対に、一人では行動しないでね。公園の外には行かないで。12時になったら必ず一回ここに来て。何かあったらすぐケータイにかけて!」

うざいわね・・。という顔が数人。わかった!と素直に頷く子が数人。まあいいか。「勝手に来た」わけだからなあ。

というわけで、心配して来たわりには、シートをひいて、大人4人でピクニック気分のお茶会で楽しく過ごしてしまいました。「遠足」に絶好の日和。

お昼もいっしょに食べて、3時。

男の子達。「帰るよー」の声で素直に帰って行きました。

女の子達。「3時だから、帰ろうねー。」「4時まで遊ぶ」「まだ帰っても誰もいないし、ケータイあるから平気だもん」「今日は習い事ないから平気」「○ちゃんと帰るからまだ遊ぶ」

「でもねー。家は今日ピアノあるからもう帰らなくちゃならないの。大人がいなくなっちゃうし、心配なんだけど。」

「大丈夫。みんな一緒に帰るから。」(← 3人くらいずつバラけて遊んでたくせに)

押し問答をしているうち、さっさと遊びに戻る子も出てきて・・・もう一人のお母さんと顔を見合わせました。

「もういいよ、しょうがないよ。もともと頼まれてるわけではないし。」そうだよね。それに、本当にピアノの時間が迫っている。「じゃあ、4時にはちゃんと帰るんだよ。暗くなると、自動車も心配だからね。気をつけて帰ってね」「わかったー」本当にわかったかなあ。

結局、3時に帰ったのは親が行った二人だけでした。二人いてよかった^^;

さて。事故はなかったようですが、本当はつきあうべきだったんでしょうか(ピアノなんてキャンセルして)。厳しく駆り集めて全員帰らせるべきだったんでしょうか(誰もいない家もあるけど)。ちゃんと事前に連絡して、10人の責任をもつべきだったんでしょうか(顔も電話も知らない子もいるけど)。

もし、帰ったあとで事故があったら、「べきだった」と思うだろう。きっと。

最近、小学生の事件も事故も多い・・。でも、どうやって、誰が子供の安全を守る?

公園にいる間は、本当に楽しかったんです。でも、本当は責任が(ないかもしれないが)重過ぎる。次は、ディズニーランドにでも子供を誘ってすごそうかなあ。なんて思ってしまいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

超能力?

beni

リキットのリュージュ。

見てただけで軸が折れた?
超能力者だったのか(><)

三歳じゃなくて小三だからいやになっちゃうんですねー。

帰宅するなりこれを握り締めて玄関で泣き落とし。
女の子はうまいなあ。
はじめから泣かれたら怒れないしねえ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

子供のピアノ。

子供二人のピアノの発表会が近づいている。

ピアノをやらせたのは、下の子が幼稚園年長の時、急に「ピアノがやりたい」と言い出したから。動機はよくある「○○ちゃんがやっててうらやましい」。「うーんでも、お母さんも送っていくの大変なんだけど・・?」などとじらしたあげく「絶対頑張るから」という言葉を引き出した(いろんな事で、何度これに騙されていることか)。意外なことに、上の子も「やりたい」と言い始めたので、一緒に始めさせた。

音楽があるのは人生にとって幸せなこと。やりたいなら、ピアノはすごくいい。別にこれで身を立てろ、すごく上手くなれ、などという期待は全くない。

・・・期待は全くない。だけど、スポンサーとしての親の悲しさ、ここにコスト意識がどうしても働いてしまう。二人で月1万8千円、それから発表会2万円だの検定2万円だのという現実的な。それから、発表会でダサいのは勘弁して、という親の「ミエ」だとか。

言われないと練習しない子供達に練習させて、いつまでたってもサマにならない曲を聴いて、発表会が近づいて・・という状況の中、温厚な(?)私もついに啖呵を切った。

「わかった。そんなにやりたくないんだったら、もう次の発表会を最後にして一切ピアノはやめよう。もうお母さんも言いたくないし、二人とも言われたくないだろうし、もうやめよう!!もともとやらせてっていうから、はじめたの。覚えてる?頼んでやってもらってるんじゃないの!あとで辞めますって先生に電話しておきます。よかったね!!」すると二人。

「いやだ!」「やる!」「ぜったいやめない!」・・・あー、どんなにホッとしたことか。矛盾してるけど。でも私もすぐには引かない。本気が入ってないことは言わないんだから。

「上手くなる気がないのに、先生にだって毎回失礼でしょ!とにかくもうおしまい!」すると、おとなしい息子が泣いて怒鳴った。

「・・・ピアノは好きなの!ピアノは好きなんだよ!!でも難しいの!お母さんは・・・冷たい!冷たいよ!」

・・・普段はっきり自己主張しない息子がピアノが好きだと叫ぶので、うっかりジーンとしてしまった。冷たくてごめん、君のお母さんはけっこう体育会系の血が流れてるから、しょうがないの。でも結局これで折れてしまった。

さて、今日の読売の夕刊に宮崎駿さんのインタビューが載っていた。今度「ゲド戦記」を製作する息子さんとの関係について(以下カラー部分引用)

親子って、簡単に割り切れる関係じゃないし、相手が誰であれ、認めるか、認めないかの尺度は、自分の中にちゃんとある。ただ、自分が気に入らないからといって、「やめろ」とは言わない。それは、一貫して一度もやってないです。

その通りだと思いました(/。\)宮崎さんに直接叱られたような気持ちになり、反省(でも好きならもっと練習して、子供!← 親も子も反省の色がないな、家は ーー;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

落ち込むダメ母。

忙しい、というのはあんまり言いたくない。

本も読み展覧会にも行きコンサートにも行き。好きなことはけっこうやっている。それに時間は作るものだし。

ただ、考えなくちゃいけないこと、やらなくちゃならないこと、考えたいこと、やりたいこと、などがたまって、うまく整理できなくなると、どこかでポカをやるわけです。そしてそれが本当は一番大切にしたい、家族のことだったりする。

子供の移動教室の写真を注文し忘れたのです。というより、PTAや個人面談で学校に行った時も、他のイベントの写真だけで全部だと思ってしまっていたというか。

締め切りが終わった週の金曜の夜、子供に「ねえ、移動教室の写真も申し込んでくれたよね?」と言われ「え?学芸会の写真じゃなくて?移動教室の写真って何?」「え?じゃあ、注文した中に入ってなかったの?」そこでいきなりサメザメと泣かれた。

移動教室が本人にとってすごく楽しかったのは、自分の経験からもわかるし、私だって写真を見たかったから呆然。写真屋さんも全然地域の違うところにある。なだめすかして寝せてから、モーレツな自己嫌悪と、子供ももっと自分でしっかりしてよとか、夫の会社もたまには早く帰してよ、一人でもうクタクタ、みたいな怒りめいた気持ちに、一週間の疲れが混ざってちょっと泣いてしまった。こんな日もあるのです。

土曜日ちょうどPTAの仕事があったので(PTAも去年今年とやっている)時間前に学校に行って見たら、子供が言った場所に写真がまだ掲示されていた。ダメモトで急いでナンバーを控え、PTAが終わってから写真屋さんに電話。「集金はもう終わってるけど、写真を引き取りに行くから大丈夫。先生に預けてください」とのこと。

よかった{==(T ▽ T)

電話で話しながら、写真屋さんにキスの雨を降らしたくなりました(女の人だったけど・・^^;)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

娘の発熱、母の頭痛。

今日はイベントにでかけた。

子供達はソーラーカー作り、母もシルバー工作などさせていただいて

楽しく休日を過ごしたはずが・・・。

夕方、そのソーラーカーのことで息子と娘が大喧嘩を始めた(注:普段は不思議な程仲良し)。

といっても、一方的に何か言って怒ってるのは娘。

言われっぱなしで口の中でブツブツ言っているのは息子(ん?夫婦の関係に似ている?)

見かねて、いくらなんでもそれは言いすぎよ、と娘に言うと、娘が不意にボロボロ泣き出した。

顔が真っ赤なのは怒っているせいだと思って頬にさわったら・・・あらら、これは熱だ。

計ったら37.9度あった。

どうしよう(この「どうしよう」が、娘の心配だけでないことが本当に自己嫌悪なのだが)

明日仕事休めない。困った。何とか早く帰っても2時にはなる・・。

こんな時、いつもは夫に午前休をとってもらって乗り切るのだが、

夫も今、過労死寸前の?忙しさで午前休も無理。

夫も私も都内に実家があるが、どちらの親も「一病息災」状態で病児の世話は頼めない。

(子供の風邪はすぐ治っても、老人に風邪ひかせたら大変)。

娘には、とりあえず温野菜たっぷりスープを飲ませ、みかんを食べさせ、早く寝せた。

このへんで今流行っているのは普通の風邪だから、週末には治ると思うのだけど・・。

明日の朝、いきなり治ってたりしないかしら・・神様仏様お願いします!

(無宗教でこんなこと言っても無駄!はあー、頭が痛くなってきた。

・・・あれ、ノドも痛いような気が・・・本格的にまずい・・・(T T;))。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

母の誕生日に。母への手紙。

お母さん、お誕生日おめでとう。

誕生日が来るのをいつもいやがっていたけど、今はそんなことありませんね。

よく言われてきた、当たり前のこと。

「人に迷惑をかけちゃだめ。」

なるべく迷惑をかけないようにとは思っていますが、

たぶん未だに人に迷惑をいっぱいかけてます。そして許してもらっています。

でもお母さん、迷惑も含めて、人間関係じゃない。

お母さんも、もっと私に迷惑をかけてくれてよかったのに。

具合が悪くて、本当は私にいて欲しい時でも、いつも私の家庭のことばかり気遣っていた。

「返してもらいたいお金は貸してはだめ。お金は人間関係を壊すものなの」

守ってます。

「子供は大切にしなさい。命は取り戻せないから。」

お母さんみたいに、きちんとした母親にはなれない。

でも子供は私を反面教師にして、しっかり育っています。安心して。

キンモクセイの香りが大好きですよね。だからキンモクセイの香りがすると

「お母さん、誕生日が近いな」っていつも思っていました。

亡くなって六年。

仕事先から病院に、間に合わなかった命日に思い出すより、

お母さんの誕生日に思いたい。

お母さんの故郷の海とか、子供の頃の話とか、好きなものとか、笑顔とか

そういう楽しいことを、たくさん思い出せるから。

お母さん、お誕生日おめでとう。

私は元気。心配しないでね。

いろいろなことに幸せを感じて生きています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きれい・・。

移動教室で、息子が家族におみやげを買ってきました。

娘には、3Dっぽいイルカの絵が動く手帳。

お父さんには、ブロンズのイルirukaカキーホルダー。

私には、これ。

青緑系のグラデーションの光・・・。

その中にイルカが三頭。

全ての方向から

いろいろな姿を見せて泳いでいる。

水の泡がたち、海藻が流れてる。

これ、本当に海だ。

手に持って回し、光を楽しみながら、しばらくぼんやり眺めていた。

「おかあさん、すごく気に入った?」 と息子。

「うん、今までに人にもらったものの中で、一番くらい気に入ったよ。」と私。

・・・海をくれた人は他にいないものね。

きれいだなあ。 よく選んでくれたね、 ありがとう。

(ぷ。ただの親ばかですね。 まあ、たまにはいいよね。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)