携帯ホルダー+カード入れを作ってみました。

最近、各種カードが増えすぎて、お財布の中がコミコミになっています。

もともと自分のお金と生活費のお財布は「なんとなく」分けているのですが、二つともパンパン。

図書カード、保険証カード、金融機関のカード、クレジットカード、ポイントカード、医療機関のカード、交通機関のカード・・・が複数枚づつ。それに、免許証やお店のスタンプカードまで。

利用回数が少ないものはカード入れのファイルみたいなものに入れていますが、使いたい時にないのも不便。

そこで考えたのは「ケータイのホルダーにカード入れが付いていればいいのでは。」ということでした。いろいろな所で探してみたのですが、思ったような形のものがありません。

私はケータイのSDで音楽を持ち歩いているので、イヤフォンもまとめられたらベスト。「みつからないから、作ろう。」と思いました。思ってからだいぶ日が経ちましたが、昨日の夜中に、ついに試作品完成(ってそんな大袈裟なものではないけど)。

カード入れの上の部分にイヤフォンを巻き付けて、ケータイを入れる部分のカバーでとめるようにしてみました。生地は軽くコーティングしてあるデニム。ミシンと手縫いが半分くらいづつ。本体を当てながら、適当に大きさをきめました。

Vfsh0231_1 Vfsh0229_1 

カードは10センチのファスナーでも横に入りますが、12センチの方が中のカードを取りやすいです。とりあえず、支払いと一緒には使わないカードを入れて、満足!

それにしても、カードが多すぎる・・・将来は、現在カードに入っているような情報が、みんな手持ちのケータイか何かにまとめて入れることができるようになるかもしれませんね。あんまり一つにまとまるのも不安ですけど。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

車、転がして来ます!

実は最近、10年モノの愛車についに別れをつげました(;;)。

バッテリーは交換したものの、CDナビが動かなくなり・・・助手席のドアのキーだけ、オートロックがかからなくなり・・・と、マイナーな不調がいろいろ目立つようになったからです。なんで電気関係の機械って10年くらいで具合が悪くなることが多いんでしょうね。時限装置でもついてたりして(笑)

直すとそれなりにお金がかかるので、それなら・・・と、車検の前に買い替え。
前のは濃い色で汚れが目立ったので、今度はシルバーメタリックに。
駐車場でちょっと探しにくくなりましたが、確かに汚れが目立たない。ずぼらさんにはうれしい。

3連休は、慣れた道を通って、一番リラックスできる慣れた宿にお泊まり。
運転が目的です(*^^*)。今回は運転席の奪い合いになるかも??

一応マニュアル走行もできる車なのですが、クラッチがあるわけじゃないので全然感じがでません。
でも、これも山道で使ってみよう。

新しいCDナビは、昔のよりかなり進化していて、聞いたCDをどんどんHDDに移してくれます。便利。しかも音声認識でナビや音楽を指定できるというすぐれもの。楽しい!

楽しい・・・んですが、なぜか、私はまだこの音声認識がうまく使えません。車やさんが使って教えてくれた時はちゃんと動いたのに。

「広域!(地図)」と言うと、「高知県・・・を表示します」。
高知まで走らないよー(><)
よし、もう一度。
「広域!」・・・「北海道・・・を表示します」。
・・・カンで答えてる(--;)?しかもカンが悪い?
「曲名」・・・「6曲目を演奏します」。・・・「ろっ」ってなんで付けるの。
聞きとれないなら、「え?」とか「もう一度」とか「パードン?」とかさ。

お料理ナビを使っているママ友によると、お料理ナビも聞き取ってくれないことがあるそうです。
「なんかね、女の人の高い声は聞き取りづらいんだってよ。低めの声で言ってみなよ」と、アドバイスされました。

ドスをきかせるのがコツ?なのか。運転してる時、わざわざ低い声を出そうとすると、顔までこわい顔になりそう。

しょうがない、音声認識の説明書を読んでみよう(読んでないんかい!)

車の長さとか幅にも、早く感覚的に慣れたいです。
ETCもつけました(今までつけてなかったんです)。

(^^)~♪ ← ちょっと浮かれてます。

では、浮かれすぎず安全運転のオトナ走り?で行ってきます!

♪~(^^)♪ ← やっぱりちょっと浮かれてます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

「ぐるっとパス」ホルダー作成

「ぐるっとパス」を買ったところでいただいた封筒から、パスがはみ出すのがいやで。ちょうどいい大きさの入れ物がお店で見あたらなかったので、「ぐるっとパス」ホルダーを作ってみました。

って、ただの袋ですけど。

Vfsh0119 Vfsh0120_1

地味(^^;)。売り?は、中仕切りがあること。中仕切りは二つ折の布なので、下から硬い材質の板を入れて縫ってしまえば、コンサートのチケット入れにも最適!(自画自賛)

昨日は布の上に「ぐるっとパス」を乗せて、適当に作ったのですが、アップするために採寸しました。では、作り方。

材料: 

布(写真は100円ショップで買ったデニムの四角いはぎれ。それで3つは作れます(作らないけど))。糸。 ホック2つ。中仕切りに入れる板(8.5×21.5くらい)古いクリアホルダー2枚重ねて切るなど、お好みで。なくてもいい。)

道具:

ミシン(なければ、針一本。)

作り方:

① 布を26cm × 51cm に切る。(脇を袋縫いにしない場合は、幅24cm)

② 26cmの側の片方だけ適当に三つ折にして縫う。これは袋の口の部分。

③ 出来上がりの姿にパタパタ折る。表から見て9cmの幅で山折(折った所が底になる)、谷折(中仕切りの上)、山折(これも底)。余った部分がカバーになる部分です。中仕切りに板を入れる場合は、ここで板を入れて底の部分を縫ってしまうと楽。そのあと、サイドの部分を、縫い代5ミリで表から縫ってしまいます。カバーになる部分はほっとく。

④ ひっくり返して、裏からもう一度縫う。③の5ミリの縫い代が、隠れます(袋縫いです)。

⑤ カバーの部分の両サイドを5ミリ幅の三折にして縫う。袋縫いのところとうまくつなげる。少し切り込みを入れると楽。私はここは手縫い(和裁のくけ縫いみたいに糸を折目の中に入れ、表にあまり糸を出さないと仕上がりがきれいですが、それは好みで)。

⑥ カバーの、ホックをつける部分を三折にして、凸ホックの場所を決めます。三折を縫う前にホックをつけると楽です。

⑦ 三折部分を縫って、凸ホックが当たる場所に凹ホックをつける。

出来上がり!

カバーをホックで止めたサイズは10cm×22cm。

なんだか難しそうに見えてしまったらごめんなさい。要するに、大きさを合わせて袋にすればいいだけの話。

洋服も小物も今は安いから、なかなか「手芸」する気になれません。でも、たまには手作りもいいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

香月泰男のひ孫弟子、押尾コータローを描く(大ぼらもふく)

大学の時のクラブに、油絵をやっているK君という後輩がいました。
趣味以上のうまさでした。

ある日友人のMが「あんな子がいるのに、絵を教わらない手はないが。」「私らのような、可愛いおねーさんに絵を教えるのは、K君も光栄に違いないが。」と、私に言いました。

なるほど~その通り!(^^;)というわけで、さっそくK君に。

「K君、今日は君のところで絵を教わってあげることにしたから」
「お茶の心配はいらないから。あ、お酒やつまみはあってもよろしい。苦しゅうない。」

K君、とってもイヤそうーな暗い笑いを浮かべましたが、特に断らなかったので、二人でアパートにお邪魔しました。
おー。油絵の具まみれで、足の踏み場もない。いかにもビンボー芸術家の部屋だわ。ステキステキ!などと勝手に騒ぐおねーさん二人に、K君はデッサンの本や、人体の本などを次々と見せ「筋肉のつき方や、骨格なんかを知らないと、人体のデッサンはできないんだから。服に隠れて見えないところでも、知っていて描くのと知らないのとでは線がちがってくる云々。」など、かなり真面目に教えてくれました。その節は本当にありがとう。

鉛筆や木炭を借りて、目や鼻などのパーツを練習させてもらい、二人ともボロクソにダメだしされながら笑いころげ・・・練習しました。恐いものしらずに若く、図々し「かった」頃の楽しい思い出です(ん?今も図々しい?)。

K君「ボクの絵のセンセ(「シェンセ」だったかも)は、香月泰男の弟子。だからボクは孫弟子。」と、プチ自慢。「かづきやすお?誰それ?」という私達に、思い切り軽蔑のまなざしを投げかけ、画集を出してシベリアシリーズの説明などしてくれました。

さて。というわけで。何が言いたいかというと、ワタクシつまり、世をしのぶ香月泰男のひ孫弟子なのでございます(あ、ここは冷笑・失笑するところですから)。

******

押尾コータローさんを思い浮かべつつ。
思うように動かぬマウスで、ペイントお絵かき。
全然似ませんでした(^^;)タイトルで来た方、ごめんなさい。
私が好きな(別の)人達の雰囲気が混ざってしまいました。

いよいよ「六弦六夜」来週です!

Oshio_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京モーターショー楽しかったです

  土曜日に、東京モーターショーに行ってきました。

子供を飽きさせないように、デジカメを持たせて、出発。

会場の広さを見て、まずフードコートへ行ってしまうウチの家族(--)。

toyota1 子供は、ニュースになっていたような

Fine-xのデモなどに目を奪われていましたが

「座席が横向いてくれてもねぇー。

降りる時は大根持ってるんじゃ関係ないわね。」

「タイヤくるくる回ったってつまんないだろー。」などと冷めている私達夫婦。

そのかわり、toyotal

レクサスのオープン(LF-C)には

目がらんらん。

すっかりその気になって乗ってみました。

4シーター!使える!走りたい!ほしい!

価格は680万。・・ほーほっほ。

「君達、大学に行くのはやめようか」と、子供に打診する私達アホ夫婦(冗談です)。

ボルボ、マツダさんなども気前よくオープン(だかコンバーティブルだかロードスターだか)

に乗せてくれました。ありがとうございます!その、ふとっぱら忘れません!

乗せてくれないポルシェなんか買いませんわ(どっちみち買えないけど)。

個性的だった車は、マツダの先駆(せんく)。

senku

おねーさんがダントツに美しかった(関係ないが)

衣装も車のイメージにぴったり(全く関係ないが)

つまり、見せ方も上手かった(^^;)。

顔は、目がほとんど無くて深海魚っぽい。ライトはどうなっているんだろう。

スライドドアがかっこよかった。跳ね上がるよりずっといい。

そして、光岡自動車のオロチ。

orochi1orochi2 目に、本当に縦線が入ってて

凄みがあります。

白いスーツに身を固めた・・・方・・・というイメージ。

micheこちらは会場にいたミシュランの着ぐるみさん。

夫と息子、記念撮影。

娘はミシュランさん?を恐がって

逃げました。

その後、飽きてきた子供は

game

プレステ2の新作ゲームコーナーへ。

レースのゲームだったらしいです。

50周年記念で、50年代からの車の展示もありました。

s600これはホンダのS600.かわいいでしょ。

なつかしい車がいろいろありました。

個人的には

70年代、80年代車などはもっと見たかったけど、

もともと新車の見本市ですものね。

精力的に回って、結局6時間くらい会場にいました。

あー楽しかった(長いのに内容がスカスカで済みません)。

さて、車会社さんに一言。

イケテル車と美女は十分見せていただきましたが・・・

たまには、イケメン集団で見せる会社や車があってもいいんじゃないでしょうか。

すごく話題作りになると思うんですが、どうしてどこもなさらないのでしょう?

(いえ、別に私が見たいわけでは・・むにゃむにゃ。)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

くるま昔話。そして今。

モーターショーがらみで、くるまの昔話。そして今の話。

大学時代に普通免許をとり、

バイトのお金で、親に無断でホンダの原付を買いました。便利だから。

父に、「バイクは事故起こすと死ぬからやめろ!」とさんざん言われました。

うるさいので、「じゃ、くるまならいいの!私の買って!」と滅茶苦茶な反論。

そこでホイホイ買ってくれるような甘い親でもないし、リッチな家庭でもなかった・・

が、原付でホイホイスピード出している(違反)娘が相当心配だったらしく

「買ってやるが、就職したらちゃんと全額返しなさい」

という条件で買っていいことになりました。

当時は「ツインカムがいいか?ターボがいいか?」みたいな時代で、

私の好みはツインカムでした(出始めのターボは反応が遅かったから)。

買ったのはスプリンタートレノ。もちろんマニュアル5速。

・・・残念ながら、藤原豆腐店86トレノにモデルチェンジする前のなんだなー。

フルモデルチェンジする前で、値引きが大きいのが魅力で買ってしまった。

(仕事を始めたら、ちょうどバブル期で、あっさりお金返せてしまった。

もうちょっと待てばよかった。)

86トレノじゃなかったけど、普通に運転するには十分ご機嫌な車でした。

今考えると、ものすごい「重ステ」だったけど。

それで山道も雪道も普通の道も運転してました。

その頃も現在も含め、運転は続けてますが、ずっと無事故です。

駐車違反、飲酒運転なんかもしたことないです。

安全運転の立派な運転手です!

(ではずっと無違反かというと・・・。20代でスピードで・・・。今はゴールド免許ですが)。

さて、この夏、伊豆の帰りいつもは通らないグニャグニャ山道を

1時間ほど運転させてもらってたら・・・。

ただ疲れた。

やっぱり歳だ。悲しいね。

でも同い年の夫は、いまだにグニャグニャ山道が大好きなのだ。

なんて大人げないやつ(--#)。

私より、気が若いとは許し難い(--#)。

今や、私にとって「くるま」は、大根はこんだり子供はこんだりするための

ただの生活手段になってしまっています。

私も大人になったものだ(っていうより、ただのオバサン)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

東京モーターショー始まりますね。

くるま ♪

全然詳しくないけど、運転するのは大好き ♪

全然詳しくないけど、車を見るのも大好き ♪

東京モーターショーが、22日土曜から幕張メッセではじまります。

The Japan Times Weekend Scene (Freeペーパーです)

(Oct.21-27)の一面が特集になっていました。

'The 39th Tokyo Moter Show is all revved up and ready to go'

帰りの電車でがんばって読んでいたら、がぜん行きたくなって、

夫にメールし、前売り二枚買って帰宅。

(前売りは金曜までで終わり。っていっても1200円が千円になるだけ。小学生は無料。)

楽しみ ♪

今週末はいろいろあって行けないけど・・・。

早く行きたーい。

(10月24日追記)

「いの」さんという方のブログには、今回のモーターショウに出ている車の写真が

いっぱいあって、見ているだけで楽しいですよー。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ペイントでヨーダを描きました

yodayod  ペイントのエアブラシをつかって

ヨーダ描いてみました。

モデルは、お気に入りの

クリップ

「ペプシ」ヨーダ。

(クリップを買ったら、おまけに

1.5Lのペプシがついていた?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)