ペット談義。

ペットなんていうカテゴリーをたてているのに、このブログにでてくる話は金魚だけ。まるで詐欺です(笑)。

幼稚園時代から、三冊組みの漫画「ジャングル大帝」が大好きで、小学校の時は「ドリトル先生」のシリーズが宝物だった私にとって、哺乳類の動物を飼いたい!というのは子供時代の悲願でした。でも、不幸にも母親が「毛」モノ(ケモノ)が嫌いだったので、許してもらったのは文鳥とセキセイインコくらい。学校からの帰り、家に入る前に隣の家の門に何十分も座りこんで(隣の)飼い犬をなでていた悲しい子でした。

結婚後は、夫が「ナマモノ(??)はだめ!」というし、自分でも今更自信がなくて飼えないでいます。

さて、私と似たような背景?をもつNちゃんが、マンションで座敷犬を飼いはじめました。彼女も、初めての犬なんだそうで。

N 「大変だよ~。せっかく子供(×3)大きくなってきたのに、私なにやってんのよ、って感じ」
ぼ 「買ったの?」
N 「違うのよ。産まれすぎて困ってるっていうから、ついつい。出来ごころで一匹。」
ぼ 「そうか~。うちは夫がナマモノだめっていうし。」
N 「へー。意外。でも、動物は大変よ。保険ないから予防注射だけで数万するし」

そうだよねー。やっぱりお金がかかるよね。

ぼ 「でもかわいいでしょー。」
N 「そうなんだけど、トイレ教えるまで大変だったよー。今も、はー疲れた、って休みたい時に元気いっぱいじゃれつくしさ。はいはいはい、って感じでもう。」
ぼ 「また赤ちゃん相手にやり直しって感じかぁー。」
N 「うかうか、旅行にも行けなくなったよ。このまえ実家に預けたけど、親ももう年寄りだから、もうやめてくれって言われちゃってさ。」
ぼ 「・・・やっぱり家は金魚じゃないと無理かも。」

ここから結局、金魚談義になりました。

N 「金魚すくいの金魚って、弱くて結局死んじゃうじゃない。」
ぼ「うちは初めて飼った3年目の生き残りが一匹と、2年目は4匹全部元気。確かに最初の年は、7匹のうち6匹バタバタ死んじゃったけどね。」
N 「家なんかみんな死んじゃったよ。でさ、初めての時、わからないから金魚に子供の名前つけちゃったのよ。」
ぼ 「あ、それはまずい。」
N 「マーちゃん、とかミーちゃん、とか言って楽しんでたのもつかの間。そのうち『あらら、ミーちゃんたら死んじゃったねー。あら、マーちゃんもヨーちゃんも浮いちゃって。あららーみんな死んじゃったねぇー。』みたいな。」
ぼ「ここ、ウケていいんでしょうか(^▽^;)」

N 「それでさ、家マンションじゃない。埋めるとこないわけよ。それで、隣の大きいマンション脇に小さい公園あるでしょ。こっそりそこに埋めておいで!って、子供に。」
ぼ「あーそうか。大変だね。」
N 「そうすると、すぐ子供が慌てて戻ってきてさ。」
ぼ 「なんで」
N 「『おかあさーん、掘ったら、魚の骨がいっぱい出てきたー。どうしようー。』って」
ぼ 「みんな、考えること一緒なんだー(^”^;)。」
N 「そうー、先客がいるわけよ。それでしょうがないから、一緒に埋めにいくわけ。」
ぼ「穴の掘りなおし。」
N 「でもさ、公園の真ん中に埋める人はいないから、どうしても木の下とかになるでしょ。それで、しばらく掘ってなさそうなところを掘ってみたらさ」
ぼ「何。」
N 「今度は、完全に動物の頭のホネが出てきちゃって悲惨ー。たぶんモルモットかなんかだと思うけど。」

もう少し大きい動物だと、ちゃんと埋葬してくれる業者さんがいるようですが。
モルモット・・・って、確かに微妙な大きさ。

・・・やっぱり家は金魚でいいわ。

家の子供達、動物園の「ふれあい広場」なんかでモルモットを抱き上げてなでたりはしますが、今のところ特に飼いたいとは言わないんです。言われたら考えよう。

さて、金魚。先日、二回目の卵を産んでいました。前回はあわてて分けたら全部無精卵だったようで孵化せず臭ってしまったんです。それで今回はそのまま数日様子を見ようと思い、そっとすこし水を取り替えて様子をみてたら・・・ニ、三日で全部なくなってました(。。;)。食べちゃったんですね。

金魚の卵が孵化するのを見るのが、私の当面の夢?。
けど、叶っちゃったらそれも困るだろうなあ・・・。
でも、可愛いだろうなあ・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

金魚の卵

Tamago あれ?とびっ子のようなものがポンプについています。

卵?

去年の金魚4匹、一昨年の金魚の生き残り一匹。みんな元気なんですが・・・。

そういえば、最近、一昨年の金魚のおなかが膨らんでいたから太ったのだと思っていました。

とりあえずこのポンプの先だけ、子供のプラ水槽に移動。

孵化するのかなー(^~^;)様子見てまた報告します!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続・金魚もカビる

今年も夏のイベントで、金魚が4匹 増えました。

二度目のイベントの時、

息子が akakurokin赤地に白の入った金魚を、

娘が 赤地に黒の入った

金魚を捕まえてきました。

母 「やだなー。その二匹。カビ金魚じゃないでしょうね」

子 「まさかー、こういう模様だよー」

去年からいた、

カビから生還した

ダイハード・金魚と合わせて五匹。

2週間たった今、

五匹、皆元気で仲良くやってます。

赤白の金魚は、赤白の金魚のまま元気です。

赤黒の金魚は、

ただの赤い金魚になり、元気です。

・・・・ん?

やっぱり黒いのカビだったんじゃん!

病気の金魚まぜるなよー

金魚やさん!(T。T)

今回は、何もしなくても治りました。

(・・だから、まあいいか (・・;) )

なんで治ったんだろ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金魚もカビる

いろんなお宅で飼われている、普通の赤い金魚。

その多くは

夏のイベントで子供がすくった金魚じゃないかな。

今年も、いろんな家で金魚が増えてるんだろうな。

家では、去年の金魚すくいで子供がすくったのが

一匹だけ冬を越しました。

体長も8センチくらいになった。

あれは6月だった。

その金魚がカビた。

kabikingyo さっすが梅雨どき。

なんでもカビるんだあ。

白い「ふあふぁ」がついた金魚を見て

こわくなった母(わたくし)は、

ちいさいバケツに金魚移して塩を振ってみた。

カビを防ぐっていったら

塩でしょ。普通。

翌日、カビはとまらず、金魚は真っ白に。

そして、踊り狂い出した。

「何かこわい!」

子供らがさけぶ。

塩が足りないに違いない。

母、金魚のカビに直接当たるように塩をまぶす。

翌日、金魚がバケツの底に横たわってた。

エラのあたりには内出血のような赤み。

あら?塩が多すぎた?

「お母さん!金魚死んだ!」

子供叫ぶ。

母、試しにバケツを叩く。

金魚、死ぬのを止めて

バケツの中を

縦泳ぎで踊り狂う。

でもしばらくすると、また底に沈む。

でもカビは減ったぞ、頑張れ金魚。

バケツの水替えて、

さらに塩をいっぱい入れ、一晩おく。

(・・料理?)

翌朝、子供が叫んだ。

「お母さん!金魚が死んで・・ない!」

(「生きてる」って言いなさいよ)

その後、4日くらい

沈んで動かなくなったり

踊り狂ったりしたあと、

なんと元気になりました。

いまでも元気に生きてます。

恐るべし、金魚の生命力。

治療に使ったのは100円の食卓塩だけでした。

(この記事見て、カビ金魚の治療をされる方・・・

家はこれで治りましたが、

やっぱり薬買った方がいいと思います、はい ^^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)