« 検査、のち晴れ。 | トップページ | あけましておめでとうございます。 »

クリ約放送までは「イル・ディーヴォ」。

東京は日曜は風が強かったけれど、土日ともいい天気に恵まれて、大掃除びよりでした。拭き掃除などしながらリビングで流していたのは、11月末に出たイル・ディーヴォの新譜『The Promise』。

2007年の1月に、国際フォーラムでの公演を聴いてから新譜を待っていましたが、その後活動を休止していたんですね。このアルバムは、期待どおりの内容でした(*^^*)。

一曲目は、なんとFrankie Goes To Hollywoodの曲!いえ、さすがに英国で放送禁止になったRelaxじゃありません(笑)。彼らの美しいバラードThe Power Of Loveをスペイン語(?)で格調高く歌ったカバーでした。イル・ディーヴォが初めてカバーの許可をもらったとか。この曲を聴いただけで、このアルバムを買ってよかったと思いました。

本当にすばらしいカバーで・・・聴いた感じをたとえるなら、この間のグランプリファイナルの浅田真央ちゃんや、キム・ヨナちゃんが頭の中によみがえり、曲に合わせて美しく滑ってくれて、身体中の血液がサラサラの清流になって流れる感じです(どんなたとえなんだ)。

ライナーノーツにもありますが、このアルバムには、他にもメル・ギブソンの出ていた映画『誓い(Gallipoli)』に使われていたアルビノーニの「アダージョ」も入っていて感激しました。映画は、第一次大戦が舞台の心に残る映画。このアダージョは、映画の最後で、死ぬとわかっていて戦場に走り出て、銃撃を受ける主人公の(メルではない)ストップモーションとタイトルバックに使われていたのを覚えています。ものすごく印象に残っているせつない曲なんです。

そして、5曲目は『Once Upon A Time In America』のデボラのテーマ。この映画もこの曲も好き。これも血液サラサラ系の曲です(説明になってないけど・・・)。

そのほかにも、ハレルヤや、アメイジング・グレイスなど、おなじみの曲も彼ららしく歌い上げていて、繰り返し聴いても飽きません。そして聴いているうち、どの曲もよくなってきます。

彼らの魅力はもちろん四人のハーモニーと、それぞれの素敵な声の取り合わせの妙なんですが、私が特に好きなのはディビッドさんの甘く(甘すぎず)透き通ったテノール。うっとりするような高音なんです。彼はハンサム度では四人の中ではさほどではない?かもしれませんが、ライブでも日本語でたくさん話してくださったし、DVDでみても性格も穏やかそうだし、知的だし優しそうだし・・・(←説明は、なぜか声と関係ない方に暴走)。

今年は、小田さんの『クリスマスの約束』の収録は(どうせ当たらないけど)、検査日と見事にぶつかりました。クリ約の放送も楽しみにしつつ、それまではイル・ディーヴォのヘビー・ローテーションで過ごすことになりそうです。

|

« 検査、のち晴れ。 | トップページ | あけましておめでとうございます。 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

ぼくてきさんこんにちは。「クリスマスの約束」は無事ご覧になれましたか?
体調を崩されたり、ご友人を亡くされたりといった大変な状況の中、ブログを更新して頂き有難いです。
今後も無理のない程度に、更新楽しみにしています。
それに、こちらに訪問して頂いたことにも感謝。
今年一年、ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。
よいお年を!

投稿: yumemi | 2008年12月31日 (水) 20時45分

yumemiさんあけましておめでとうございます!

はい、クリ約は録画して二回堪能しました。ゲストを一組にして、小田さんのコンサートの総括という構成でしたが、小田ファンとしてはそれもすっきりしていていいかな。という感じ。

昨年は、いつもコメントを入れてくださって本当に感謝しています。今年も宜しくお願いいたします。

投稿: ぼくてき | 2009年1月 1日 (木) 11時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131466/43491252

この記事へのトラックバック一覧です: クリ約放送までは「イル・ディーヴォ」。:

« 検査、のち晴れ。 | トップページ | あけましておめでとうございます。 »