« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

『Dear John』

あまり本を読まない息子が、最近気に入っている作家が、清水義範さん。だいたい、お笑い系が好きな息子なのです。

彼が図書館で借りてきた本に『日本語必笑講座』というのがありました。二重の意味になる日本語の表現の話が面白かったです(下の引用は正確ではありません)。

・小学生二年生の作文。「いちねんせいのころしあいで・・・」(一年生の殺し合い/一年生の頃、試合)

・図工の時間「今日はかぶれるお面をつくります」(かぶれてしまうお面と、かぶることができるお面)

面白かったので、仕事先で会う中国人のYさん・韓国人のJさん・イギリス人のEさんに紹介して、そんな表現が国にないか聞いてみました(全員日本語ペラペラ)。

続きを読む "『Dear John』"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »