« 安芸の宮島へ | トップページ | 群馬・吹割(ふきわれ)渓谷へ »

小田さん、横浜アリーナ再び

小田和正さんの、8月12日横浜アリーナにまた行ってきました。

抽選は全部外れましたが、宮島に行っている間に出た、追加のステージバック席のチケットを、つい頼んでcoldsweats01

ステージ真裏のスタンドから見てきました。

何度も手を振ってくださって、うれしかったです。5月にはほとんど見えなかった、ピアノを弾く手も、ピアノの前の歌詞カードも、ほぼ真上からバッチリ見えたし、今日は死角なく会場を見渡せて、ライトの効果も楽しめたし、バックステージも悪いことばかりじゃありません(笑)そりゃもちろん、正面のアリーナの方がいいけどね。

セットリストは、5月の横アリ初日とあまり変わっていなかったです。

「夏の日」が聞けて、「秋の気配」のさわりが聞けて・・・そうだ、昔擦り切れるまで聞いた「水曜の午後」の一番がやっと(TT)。うれしかったなあ。あとはアンコールだった「Yes-No」が、「もっと近くに」の代わりに入ってました。それでアンコールの1曲目がかわって。

MCでは・・・ちょっと前に東京でやってたカトゥーンのライブによっぽど行こうかと思った、「僕らの街で」を歌ってるのかなあ、どんな風にうたってるのかなあ、と思って。と。「でも一曲だけで帰るわけにいかないし。別に他の曲聞きたいわけじゃないし」だって。でたあーcoldsweats01

あとは、横浜なので、「頼みもしないのに」同級生が来てくれたり、とちょっと照れたようにおっしゃってました。「狭いところでできればいいんですけどね」、なんていうことも。

でもMCは少なめ。歌う声は、代々木の時よりも、出ている感じでした。疲れは見えましたが、「ホームタウン」でホッとされてるのかお元気そうで嬉しかったです。「今日もどこかで」の会場の合唱のあと、小田さんが「MY HOME TOWN」を弾き語りして終わりました。

****

長く難病にかかっている友人が、二週間前から自発呼吸が困難になり人工呼吸器につながれています。アンコールの『君住む街へ』を聞きながら、彼女のことを思い、届けたくても届かない思いで胸がいっぱいになってしまいました。

|

« 安芸の宮島へ | トップページ | 群馬・吹割(ふきわれ)渓谷へ »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。

前からよくサイトを覗かせて頂いてます。今回の小田さんのライブ、オフコースファンには不評ですよね(^^;。みんな11月のヤスさんのライブの方が期待できるって言う人多くて..。もちろん私もヤスさんのライブ楽しみにしてますが。
ただ私も長年のオフコースからのファンですが今回の小田さんのライブ素晴らしかったと思うんですがね..。

何だろう..小田さんは確かにオフコースから離れていってる感じがしますよね、それがオフコースファンには許せないんでしょうね..。でも還暦になっても前を向いて歩く小田さんも私は好きなんですが..。

古いファンは離れていって新しいファンがまた集まってきて..。ライブをやる方もこんなバラバラな気持ちのファン相手にライブをするのは難しいでしょうね..

長文ですみません。なんとなくちょっと話したくなりましてm(__)m

投稿: オフコースファンです | 2008年8月15日 (金) 19時13分

 はじめまして。ご訪問とコメントありがとうございます。うれしいです。

 Looking Back1,2でも小田さんは、オフコース時代の曲を歌い直してますが、『さよなら』などは、ライブでもあんな感じで歌ってますよね。「さよならあーさよならあー」ではなくて「さよならっ、さよならっ、」とか。確かに古い歌は、昔の歌い方が耳に心にしっかり染み込んでいるので違和感があります。でも、昔どおりの声、歌い方、アレンジを聴きたいなら、古い音源で聴くしかないわけで。

>ただ私も長年のオフコースからのファンですが今回の小田さんのライブ素晴らしかったと思うんですがね..。

 私もそう思います。shine
今回のMCで、小田さんが、「このツアーでは明治安田生命で使ってもらった『言葉にできない』が、必ず流れるけど、あれを聞くと、ああ、こんなふうに歌っていたんだなって。自分なんだけど、その時その時で、どうしても歌い方は変わってしまうので。」みたいな話をされていました(このMCを、思い出すきっかけを作ってくださってありがとうございます!)

 それを聞いて、オフコース時代の歌い方を否定したり、わざと変えたりしているんじゃないんだな。と思いました。古い曲のアレンジを変え、また、伸ばしていた音を伸ばさず、区切って歌うことが多くなったりするのは、聴いていてさびしいのだけれど、解釈の問題もあるけど肺活量の問題もあるのかなあ。とか(エヘ、全然違うかも、笑)。今のご自分の気持や、声や、力にあった歌い方をされているんだと思います。

>還暦になっても前を向いて歩く小田さんも私は好きなんですが..。

 私もですhappy01。鈴木康博さんもオフコース時代の曲は大切にされていますが(アレンジなんか本当にオリジナルに忠実ですが)、歌い方も声もどうしても変わっています。

 でも、お二人とも、ちゃんと自分を見つめながら自分の決めた道を歩き続けているところは昔から変わらない。やっぱり大好きだったオフコースの、あの二人だ、って、それを何より嬉しく感じています。

投稿: ぼくてき | 2008年8月16日 (土) 13時12分

はじめまして みゆ と申します。

横浜二日間も含めほぼ関東近県は制覇してます。(あ、山梨はチケット取れませんでしたweep
小田さんのオフコース時代の楽曲についてですが、以前よりも原曲に近い歌われ方をされていると思いますが・・・。
以前(LOOKING BACKがリリースされた頃)は殆どがオフコースアレンジではありませんでした。「哀しいくらい」はLOOKING BACK前でしたが、アコースティックバージョンでしたので、どちらとも違う感じでしたね。

今回のライブでのアコースティックコーナー(稲葉さんと二人の所を勝手に命名してます)での「愛の唄」は「♪過ぎ行くは~」から歌われていますよね。
今回のツアーの中で「以前の曲をアレンジしたけど、しない方が良かったのもあったかも」と言うようなニュアンスの事を話されていたので、ある程度の時間を経て小田さんの中にも変化が現れたのだと思われます。(私は両方好きですけどね。一粒で二度美味しい感じで)

ま、小田さんが目の前で歌って頂けるのならどんな(語弊が)曲でも嬉しいですhappy02・・・これにつきますね。

長々と失礼しました。

投稿: みゆ | 2008年8月17日 (日) 08時46分

みゆさん、はじめまして。ご訪問とコメントありがとうございます。
たくさん参加されているんですね。うらやましいです。

>今回のツアーの中で「以前の曲をアレンジしたけど、しない方が良かったのもあったかも」と言うようなニュアンスの事を話されていた

なるほど。昔に近いアレンジのも、変えたままのもありましたが、いろいろお考えなんですね。

>目の前で歌って頂けるのならどんな(語弊が)曲でも嬉しいです・・・これにつきますね。

そうなんです、ライブ中は幸せでいっぱい。終わるたびに寂しくて「また小田さんのコンサートに来て、この声がきけますように」と思いますconfidentshine

投稿: ぼくてき | 2008年8月17日 (日) 12時52分

ご無沙汰しています。
札幌初日8/23のコンサートに行ってきました。
記事を読んでいたら、ぼくてきさんは3回も行かれていたんですね。脱帽。
セットリストは記事で紹介されていたものとほぼ同じでしたが、ツア-ですから、これはアリなんでしょうね。ただ個人的には、札幌ではなかった
>「秋の気配」のさわりが聞けて
いいなぁ~です(^^)

投稿: サムディ | 2008年8月24日 (日) 23時51分

サムディさん
こちらこそ、ご無沙汰してます。

小田さんの札幌、堪能されたんですね。
一回の印象がうすくなるし、ひとつのツアーでは何回も普通は行かないんですが(^^;)
しばらく次のツアーまで間が開きそうな気がして・・・3回、全部追加でやっととりました。

私も横浜の最終日の『夏の終わり』が羨ましかったり・・・他の日のセットリストをみると、どうしても「それも聴きたかった!」って思いますね。

投稿: ぼくてき | 2008年8月25日 (月) 18時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131466/42151379

この記事へのトラックバック一覧です: 小田さん、横浜アリーナ再び:

» Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @横浜アリーナ3日目 [GREEN DAYS 〜緑の日々〜]
久しぶりに小田さんの「朝までやるぞ!」が聞けたのは、地元・横浜のライブのせいでしょうか? それとも、ライブ後半での客席乱入がまあまあうまくいったせいでしょうか? (ただ客席乱入は、後半2曲目からはじめた方が、個人的にはうまくいくと思うのですが…) 久々....... [続きを読む]

受信: 2008年8月13日 (水) 09時22分

» 小田和正2008@札幌真駒内セキスイハイムアイスアリーナ [徒然なるサムディ]
10分遅れの開場、開演。 客は若い方から、60歳代以上のカップルも多数。満席。 ファン層が幅広いことを実感。 あの訥々とした語りを入れ、新旧取り混ぜた構成で、 あっという間の3時間でした。 とにかく小田さんは動き回る。 南スタンド席でしたが、歌いながらスタンドを一周した時、 すぐ側を通ってくれたのはラッキーでした(^^) 「いや~小田さん、体力あるなぁ…」 とても60歳とは思えない。 ありゃ、まだまだやれるな。(オイラもガンバロ) 1こころ 2正義は勝つ 3愛を止めな... [続きを読む]

受信: 2008年8月24日 (日) 23時53分

« 安芸の宮島へ | トップページ | 群馬・吹割(ふきわれ)渓谷へ »