« YASS 60th Anniversary~ 燃ゆる心あるかぎり ~(2)  | トップページ | 押尾コータローさんのチケット待ちで重松清さんを読む。 »

YASS 60th Anniversary~ 燃ゆる心あるかぎり ~(3)

鈴木康博さんライブYASS 60th Anniversary~ 燃ゆる心あるかぎり ~ 横浜ランドマークホールくどい版レポート,後半頑張ります!

20曲目のあとの長いMCで、鈴木さんが現在も音楽を続けていらっしゃるスタンスをお話されています。

~第一部つづき ソロになってからの曲、との言葉のあとで~

12.入り江 
13.雨がノックしてる
14.So Long
MC
「パルコ劇場で(注:1989年~1993年?)、結構毎日(注:5,6日間)コンサートをやって・・・来てくれたことある人いますか(注:前の方、たぶんFCの方の席の方で20~30人くらいの手があがる)。あ、そんなもんですよね(笑)。ありがとうございます。その時、阿久悠さんに物語を作っていただいて、それでそれを演じるような形でやってたんです。で、MCが上手くなったかというと、何にも効果がないですね(笑)。(Song for Memoriesの)細坪君のせいかな。彼はホントよくしゃべりますからね。では、そのパルコやりながら作った曲です」

ここで舞台は赤いライトに。ギターは鈴木さん、小原さんの二本ともアコースティック。

15.Good-Bye 昭和
16.君について (小原さんだけ、エレキに戻ります)。
17.エンドレスサマー(二本ともエレキに。)

~休憩 15分~

この間に、相方が『Forward』を買って来ました。袋から出したら・・・鈴木さんの直筆のサインのカードが。申し訳ないような気分に。

~第二部 (ストライプのボタンダウンに着替えて登場。)~

 なんと・・・鈴木さん、一人で出てきて、グランドピアノの前に!
18.流れ行く時の中で
19.夏の日の午后
 MC
 「キーボードやピアノは、コードを確認するためくらいに使ってたんですけどね。このくらいのテンポの曲なら弾けるんじゃないかって。ちょっと練習して。演奏してみました。」

 味のある、いいピアノでした。「うっ、次のコードはこれだな・・・だいじょうぶか??オレ??」みたいなはにかんだ笑顔も見られましたが、その緊張感も新鮮で。60歳で「初々しい」というのは失礼な形容ですが、素敵でした。

(MC続き)「これはね、パルコのラストの時の曲で、古いタイプの夫婦に贈るような、歌なんですけど」

20. ふと思うこと(アカペラ、マイクなし)
  マイクなしのアカペラで歌うなんていうことができるのが、小さいホールの醍醐味です。客席の一人一人に、直接歌ってくださっている感じconfidentそして、このあとのMCにも心を打たれました。

「(アコースティックギターをかけて)最近、よくこの歳まで歌ってこれたな、と。想像できませんでした。俺たちの若い頃で言うと、田端義夫さんみたいなね。今日はきっと私の(ギターを持つ)手ばかりみている人もきっといると思うんですけど。こういうふうにギターを弾いたり、歌ったりするのは・・・それを、一つの文化として、集まってくれる人がいて。
 「ヒット曲がないから、レコード会社からもカットされて、まあリストラみたいなね。それでインディーズでまた始めました。
 「そういうことをしてでも、続けようと言うのはね・・・契約してくれないなら、やる意味がないんじゃないの、とかね。ビジネスとして考えていたら、できないです。今は、そう考えていないんです。

 「小さな町の町工場のように、小さいけど、これをやらせたらここだぞ、っていう。その工場しか、これは作れないぞっていうものがあるんだと。それを手を抜かないでやって、いいと思ったことを続けていこうと。そしてまた若い人が、あれをやろう、と引き継いで行く。それが文化として残っていく。そんなことを考えています。

 21.サンクチュアリー
 MC「大津あきらさんに詞を書いていただいた曲でした。仲良くしていただいたんですが、もう40代で、早くに(97年)亡くなってしまって。もう一曲、この方の詞の曲を歌いたいと思います。」
22. あこがれという名の汽車(ハーモニカとアコースティックギター)
 このあと、バンド再登場です。

 MC「だんだんいい感じでバンドも熟成してきました」23のかけ声「イェイイェイ」の練習。

23.ビリーブインスマイル
   アコギ鳴らし、叩きながら熱唱。押尾コータローさんですかあー(笑)。 

24.オマエとあの娘
25.Keep on running

 MC「(エレキに持ち替えて)さあ、ここから、ロックで・・・こんなのロックじゃないって言うかもしれないけど・・・さらにのっていきますよ!」

26.メインストリートを突っ走れ 『Over』から。
27.のがすなチャンスを 『この道をゆけば/ラウンド2』から。
28.一億の夜を越えて 『We are』から。
  
 やった!アンコール前に、オフコースののれる曲に戻りました。オフコースの時のままの歌い方cryinghappy02。鈴木さんのギターもそのまま!にくいねー。このバンドの人達の演奏もいいねー。私の席はスタンド席のはじっこで、立ってもさして迷惑にならないと思ったので、『一億の夜を越えて』のイントロを聴いて、遠慮なく立って楽しみました。こんな(オフコースの)曲が3曲続いちゃったからには!(となりの夫もつられて?立ったけど、あれは後ろの方に迷惑だったかと・・・スミマセン。)。
前の方のFCの方は、手拍子などですごくのってはいましたが、立っている人は少なめでした。後ろの人に気を使ってるのかなあ。鈴木さんのFCの方たちは品がいいのね。

MC「(ヒートアップしている会場に)えー、落ち着いてください(笑)」

29.いいことあるさ 
去年のアルバム『いいことあるさ』の一曲目です。
MC「では、一応、最後の曲です」

30.燃ゆる心ある限り

~アンコール① (還暦で贈られたという、ピンクのドットが入って全体にピンクに見えるシャツで)~

31.汐風のなかで(グランドピアノで一人弾き語り)
 アルバム『Three and Two』。
海に行って潮風に吹かれると、自然に歌ってしまうくらい好きな曲です。鈴木さんがオフコースの楽曲を一人で演奏した『Forward』の中ではアカペラで歌われていて、それもよかったですが、グランドピアノもすごくいいですね。
 イントロで多少つっかえ、イントロが終わって、さあ歌!という瞬間にも「あれ?」って間違えてしまわれたので(笑)泣けませんでしたが、この曲が聴けてうれしかったです。

32.愛をよろしく

33.Save The Lovethunderhappy02thunder 
  アルバム『Three and Two』。今回、バンドでやるならこれが聴きたい!と思った曲の一つです。Heroesのマシオカ(ヒロ・ナカムラ)ふうに、両こぶしを挙げて「ヤッター」って言いたい気分で立っちゃいましたね。会場も、大盛り上がり(座ってても大盛り上がり)。
 ・・・このアルバムが出たころ、私がオフコース大好きなことを知る友人から「今度の、ボストンにそっくりじゃん」って言われてヘコんだなあ。でもいい曲はいい曲なの!歌詞もいいの!

~アンコール②  鈴木さん一人でアコギで~

34.でももう花はいらない 
  『僕の贈り物』から。はるか昔のオフコースライブの定番曲です。うう、小田さーんcrying・・・いかんいかん。

35.いくつもの星の下で 
  この曲だったかな。口笛を吹いていらしたのは。すごくお上手でした。最後にふさわしい、染み入る曲ですconfident。『We Are』から。「こーんやはーありがとうーここまでついてきてくーれてー」

*****

 鈴木さん、バンドの皆さん、改めて長い時間本当にありがとうございました。しっかり、気持ちの届くライブでした。
 欲をいえば、「海辺にたたずんで」も聴きたかったです。それから、「明日の風に吹かれて」も。オフコースの曲では「雨よ激しく」も「恋はさりげなく」も「幻想」も。だから、鈴木さん、またライブ聴きに行かせてください。happy01

|

« YASS 60th Anniversary~ 燃ゆる心あるかぎり ~(2)  | トップページ | 押尾コータローさんのチケット待ちで重松清さんを読む。 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

度々の訪問失礼いたします。
セットリストに続きMCの細かい再現感激です!
と同時に感心しきりです。話は変わりますが渡邊大輔さんをご存知ですか?プロのギターリストですがYASSさんのファンであり自身のホームページで今回のライブの事が取り上げてあります。ご存知でなければ「渡邊大輔 BETTER DAYS」へジャンプしてみて下さい。既にご存知であれば申し訳ありませんです。
去年のラゾーナも書き込みがありますが同じギターリストの視点からのコメントもなかなか興味深いですよね。 

投稿: 大吟醸 | 2008年7月 1日 (火) 22時32分

大吟醸さん、ありがとうございます!

渡邊大輔 BETTER DAYS、拝見しました。
過不足のない、プロの方らしいレポートですね。渡邊さん、松ヶ下さんのキーボードを褒めていらしたけど、確かに「ロックしている」ヤスさんの曲の場合、小田さんのキーボードよりむしろいいな、なんて思って聴いてました。
ギターの方もアレンジは「好きにやってる」感じでしたが、とっても良かったし、あの日のバンドの皆さんにも感謝です。

投稿: ぼくてき | 2008年7月 2日 (水) 18時03分

ぼくてきさん、無理ではなく(笑)お邪魔します。
先日の横浜ランドマークホールでのコンサート、堪能されたようで、良かったですね!ランドマークホールは何度かコンサートで足を運んだことがありますが、キャパシティが適度でいい会場だと思います。
私はこのところコンサートにはご無沙汰ですが、良い音楽はやはり生で聴きたいですね。今年後半には好きな洋楽ミュージシャンが来るみたいなので、チケット確保して行きたいです。押尾さんのコンサートも楽しみですね。(オフコースネタでなくてすみません。)

投稿: yumemi | 2008年7月 2日 (水) 22時21分

Yumemiさん

いつもご訪問&コメントありがとうございます。
押尾さんの調布楽しみですね。押尾さんといえば、情熱大陸 SPECIAL LIVE、8月9日(土)には、押尾さんも小田さんも出られるんですよね・・・二人でお話されたりもするんでしょうか。こちらは行けなくて残念です。

投稿: ぼくてき | 2008年7月 3日 (木) 01時20分

ぼくてきさん、詳しいライブレポありがとうございました!
沖縄で感動し、ヤスさんのライブレポで感動し、
私はいま、ちょっと大変なことになっております(笑)

まだ私がガキんちょだった頃、とりこになった二人の歌声。
四半世紀以上過ぎても今なお、
当時と同じどころか、ずっと深く、心を揺さぶり続けてくれている、二人の偉大なアーティストに、
私も深く感謝いたします。。

投稿: つう | 2008年7月 3日 (木) 13時40分

つうさん
ご訪問&コメントありがとうございます。

>ちょっと大変なことになっております

私も~~(笑)つうさんのおかげで、沖縄の楽しそうな小田さんと、自分も一緒にいられたような気がしてしあわせな気分ですしconfident

ところでこのレポート、つうさんの小田さんレポートのB面(えっ、失言??)のつもりで書きました。「つうさんがいないからにはっ!」と頑張りましたが、大変さが骨身にしみました(-▽-;)・・・本当にいつもありがとうございます。

つうさんも、お時間があったら11月のヤクルトホールもぜひ!

投稿: ぼくてき | 2008年7月 4日 (金) 00時54分

ロンドについて
 大阪でのヤスさん60thアニバーサリーでのお話です。
ドラマの主題曲で、コンペだった。その時は、僕の調子が良かった。けれど、ドラマの力で売れたくない。自分達の力だけで大きくなりたいと、オフコースの意見で、ライブでは演奏しなかった。
もし、やっていたらどうなっていたのかなと、今思う・・・
 はじめまして。いきなり、失礼しました。
We areのコンサート以来のヤスさんを、聞きに行くきっかけを作って下さって、ありがとうございました。(overは取れませんでした)
暖かい人柄の出たコンサートでした。
お祝いに参加されたゲストの方とのお話しと、演奏を堪能しました。
山本潤子さんと2人の卒業写真。ヤスさんは、ギターもハモりも、自分を出すのではなく、曲を際立たせる演奏でした。
 オフコースのすばらしさは、鈴木さんの引き立てる能力が天下一品であったからこそ、と思いました。
 本当に良いコンサートでした。
 ありがとうございました。
 そして、小田さんとのユニット実現を切望します。

投稿: 天下一品のコーラス | 2008年9月16日 (火) 13時28分

天下一品のコーラスさん

>We areのコンサート以来のヤスさんを、聞きに行くきっかけを作って

このブログが、ヤスさんを再び聞きに行くきっかけの一つになったとしたら、本当に嬉しいです。嬉しいお言葉と、大阪の60thアニバーサリーの様子をありがとうございます!

 ロンドは、小田さんとのコンペで「勝った」曲だったんですね。「ドラマの力であろうがなかろうが関係ないじゃない、いい曲なんだからやろう」と言えていれば、その後の鈴木さんのオフコースの中での立場が変わっていたのかもしれません。「ドラマの力で売れたくない」なんていうのは、捨ててはいけないプライドではなく、捨てていい意地だったかな、というお気持が、今の鈴木さんにはあるのでしょうか。

>オフコースのすばらしさは、鈴木さんの引き立てる能力が天下一品であったからこそ、と思いました。

 そうですね・・・たしかに、5人オフコースの最後の方ではそんな風に感じます。
 
でも、小田和正さんの他の人の歌を引き立てる能力も実は天下一品で。
 それで、お二人が一緒に歌っていた頃の曲やスタジオライブを聞くと、どちらが「主」でも、またどちらが「主」ということがないユニゾンでも、とにかく二人の声の溶け方が素晴らしくて。
 カフェ・オレのコーヒーとミルクのように(?)どちらがどちらを引き立てるということではなく、お互いの良さを際立たせて一つに溶け合っていたように思います。(どちらかだけでも「そのもの」の個性を楽しませてもらえる存在でもあって。)

>小田さんとのユニット実現を切望します。

本当ですね。お二人がギターを持って並ぶのを見たら、もう夢のようで、それだけで泣いてしまうと思います。

投稿: ぼくてき | 2008年9月16日 (火) 22時00分

ぼくてき様
 初めて書き込みをして、何がどうなっているのかわからないのですが、ぼくてきさんがこの「昭和30’~」の主の方ですか?
 全くおっしゃる通り。初期の二人の声は、似せて歌っているのかと思うくらい、判別が難しいですね。
 オフコースの小田さんの曲が大好きで、鈴木さんを軽視していました。コンサートに参加し、自分の偏狭さに気づきました。
 「ロンド」のお話しでは、「勝った」とはおっしゃていません。
良い曲だと、おっしゃりたかったと思います。
とても控え目な印象を受けました。
当時からこの曲の扱われ方が、不思議だったものですから・・
 他の会場の様子を知りたいと言うお言葉に甘えて、もう一つネタバレです。
「群集の中で」は、お一人でした。
ゲストの細坪さんが、「僕の覚えていたメロディーと違っていた。客席で一緒に歌っていたら、ハモってた」
鈴木さんが、「当時は三人で歌っていた。どこがメロディーか覚えていなくて、盛り上がりそうな旋律を歌った」(笑)
なんてお話しになり、びっくりしました。
 長くなり、申し分けありませんcoldsweats01

投稿: 天下一品のコーラス | 2008年9月17日 (水) 11時03分

天下一品のコーラスさん
また、いろいろ教えてくださって本当にありがとうございます。(はい、ここの管理人が「ぼくてき」です。)

>「ロンド」のお話しでは、「勝った」とはおっしゃていません。

 ごめんなさい。鈴木さんはそういう言葉は使われないですよね。コンペ(競争のイメージ)から、勝ったと表現してしまいました。

>「群集の中で」は、お一人でした。
>ゲストの細坪さんが、「僕の覚えていたメロディーと違っていた。客席で一緒に歌っていたら、ハモってた」

 そうでしたかー。客席でハモっていたとはもったいなかった(笑)。暗くて地味な印象の曲ですが(失礼!)ハモりとってもきれいなので(私は後追いで聴いただけですが)。
 メロディーについては、細坪さんがたまたまハモリのパートを覚えていたんじゃないでしょうか。あの曲は、もともと鈴木さんが主旋律を丁寧に歌っていますから。

 細坪さんといえば、ふきのとうの『南風の頃』を当時ラジオで聞いて、いい曲だなーと思ったのを思い出します(でも、あとは『白い冬』くらいしか知らないのですが。)

投稿: ぼくてき | 2008年9月18日 (木) 00時03分

 こちらこそ、すみません。
余りにも謙虚な鈴木さんを知り、神経質に反応してしまいました。
が、ぼくてきさんの心の揺れに、実は同感です。
 あと曲名は、「群衆の中で」の間違いでした。

 「スタッフがデビュー前に歌っていた曲を、と言うのでこれにしたら、それは小田さんが、DVDでやってます。と言われたが、
僕が小田さんに教えたんだし・・あっ、小田さんって、変ですね。
小田です。本家はPPMだけど、小田より本家ということで、やります。」と、A Solin'を見事に歌い上げられました。
その前に歌った曲名は、ど忘れされたんですけどねぇ。(潮の香り)

 先日ヤマハのCDで、鈴木さんお一人での「GRADUATE」を
聞きました。
ポプコン’69年男性ボーカル版だったかな?
ビング・クロスビーみたいで素敵です。古っ!ご存知ですか?
 あっ、私も昭和30’sです。sweat01

 

投稿: 天下一品のコーラス | 2008年9月18日 (木) 15時21分

また、いろいろありがとうございます(^^)。

A Solin'、当時のラジオのライブ録音での小田さんとのハーモニーを聞くと、本家(PPM)の歌を聞くより鳥肌がたちます(笑)。

GRADUATEは、もともと鈴木さんのソロなんですね。

>ビング・クロスビー

お名前はさすがに知っていますが、ごめんなさい、あんまり聴いたことがないです。(いえ、若ぶってるわけじゃないです(笑))

投稿: ぼくてき | 2008年9月18日 (木) 22時55分

 あのぅ・・
毎晩、お返事(レスって言うんですか?)して頂かなくても・・
ただただ、お礼をと思っただけなのに、ご迷惑をおかけしました。

 バンドを引き連れて大阪に来たのは、20年ぶりだと。
最前列のファンの方も、座って聞いていらっしゃる。
えっ?何で?
何回も後ろを振り返り、誰か立たないかと思っていました。
アンコールの「SAVE THE LOVE」のギターに涙。
「一億の夜を越えて」で、後ろの男性が立ちかけたので、
今だとばかりに。隣の主人は、後ろを気にしつつ・・
すると、ばらばらと・・最終的には、皆立ってましたgood

 
 最後に、ヤスさん(やッさんとは呼べません。大阪では、横山やすしさんのことに・・)自ら、終了後サイン会をしてくださるとのMC。
 現金にも、CDを買って並び。
 サインと、握手のはずが・・
 途中から、写真まで。
 ツーショットです!あの鈴木さんとlovely
 東京でもあると良いですねheart04

投稿: 天下一品のコーラス | 2008年9月19日 (金) 15時09分

>毎晩、お返事(レスって言うんですか?)して頂かなくても・・

はい、ご心配ありがとうございます(笑)。
レスはつけることにしてますので・・。

横浜ではサイン会はなかったです。
でも、夫はそのあとイクスピアリのライブに行って、サインとツーショット写真を撮っていただいて、大満足していましたヽ(´▽`)/。11月、楽しみです。

投稿: ぼくてき | 2008年9月19日 (金) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131466/41706348

この記事へのトラックバック一覧です: YASS 60th Anniversary~ 燃ゆる心あるかぎり ~(3):

« YASS 60th Anniversary~ 燃ゆる心あるかぎり ~(2)  | トップページ | 押尾コータローさんのチケット待ちで重松清さんを読む。 »