« 日本を代表して?怒られたり、宮部みゆき『蒲生邸事件』を読んだり。 | トップページ | 小田和正・小田和正・鈴木康博ライブ。 »

ディズニーシーのミスティックリズム。

 久しぶりにディズニーシーに行ってきました。

 日曜日でしたが、人気アトラクションはやはり1時間前後待ち。

 今日はじめて観たのが、ロストリバーデルタの、ミスティックリズムというステージでした。
水と火を使い、重い太鼓のリズムに乗せて、舞台のダンスと吊りの空中ダンスを見せてくれます。短いショーとしてはかなり楽しめました。

 偶然、左の通路側の席にいたのですが、この舞台を見る時には、中央座席の左右通路沿いに座ることをお勧めします!(以下ネタバレ注意!)

 まず太鼓を持ったリズム隊が通路から登場。「ドンドンドンドン」と威勢のいい太鼓をたたきながら、疾風のように駆け抜けて舞台へ。その後、蝶を持った森の精のような人が、踊りながら通ります。手を差し伸べると、手の上に「蝶」を止まらせてくれました。「火」の舞台で活躍するマッスルシアターのメンバーみたいに筋肉質な人たちが登場した時には、カギ爪みたいなもので、脅かしてくれたし(笑)、通路側は、臨場感満点なのです。

 空中ダンスは、緑のリボンを使った二人の、絡みのあるダンスが特に見もの。

 最後は、ものすごい霧が舞台から客席を襲って包み・・・目くらましにあっている間に、舞台からダンサーが「消えて」おしまい。本当に楽しい演出でした。

 ディズニーシーができた時に比べると、面白い乗り物は少し増えました(タワー・オブ・テラー(落ちる)やレイジングスピリッツ(360度回るコースター)など)。でも、ディズニーシーは、待ち時間ほど面白いアトラクションの数はそんなに多くない気がします。乗り物にいっぱい乗りたい娘を夫とともに残して、悪いけど今日は早めに帰宅しました(二人はまだ帰ってこない~)。

|

« 日本を代表して?怒られたり、宮部みゆき『蒲生邸事件』を読んだり。 | トップページ | 小田和正・小田和正・鈴木康博ライブ。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131466/41546080

この記事へのトラックバック一覧です: ディズニーシーのミスティックリズム。:

« 日本を代表して?怒られたり、宮部みゆき『蒲生邸事件』を読んだり。 | トップページ | 小田和正・小田和正・鈴木康博ライブ。 »