« 小田和正 横浜アリーナ5月21日 | トップページ | オフコース『花のフォークタウン』文化放送、1975年3月 »

オフコース『パイオニア サウンドアプローチ』1978年12月10日(日)

まだ小田さんのライブ『今日もどこかで』(横浜5月21日)の余韻に浸り続けています。

昔の歌を聞いて、小田さんと鈴木さんのユニゾンやハーモニーの美しさを思い出して、相棒に熱く語っていたら・・・。
相棒、まるで何気ない様子で(近所の)実家から、とんでもないお宝テープを持って来ました。

『オフコース パイオニア サウンドアプローチ
 1977年10月30日(日)FM東京』
『オフコース デンオンライブステージ
 1978年10月29日(日)FM東京』
『オフコース パイオニア サウンドアプローチ
 1978年12月10日(日)FM東京』

「何これ!!!???」
「姉貴(6つ上)が、とったテープがあったなーと思って♪ 探せばもっとあるんじゃないかな」
「!?聞いて(聴いて)ないよー!?聴かせてー。」

3つとも、FM東京のスタジオでお客さんにライブを聞かせているテープ。
もう本当に上手い。ライブなのに、小田さんと鈴木さんのユニゾンが透明なまま溶けて全くほころびなく一つになっていて・・・そこからすっと別れてハモったり・・・。
恐ろしいほど上手い。

というわけで、もう思いっきり後ろ向きにこの3つのライブを堪能。
77年の録音でも、5人オフコース(小田和正、鈴木康博、松尾一彦、大間ジロー、清水仁)で出ていました。私が、友達に一枚目のアルバムのテープを借りて聞いたのが、ちょうど77、8年だったので、実はリアルタイムの二人オフコースは私も知らないんだなー。と、再認識。

一番興味深かったのが、78年12月10日のテープです。
デンオンライブと放送日が近いのに、曲目がかなり違います。(デンオンライブステージの方は、また機会があったら紹介します。)

その理由は、12月10日(日)放送のパイオニア・サウンド・アプローチで、(録音日の)前日(11月21日)に、ドラムの大間ジローが盲腸で入院してしまったと話していること。

大間さんのドラムがないので、アコースティックの静かな曲や、ハーモニーが映える曲を中心にして・・・結果的に、二人オフコースの時にやっていた曲が多くなっているんです。「久しぶりにやる曲が多いので緊張しています」という小田さんのMCが入っています。当時ですら、『僕の贈り物』なんかは久しぶりだったようです。

パイオニア サウンド アプローチ(78年12月10日)セットリスト

1 さわやかな朝をむかえるために
2 デイ・バイ・デイ(入院中の大間を除く4人のハーモニーが気持ちいい。)
3 もう歌はつくれない
4 でももう花はいらない
5 A-Soalin’ (二人オフコースの頃によくコピーしていたPeter, Paul&Mary の曲の一つ。小田さんと鈴木さんの二人でやっています。息がピッタリのハモリとアコギのからみ。ただもうすごい。)

6 水曜日の午後(大好きだった曲。ライブでは鈴木さんが主旋律を歌うことが多かったようですが、ここでも鈴木さんが主旋律。)

7 夏の終わり (これも、二人のハーモニーが美しくて大好きだった曲。小田さんの主旋律の上に、鈴木さんのファルセットがきれいに乗っています。さびは4人でハモってて、アルバムより厚いコーラスに。)

8 僕の贈り物 (鳥肌が立つほど一つに溶け合った小田・鈴木のユニゾン!!本当にこの頃の二人の声の相性、化学反応は、奇跡と言いたくなります。これ本当にライブですかあー。)

9 デイ・バイ・デイ(司会の竹谷英子さんのリクエストで、もう一度。上手い・・・。)
10 あなたのすべて(これは録音)

小田さんのトークの部分も面白いので、またどこかで書きたいと思いますが、今日はこの辺までで・・・。

|

« 小田和正 横浜アリーナ5月21日 | トップページ | オフコース『花のフォークタウン』文化放送、1975年3月 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。また新しい記事が拝見できて嬉しいです。
約30年の時を経て復活する当時のライブ!当時エアチェックされていたご主人のお姉さんも素敵ですが、それをしっかり保管され、ぼくてきさんに差し出してくれるご主人も素敵ですね。
私も熱中して聴いていたラジオ番組のテープ、捨ててはいないので取ってあるはずなんですが……何だか聴いてみたくなりました。

投稿: yumemi | 2008年5月29日 (木) 21時27分

yumemiさん

>お姉さんも素敵ですが、それをしっかり保管され、ぼくてきさんに差し出してくれるご主人

 本当、ドラエもんかと思いました。いえ、お腹周りではなく(笑。ドラエもんと違って、四次元ポケットはないので、いつもは保管してるものの多さに辟易してるんですけど。)
 音質もバッチリいい録音で嬉しかったです。いいものは時代を超えて感動しますね。

 テープを再生する機械が一時手元になくなって、数年前に仕方なく買い直しました。MDに取り直したりしています。

投稿: ぼくてき | 2008年5月30日 (金) 00時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131466/41335059

この記事へのトラックバック一覧です: オフコース『パイオニア サウンドアプローチ』1978年12月10日(日):

« 小田和正 横浜アリーナ5月21日 | トップページ | オフコース『花のフォークタウン』文化放送、1975年3月 »