« やっと終わった、PTA。 | トップページ | オフコース『パイオニア サウンドアプローチ』1978年12月10日(日) »

小田和正 横浜アリーナ5月21日

小田さんの横浜アリーナのコンサートに行って来ました!
追加のA席ということで、席は期待してなかったのですが、
なんとステージ真横。

目の前を何度も通ってくれて・・・涙。

小田さんは、横浜アリーナの客席の中にまで入って、
会場中を回って、スタッフをはらはらさせながら
3時間近く(ビデオ休憩もあったけど)
精一杯ファンと触れ合おうとしてくれました。

自分が与えられた才能を使命にして、
できることを精一杯やってる小田さん。
いつも感動します。

アンコールの最後、「マイホームタウン」が終わって、
こちらを向いてくださった時「ありがとう!」って叫んだの届いたかな。
聞こえていて欲しいです。

今日のコンサートを聴けて
罰当たりなくらい幸せだと思いました。

詳しいレポートはつうさんのブログで。
セットリストはGREEN DAYS~緑の日々で。

****

今回、他のブログなどは全然見ずに行きました。

小田さんの原点、二人オフコース時代の曲から
「僕の贈り物」
「幸せなんて」
「愛の唄」
「地球は狭くなりました」
が聞けるなんて、本当に嬉しかったです。

「だれも知らない曲で済みませんねぇ」なんて言っていましたが
知らないどころじゃない(TT)。
思い入れのある曲ばかり・・・。

でも・・・この辺の曲を聞いて、今日は
鈴木康博さんの「不在」をすごく感じてしまいました。

二人オフコースの時代の曲は、
この二人のハーモニーがすごく魅力的だったから。
初期のころは、二人の声が似ていて
素晴らしいハーモニーだったから。
今日も多少はハモってはいたけれど。

NEXTのテーマも歌ったし、
もちろん「言葉にできない」も歌ったし、
会場は「横浜」だし、

小田さん!
小田さんもひょっとしたら
鈴木さんのこと考えていらしたんじゃないのですか。

オフコースという名前じゃなくてもいい。
鈴木さんと歌うことは、もうないんでしょうか。
・・・歌ってほしいです。

「質問ある人?」って小田さんが会場に振った時、
聞けばよかったかな(笑)

****

さて、22日に横浜に行く皆さん!
この会場の入場では、列に並んで待っていてはいけません。

少なくとも今日は、全く整理も誘導もしてくれず、
開場も6時15分に遅れたのはいいとしても、
大人しく最初から列に並んでいた人は
7時ぎりぎりの入場になってしまいました。

左の道路の方に進んで、
奥(建物向かって左)の入り口の方に回ると、
どんどん入れます。

列で待っている人達は建物向かって右の入り口からしか
入っていず、全然列が進まず、前の様子も見えず・・・その間に後ろから来た人が
道路の方からどんどん奥の入り口に進んで入っているという状態でした。

会場外でハンドマイク持っていたお兄さん。
「進んでください」じゃわかりません!

「奥がすいています、建物向かって左の入り口に回ってください!」
くらいの声かけはしてください。

|

« やっと終わった、PTA。 | トップページ | オフコース『パイオニア サウンドアプローチ』1978年12月10日(日) »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。入場は大変だったようですが、コンサート自体はたっぷり堪能されたようで、良かったですね。小田さんのライブでの歌声は何よりの元気の素になったことでしょう。
入場の件ですが、確かに横浜アリーナは入場大変なんですよね……。あの会場が初めての人には不親切な作りかもしれないな、と思ってしまいます。

投稿: yumemi | 2008年5月22日 (木) 21時36分

yumemiさんこんにちは!
 いつもありがとうございます。まだ頭の中で小田さんの声が聞こえていて(危ない!?)、ちょっとのことではめげない「とっても幸せ感」をひきずってます。

 さて、横浜アリーナ、入り口の方向が歩道橋から来て並ぶ人の方向と平行になってて、並んじゃうと入りにくくなるんですね。いつもなんでしょうか。

 後で来た人が道路を通って奥の方の入り口から、すんなりどんどん入ってしまっていることとか、並んでる人には全くわからなかったんです。ひたすら皆で「検査かねー」なんて言いながらガマンしてました。結局手荷物検査もしてなかったのに、「並んだよい子たち」(うそ、よい老若男女たち)は開場から40分も待って、7時5分前にやっと入れました。整理の不手際としか思えませんでした。

投稿: ぼくてき | 2008年5月23日 (金) 17時02分

こんにちは。
「小田さんのコンサート」に反応して、思わず書き込んでしまいました。お陰様でコンサートの様子がわかり、ますます期待が高まりました。実はWEB予約済みで、ただいまチケット到着待ちなんです(^^)
オフコース当時の曲もあるようですが、やはりあの当時の楽曲は鈴木さんとのハモリで聞きたい。

>鈴木康博さんの「不在」をすごく感じて
>二人のハーモニーがすごく魅力的だった

まったく同感です。お二人はまったく関係を絶ってしまわれたのでしょうか。ホント、なんとか一度でも実現しないものかなぁ、と思いますねぇ。

投稿: サムディ | 2008年5月24日 (土) 07時26分

サムディさん書き込み嬉しいです。
北海道は来週と、札幌は8月でしたよね。
札幌でしょうか?楽しみにしていらしてください。

>やはりあの当時の楽曲は鈴木さんとのハモリで聞きたい。

そうなんです。現在のお二人の関係は全く知りませんが、一緒に歌う機会を作って欲しいですよね。

あの頃の歌には、若い時代の懐疑的・厭世的な気持ちや、にもかかわらず痛いほど純な気持ちが感じられて。それを本当に透明なハーモニーで歌っていて。深く共感しながら聞いたものです。

年をとると、歌い方が「濃く」なる人もいますが、小田さんは当時の歌の透明感そのままの歌い方で、感動しました。

投稿: ぼくてき | 2008年5月24日 (土) 14時04分

こんばんは

>今日のコンサートを聴けて罰当たりなくらい幸せだと思いました。

こんな風に思えるなんて、よっぽどよかったんですね。

オフコースって小学校の頃ですよね。
今になってもコンサートで歌い続けてるって、素晴らしいですね。

投稿: Husky | 2008年5月29日 (木) 23時05分

Huskyさん

 オフコースから鈴木康博さんが脱退する前の82年のコンサート当時、私は大学生(^^)。デビューの頃なら私も小学生(笑)でも、その頃は全然知りませんでしたけど。

「昔の人」としてではなく、現役で第一線にいて新しいファンも作ってるので、すごいなあと思います。

投稿: ぼくてき | 2008年5月30日 (金) 00時18分

お久しぶりです。
2005年ツアーのときにブログにお伺いしたり、お越しいただいたりしたものです。

今回もきっと行かれたと思ってました。

ワタシは今月代々木にも参ります!

応援していきましょうねっ。

投稿: ぽぽ | 2008年6月 2日 (月) 23時17分

ぽぽさん

お久しぶりです!
ぽぽさんは、代々木行けるんだ~。
羨ましいですっ。

また改めてサイトにうかがいますね。
代々木のレポートも楽しみにしています。
(気が早い)。

投稿: ぼくてき | 2008年6月 3日 (火) 06時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131466/41282686

この記事へのトラックバック一覧です: 小田和正 横浜アリーナ5月21日:

» Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 @横浜アリーナ1日目 [GREEN DAYS 〜緑の日々〜]
今ツアー初の地元・横浜公演。 「新横浜は横浜という気がしない」と言っていた小田さんでしたが、横浜らしい演出も見られました。 会場から出てくる小田さんコールに対し、「気の利いた質問を受け付けようか?」と返す小田さん。 「いつまで歌い続けるんですか?」とい....... [続きを読む]

受信: 2008年5月23日 (金) 06時44分

« やっと終わった、PTA。 | トップページ | オフコース『パイオニア サウンドアプローチ』1978年12月10日(日) »