« 2007年8月 | トップページ | 2008年2月 »

そしてまた一年が、誕生日がすぎて行く。

夏の記事のまま、冬を迎えてしまいました。
一年がまた終わろうとしています。

最近、yumemiさんとHuskyさんに書き込みをいただいて
(ココログはコメント通知メールくれるので、コメントが入ればすぐわかります)。
「さすがにこの画面はなあー」と申し訳ない気分に。
お二人ともありがとうございました。
たまに覗いて下さってる方がもしいたら、済みませんでした。

なので、内容はないけど更新。

さて、私は12月が誕生日。
もうすぎてしまったんですが、
誕生日の前に、一応夫が聞いてくれました。

「何がほしい?」

たぶん恋愛ピークの時ならこう答えたと思う。
「何も・・・でも会える?(ちょっとはにかんだように)」
(う、書いてて、こっぱずかしい)

新婚一年目なら
「帰ってこれる?何か作って待ってるね(と、にっこり)」(うう。)

で、今年はなんて答えたかというと
「あのねー、何にもいらないから、何か捨ててくれる(君のがらくたを)?」

いやー。
愛し合う二人に降り積もった、この現実の重量感は何。
というか、家に溜まっていくガラクタの重みはどうだ。

書いてみると、つくづく自分の可愛げのなさにも呆れますが、
まあ結婚15年も経った奥さん、
こんなものなんではないでしょうか。

というわけで、何もいらなかったんですけど一応くれました。
「イヤー悪いねー。こんなもんで。」

当然、花束でもないし(結婚数年は花束だった)
ジュエリーでもなく(一年目はそうだった)

包装紙を開けてみたら・・・
ピンクフロイドのDVD『驚異』と、CD『狂気』。
「ありがとう!!!」と叫びました。

何ヶ月か前に、NHKのBSかデジタルかで
ピンクフロイドの『狂気』のライブをやっていて
(というより『驚異』のDVDを流していて)
「このアルバム大好きだったのよぉー。でもテープしか今ないのー
ねーすごいよねぇ、すごいよねぇ」
って言ってたのを覚えててくれたようで。
DVDは、そのライブの『狂気』以外のと二枚組み。

とにかく・・・すごいですよ。
一言でいうと「総合アート」で「宇宙」で「深遠」で「表層」で「怒り」で「悟り」で「動」で「静」で・・・。
・・・って、どこが一言なんだ。

本当に一言で言うと「とにかく聞け!!(とにかく見て!!)」なんです。

トリビアを言うと、DVDのライブでドラム叩いてるゲイリー・ウォリスは
イル・ディーヴォのドラマーです(笑)

というわけで、年末の楽しみが一つ増えたわけです(^^)♪。

でも、こういうもので喜ぶ私、やっぱり可愛くないわ。
プレゼント一つ見ても、「夫婦」というより
「同士」化しているのがありあり。

それってどうなんでしょ?
(「どうでもいいわ!」と外野の声)。

では、みなさんよいお年を!

| | コメント (15) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2008年2月 »