« 最近、車で聞く(歌う)曲。 | トップページ | 宮部みゆきさんの小説片手に、国立科学博物館へ。 »

ハリーポッター最終巻、読みました。(ネタバレなし)

ご無沙汰してます!
夏休みになり、やっとPTAだけは一段落。
みなさんお元気ですかー。私は元気ですー。

ひさびさの更新は、
7月21日に発売された、ハリーポッターの最終巻、
『Harry Potter and the Deathly Hallows』。

UK版でやっと読み終わりました!持ち歩くの重かった(笑)。

1,2,3巻は文句なく面白く読み、
4巻で「うーん、ちょっとマンネリかなあ」
5巻で「この巻、最悪。もう読むのやめようかな」
と思いましたが、最後まで読めて満足です(^^)

6巻7巻はローリングさんの筆の冴えが戻ったと思いました。
4、5巻の展開がもたもたした感じや、
必要以上の暗さがなくなって、読むのが楽しかったです。

6で予想したことが大体当たっていたので、
私にとって7巻は意外性はあまりなかったんですが、
33章の終わりから34章の初めではちょっとびっくり。
えーっ、そんな・・・という感じ。
35章からの展開は評価が分かれるかなー。
とは思いました。

あの人が活躍するんだよ、とかいろいろ書きたいけど
これ以上書くとネタバレになるので書きません!

ぜひ、日本語訳を待たずに読んでください。

ハリーポッターが好きなカナダ人がいて、
その人はUS版で、すぐに読了。
私が読み終わるまで感想は一切言わないよ、
と言われていたので、
来週会って話すのが楽しみです。

|

« 最近、車で聞く(歌う)曲。 | トップページ | 宮部みゆきさんの小説片手に、国立科学博物館へ。 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「英語」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!

先に読み終えられてしまった!
僕はUS版です。重たいんですよねえ・・・

でもあの挿絵に慣れてしまうと、UK版には
移れない・・・

僕も頑張って読み終えますね。

投稿: Husky | 2007年8月 4日 (土) 20時47分

もう沖縄からは戻られたんでしょうか。
いいなあー。

私は1から全部UK版で。でもUS版の方が、日本人には名詞もイディオムも、なじみがあって読みやすいんじゃないかと思います。

UK版だとtorchが懐中電灯、windscreenが車のフロントグラス、trainerがスニーカー、Father Christmasがサンタ・・・など、戸惑いました。毛布の中で使ってるから「たいまつ」じゃないなーとか、足の話だからシャツのトレーナーのはずないとか読めばわかるし、それも楽しかったですけど。
でもhuskyさんはオーストラリアにいたから大丈夫かも。オーストラリアって、名詞はイギリス英語的じゃなかったっけ。

投稿: ぼくてき | 2007年8月 5日 (日) 00時05分

こんにちは、ご無沙汰しております。
更新されていて嬉しいです!
私はハリー・ポッターを読んでいないので、ここにコメントするのはどうかとも思ったのですが、ご挨拶を書ける場所が分からなかったのでこちらに……。
ぼくてきさんは夏バテなどされていないようで何よりです。私は夏が苦手なので、早くもばてそうです。ブログ、更新が遅れがちですみません。またお時間がありましたら、覗いてやってください。ではまた!

投稿: yumemi | 2007年8月 5日 (日) 19時30分

yumemiさん
ご無沙汰していてすみません。コメントを残してくださると本当うれしいです。
私も外の暑さと、職場などの建物内の寒さのギャップには閉口してます。
また日を改めてサイトに伺いますねー。

投稿: ぼくてき | 2007年8月 6日 (月) 00時04分

ぼくてきさん

土日に必死で読みましたが、まだまだ先は長いです。
ようやく1/3読んだかどうかくらい・・・

そうです、オーストラリアは単語も綴りもイギリス式です!
学生時代に英語嫌いの僕にとっては、オーストラリア英語が
”ちゃんと”勉強した英語なので、馴染みがあることは確かです。

投稿: Husky | 2007年8月 6日 (月) 12時59分

Huskyさん

一巻に戻って読み始めてしまいました(^^;)
初めて読んだ時は、最初の数ページで物語に入リ込めず苦しかったなあ・・・。でも、全部わかって読み返すと楽しく読めました。
トリビア的にはPut-outerの名前が7巻で変わってることに気がついたり。

全部終わったら、ブログに是非感想をアップしてくださいねー。

投稿: ぼくてき | 2007年8月 8日 (水) 20時23分

ぼくてきさん、こんにちは!

しつこくコメントしま~す!
やっと読み終わりました!
通勤のカバンがようやく軽くなりましたよ(^^)

期待を裏切らない結末でしたね。

ですが、結末以上にそれ以外の部分がすごく良かったと思いました。

詳しい感想はそのうち自分のブログでもアップしますね。

投稿: Husky | 2007年8月21日 (火) 12時56分

更新さぼってるのに、来てくれてありがとう~。

>結末以上にそれ以外の部分がすごく良かったと思いました。

完全無欠な超人キャラを作らないところ、
二重スパイキャラの「彼」の人格の描き方、
能力が問題じゃなく、最終的には使命感とか自分がこうありたいと思う気持ちの強さが問題なこと(だから、最後に決定的ともいえる役目を果たすのが、あの情けなかった「彼」だったりするわけで!)などなど。

私も、いいなあと思いました。

・・・でもね、作品全部通して見て「ほぼ完全無欠!」に近い人を探すと結局ハーマイオニーだったり、リリーだったりするわけで。さすがに女性が書いた作品だなあ、なんて変なところで面白がったりしちゃうのでした(^^)

投稿: ぼくてき | 2007年8月21日 (火) 22時42分

はじめまして。
私は全巻どれも面白く読めたのですが、読み返してみたとき、「賢者の石」は序盤がだらだら続きすぎたような気がしました。映画のほうがさっぱりしていて気に入っています。

投稿: Emi | 2007年9月26日 (水) 20時25分

emiさんはじめまして。
ご訪問ありがとうございます。
私は一巻目、最初はすごく入りにくかったのですが、ストーリーがわかってからの再読では気になりませんでした。むしろトリビア的なところに目が向いて・・・。
ハリーポッターのブログを開いていらっしゃるのですね!時間の取れる時にゆっくり訪問したいです。

投稿: ぼくてき | 2007年9月27日 (木) 00時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131466/15996798

この記事へのトラックバック一覧です: ハリーポッター最終巻、読みました。(ネタバレなし):

» ハリーポッター 7巻感想 その1 ネタばれなし [オレンジカウンティで気ままに生活]
一昨日の夜中、やっと読み終わった。 待ちに待ったハリーポッター7巻、とうとう読み終えてしまった…。 最終巻が出るのはいつのことなんだろう…と果てしなく先のことのように思っていた。 そして遂に7巻を手にした時は、とても懐かしい気持ちを思い出した。 小学生のときダブルラジカセを買ってもらって感じた”本当に私のものなの?信じられない”という気持ち。 欲しくて欲しくてやっと手にした時、夢じゃないかしら??と思うもの。 なんだか童心に返ったようでうれしかった。 眠れない夜は目を閉じて、ハリーポッターの続きを... [続きを読む]

受信: 2007年8月 5日 (日) 01時18分

« 最近、車で聞く(歌う)曲。 | トップページ | 宮部みゆきさんの小説片手に、国立科学博物館へ。 »