« 田口ランディさんの『ソウルズ』。 | トップページ | ひさびさ、ご挨拶更新。 »

オルセー美術館展のことなど。

3月はろくに更新できないまま、もう4月。ちょっと積み残したことを書いておきたくなりました。

*****

3月の三週目の週末、上野の東京都美術館に「オルセー美術館展」を見に行きました。混んでいて入場制限までしていました。

パリのオルセー美術館には二回だけ行きました。そちらは何回でも行きたい大好きな美術館ですが、東京都美術館の今回の特別展は、印象派と呼ばれる人達の有名な作品を、まんべんなく数点ずつ展示しただけの印象。一応テーマには分けていましたが。ちょっと不満。

たとえば、モネの「ルーアンの大聖堂」。
これが一枚だけ飾ってあってもねー。などと思ってしまったんです。あれは、大聖堂に当たる光(の変化)を描いているのだから、何枚か並べられて、はじめて作品の意図が凡人(私)にも伝わるのに。せめて二枚は借りて来てほしいし。

こういう展覧会は、音楽でいえば年代別、一枚だけのコンピレーションアルバムを聴いている時のような感じです。総括的でいろいろ触れられて、その年代の雰囲気は伝わる。一つ一つもとってもいいんだけど・・・あれ?このアーティストはこの曲?・・・で、これ一曲だけなの?という感じ。

・・・もっとも、好きなだけ借りてきたら本場のオルセーがスカスカになってしまうわけで、この感想は限りなく「イチャモン」に近い(^^;)。関係者の皆さん、ごめんなさい。

ところで、私が好きな画家の一人、ロートレックの絵も『ポール・ルクレルク』が来ていたくらい。この絵もいいんだけど、オルセーにはコーナーがあったし、もっと持ってきてほしかったなあ(これはもう、極個人的なワガママイチャモン)。

*****

ロートレックといえば。

好きな画家を聞かれて、ロートレックとか・・・と、昔ある外国人に言ったら「えー、でも彼の絵は漫画(cartoon)みたいじゃない?」と、バカにしたように言われたことがあります。もともと私の好きなものは微妙に(はっきり)B級っぽいんですが、ロートレックもそういえばB級的な味があるかな。

彼の絵は、確かにかなり漫画的。表情がリアルで動きも感じるんだけど、なんとなく描きかけみたいな雰囲気がある絵が多いように思います。本当に描き込みたい人物や、人の表情だけ一生懸命描いて、あとは投げやりな感じだったり。同時代に同じくポスターもてがけていたアール・ヌーボーのミュシャの絵がどこまでも美しくて細部まで完璧に仕上げている印象なのとは対象的。

デザインも色も美しいけど、人の表情なんかはとてつもなくリアルで醜かったりするし、どこか全体的にふざけてる。ふざけているけど、なんとなく悲しい。でも、悲しくて暗いのに、全体的にはそれほど深刻そうじゃない。

ロートレック本人がたぶんそういう方だったのではないかと思うけれど、彼の絵には深い悲しみを知ってる上での明るさみたいなのを感じる。逆かもしれないけど。

そんな彼の絵の「まあいいじゃない、人間も人生も一面的なものじゃないよね?」的な雰囲気が好きなのかなあ

今回来ている『ポール・ルクレルク』は、かなりまともな?絵です。タッチも青い色も好きですけど。
*****

オルセー美術館展は4月8日で終わります。東京では桜もすでに散り始め、今しかない!という感じだし、上野も東京都美術館も混んでるだろうなあ。

|

« 田口ランディさんの『ソウルズ』。 | トップページ | ひさびさ、ご挨拶更新。 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。「金魚 太った 沈む」で検索をしたら、あなたのブログにヒットして、2005年9月の「金魚もカビル」のブログを読ませてもらいました。
うちも昨年の8月の出店で金魚を子供が買ってきてから、今日まで元気に生きてきてくれてたんですけど、3日程前から体のエラのあたりに白いものがついてて、ほとんど沈んでばかりで泳がなくなっちゃって。。それで今日よく観察してみると、やはりカビがエラにくっついてました。だから、つまようじでカビをとってあげたら、前よりは元気に動き出したんですけど、やはり沈んでることが多いです。塩をいっぱい入れたと書いてましたけど、効果があるんですか?なにかいい方法あれば教えてください。こんなに長生きするとは思ってなかったのに今日まですごく元気だったから、沈んでばかりで家族みんなで心配してます。
よろしくお願いします。

投稿: シュウ | 2007年4月 8日 (日) 19時21分

お返事遅くなり、失礼しました。
カビにある程度塩がきくのは確かだと思います。魚の図鑑などにも、病気に塩を使うよう書いてあるようですし。
ウチはカビに塩が当たるように塩を振って、その後信じられないくらい元気になりました。何度か水を替えながら塩をふりましたが、水溶液の濃さとしてはそんなに濃くしていないと思います(正確な濃度はわかりません。)
ホームセンターなどの金魚のコーナーに行くと、いろいろな薬がでているので、そちらを使った方が確かだとは思います。元気になるといいですね。

投稿: ぼくてき | 2007年4月 9日 (月) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131466/14502623

この記事へのトラックバック一覧です: オルセー美術館展のことなど。:

« 田口ランディさんの『ソウルズ』。 | トップページ | ひさびさ、ご挨拶更新。 »