« マスコミって。 | トップページ | フンデルト・ヴァッサー展 »

『アフガニスタンから世界を見る』を読む

今日読み終わった本は毎日新聞の春日孝之さんの『アフガニスタンから世界を見る』。

日本を含む西側諸国からは、バーミヤンの大仏破壊やビンラディンとの関係から『悪』というイメージしかないタリバン。
この本の前半では、アフガニスタンという「民族の十字路」の国が、大国のパワーゲームに巻き込まれた後に内戦状態になっていた中、タリバンがどんな考えのもとに生まれ、どのように全土の9割ほどまでを「制圧」していったか・・・大仏はどんな状況下で破壊されるに至ったか・・・などの話が、タリバン側からの視点で語られていて興味深いです。

結局タリバンが政権として国際社会に認められなかった背景はビンラディンとの関係。本の後半は9・11以後の状況。長くタリバンを支援していたパキスタン政府も、アメリカとの関係を優先させる形になってタリバンを見捨てます。もしビンラディンがアフガンに留まらず、穏健派がうまくタリバン政権の舵とりをしていたら・・・パキスタン政府のように、微妙な(姑息な?)舵とりをタリバンがしていたら・・・そんな可能性まで考えたくなります。

この本の視点もある意味で偏っています。でも、もし普段「善玉」「悪玉」的な物の見方をさせられるようなニュースばかりを見ているとしたら、反対側に偏った見方を入れることが、視点を「真ん中」に戻すことに役にたつわけで。

タリバンがいいとは思わない。でも、いろいろ紛争や内戦や圧政のある国を見ていると、歴史の流れは地域によって違うんだという当たり前のことを感じないではいられません。そこに「西洋・現代」的な秩序や善悪の判断を持ち込むことに違和感を感じるんです。たとえば・・・現代人が鎌倉時代に行って、平氏虐殺の罪で源頼朝を捕まえて断罪し、鎌倉幕府は悪だ!と言ってつぶしちゃうみたいな感じ。鎌倉幕府をつぶしても、一気に現代は来ないんだよ!!解決にならないんだよ!!という感じ(日本は複雑な多民族国家ではないので、上手い喩えにならないけど)。

だからって国際社会が何にもしなくていいのか。確かに。でも、何かするほど事態が悪くなることも多いような気がします。大体、介入する動機も仕方もご都合主義だし。

少し前の読売新聞に、パキスタンがアフガン難民のキャンプを閉鎖するという北川学さんの記事が載っていました。難民のキャンプが、タリバ(-)ンの「聖域」になっているというのが閉鎖の理由で、しかしキャンプを追われる人達は帰る場所もないし、治安の悪いアフガニスタンに帰りたいという気もなくて困っている。キャンプを閉鎖すれば、むしろテロリストは拡散するという意見もある。というレポートでした。この記事をきっかけにして、『アフガニスタンから世界を見る』を手にとったのですが。

現在、アフガニスタンも、イラクも、治安がひどく悪い状態。タリバンのアフガニスタンがいいとは言わないけど、フセインのイラクがいいとは言わないけど、「正義」が「悪」をやっつけて安定させようとした(?)結果がこの状態。まあもともと、「悪」の武器をたどっていくと「正義」の方から流れてたりするわけで。

同時多発テロで国家威信を傷つけられた米国。しかし「パキスタンやアフガンから見ると、米国は軍事的な世界戦略という面で、計り知れないメリットを受けたとの印象がある(p148)。」と、『アフガニスタンから世界を見る』の本文にあります。パキスタンに軍事プレゼンスを確保することは、中国へのけん制にもなるというのです。なるほどなあ。もちろんこの見方だって偏ってるのは百も承知ですが、なるほどなあ。たしかに「テロの対策」というのが魔法カードみたいになっている。

*****

この本はすごく面白いのですが、読みやすくはない印象がありました。元の知識が足りないとか忙しいとかのせいもありますが、厚い本でも難しくもないのに一週間くらい持っていました。話が行ったり来たり重複する印象があったり、本人が取材したものとそうでない聞き書きの部分がちょっとぼかすように書いてあったり。せめて年表がついていたらもっと読みやすいのに。

・・・って、これだけ話にまとまりがない私に言われたくないだろうなあ(笑)。

|

« マスコミって。 | トップページ | フンデルト・ヴァッサー展 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131466/14154771

この記事へのトラックバック一覧です: 『アフガニスタンから世界を見る』を読む:

« マスコミって。 | トップページ | フンデルト・ヴァッサー展 »