« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

マスコミって。

夕方とあるチャンネルのニュースを見ていたら、2006年トリノオリンピックのスキーの銅メダリスト、トビー・ドーソンさんの実の父親が見つかったことを伝えていました。

その中で、「ドーソンさんは、実の父親のことを会見で「biological father=生物学的父親」と呼び、複雑な胸中を見せていましたが・・・」って言ってたんですけどね。

某局さん。これは、北米では日本語の「実の父」に当たるフツーの言い方で、この表現自体に「複雑な胸中」なんか込められてないことを断言させてもらいます。

たまたまこの表現を知ってるので思いっきり揚げ足をとらせてもらうんですけど(笑)

知り合いのカナダ人は、初めて会ったころ、再婚相手の人の娘と区別するために先妻との間の愛嬢のことを「biological daughter」と言っていました(私が名前を覚えたので今は名前で話しますが)。私も初めにこの言い方を聞いた時はびっくりして「それ、フツーの言い方?」と本人に確かめ、「日本語に直訳すると、硬くて冷たくて妙な言い方になるんです」と説明したことがあります。

マスコミさん、ちょっと確かめれば済むことで、いい加減な報道をするのはやめましょうよ。個人が「ヨタ話」をしてるのと違うんだから。

ついでに、英語がらみで別のいちゃもん(^^;)。ここ数年とってる某・週間英和新聞。これの脚注が時々(いつも?)ひどいんです。ニュースだから、時間のない中やっていて間違えもあるんだろうと思っていたんですが、真逆の意味になってたり、文の流れでどう考えてもおかしいとわかる訳がついていたり。

でも、コンパクトに時事英語の表現がわかるし、特集記事がとてもいいのでとりつづけているんですが。でも、いまだ脚注を重宝してる程度の私が、辞書ひかなくてもわかるようなウルトラ誤訳をつけるんじゃない!と言いたいんですけど。

うーん。しかめっ面をしたようなエントリーがつづいちゃった(笑)。ごめんなさい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ワードのスキルアップ。など。

気がついたら、もう二週間近く更新していません。

仕事の内容が今ちょっと大変なのと、PTAの仕事がちょっとたてこんでいたりしました。
でも、今年のPTAの仕事は、本当に「この程度、何でもない」という感じ。

数年前、小学校の執行部の役員をやったんです。
それと比べると、一般的に言って、今回のような部会は「背負ってるもの」も「仕事の量」も全然違うんです。まあ、メンバーも大事ですが、基本的には「できない時は大丈夫だよ、私やるから!」と言える程度の全体の仕事量ならうまくやれるわけで(笑)。

本当に執行部(会長・副会長・書記・会計)はいろんな負担が重過ぎる。

何でここを強調して暗くなってるかというと、また来年度のPTA執行部のやり手がなく、今年の役員さんに泣きつかれて役を引き受けてしまったから。こうなるのが怖くて、今年「普通の部会」の役を受けたのになあ(涙)。

以前、大学の友人に、小学校のPTA執行部の書記をやっていた話を聞きました。
三人の書記のうち残りの二人に「私たちワードができないのよねぇ~。○○さんはスイスイ出来るからぁ~」と言われて、議事録から会報から何から全部一人でやらされているうちにストレスと忙しさとで入院してしまったって言っていたなあ。笑えない。

来年度のPTA執行部に関して、実際に悲惨な状況がたくさんあるんですけど(泣笑)ネットなので書けません。「人の不幸は蜜の味」なのに、披露できなくて残念~(笑)。

でもひたすら暗くなっていても仕方ないので、ワードのスキルアップを図って、いろいろ本(雑誌)を読みあさってました。
スキルアップと言っても、テキストボックスやクリップボードの使い方とか、段組の仕方とか変形の仕方とか、ルビの裏ワザとか・・・ちゃんと使える人ならご存知のことばかりですが。ためしに今年のPTAの仕事にも使ってみたりして、ちょっと楽しみました。普通に文章打つのには仕事でも使いますけど、あんまり華やかなカラー文書などには縁がなくて。

インターネットにあるフリーの白黒イラストで、PTAの印刷文書に使えそうな画像を沢山ダウンロードしてためたり。

けっこう心配症な私^o^

まあ一年限りのことだし。何とかなる。どうってことないわ。だいじょうぶよ。心配ない。
(この繰り返しが気の重さを物語るわけで^^;)

さて、今日夕方5時ごろ、子どもをスイミングに送りに行く途中、今年の執行部の会計さんと書記さんが、それぞれ別の交差点で安全管理をしているのを見かけました。

頭が下がります。

でも・・・そういうこと全て執行部がかぶっちゃうから、引き受け手がなくなるの当たり前なんだよぉ!と、また暗~くなっちゃう「来年度執行部」なのでした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

杉花粉にも思い出にも浸る伊豆。

三連休は、伊豆に二泊して、帰りに熱海の梅園で梅まつりをみてきました。天城の方でも河津桜祭りか何かをやっていたようなので、ちょっと迷いましたが。

梅は五分咲き。梅園沿いの道路には、熱海桜?が満開でもう散り始めていてきれいでした。伊豆の桜は、梅と時期がちょっと逆転するようです。梅園近くの駐車場は混んでいますが、3キロ先の無料駐車場からは無料のシャトルバスが出ていて便利です。昨日は甘酒、お汁粉の無料サービスもやっていましたが、どちらもあまり好きではないので残念ながらパス。梅園の中の人工滝は、岩の中から滝と梅が見えて面白いです。

休みに伊豆にばっかり行っているのは、ここの宿がとてもいいから。
プール・テニスコート・ミニゴルフ・露天岩風呂とサウナつき浴場・マッサージ機・トレーニングマシン・乾燥機つきランドリー・カラオケなどがあって、食事がおいしくて、バルコニーつきオーシャン・ビュー、和洋折衷でベッドも無圧布団もあるお部屋。

で、高くない(←ここが家族連れにはポイント)。全く文句なしです。

ところが、悪いことはできないもので(って悪いことしてないけど・・・)、今回は伊豆に杉花粉を迎えに行ってしまったようなのでした。「杉花粉センサー」と呼ばれているワタクシの繊細な呼吸器が、反応しまくりで、悲惨でした。

まだ二月の半ばにもなってないのに(涙)。帰ってきたら、東京もちょっと飛んでいますね。はあ。

花粉が飛びはじめると、なんだか常に眠く、なんでも面倒臭くなって。今年もそんなに多くは飛ばない、といわれているので、ホント、それに期待したいです。

*****

ところで。

運転していて眠くなった時の夫の眠気解消法は、大昔の曲を歌うこと。
伊豆からの帰り道、懐かしの「チューリップ」と「風」のベストをサウンド・コンテナに落としながら熱唱していました。

最近、歌い方が濃くなる一方の(=演歌入ってる)夫。
大昔歌った曲は普通に歌えるんだなあ、と感心。

というか、「風」(というよりフォークソング)はもともと演歌なのか(^^;)。

「海岸通り」
「君と歩いた青春」
「あの歌はもう歌わないのですか」

改めて、名曲です。
演歌だけどね(しつこい)。

*****

で、話はどんどん脱線します(笑)
「風」の曲にまつわる大昔の思い出話をひとつ。

あれは高校時代。
付き合っていた彼と別れた頃。

嫌いになったのではなかったのだけど、進学のこととか、周りの状況とか、とにかく自分のことで精一杯で、恋愛自体が負担になっていた。
付き合ったとたんに、気を遣ってくれすぎるようにも感じて。前は、もっと気楽に話してくれてて、楽しかったのになあ、なんて思ったり。
彼のことが好きな別の女の子からの、嫌がらせに近い干渉にもうんざりしていたり。
なんとなく、避けるようにしてしまっていた。

このままじゃだめだよね、と言われて、もう終わりにしよう、と返事をした。そうか、そうしたいんだ・・・わかった、とだけ言われた。

たぶん、肩の荷が下りたような気がしたと思う。ひどいね。私。

その後くれた手紙に、いままでの感謝の言葉と、うまくいかなかったのは全部自分のせいだから気にするな、とか「つまらなかっただろごめんね」なんて書いてあった。面倒になって、ただ避けて、正面から向き合って話そうとしなかったのは私だったのに。非難の言葉も言い訳の一つもなかった。バスの中で、泣いている自分がいた。

その後の学園祭のコンサートで、彼が、入っているバンドでやった洋楽とは別に、一人で歌った日本語の曲があった。初めて聞く「君と歩いた青春」だった(やっと「風」の話になりました^^;)。

曲の最後の歌詞の時、彼と目が合った(と思った)。

ほんとうに思い上がりなんだけど、この歌は私に歌ったんだ、と思った。本当にエライ勘違いかもしれないけど、感動とショックが混ざった感覚が、電撃みたいに走って体が震えた。

*****

「風」の「君と歩いた青春」の個人的な思い出でした。前フリ長すぎ(^^ゞ

ええ、もちろんかなりの確率で、美しい誤解ですとも(爆)。
もう確かめる気もないし、確かめたら「はあ?何だこの自意識過剰女!」ってことになると思うので、確かめませんよ。真実ばかりの人生なんてつまらない。ここは一生誤解したままってことで(笑)。

大体、こういうエピソードって男の人はスタスタ忘れてるのが普通ですよね。「え?そんな歌うたったっけ?」みたいに。それが一番寂しいけど(笑)。

*****

昨日、久しぶりに「彼」がこの歌を歌うのを助手席で聞いていて、実はものすごく感動していたんです。

・・・なんて真実は、本人には絶対に言わない。悔しいもん(笑)。

(もう全然伊豆と関係なくなって終わってるし^^;ゞこの混乱ぶりも、たぶん花粉のせいだってことで!)。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

東京国立博物館は歴史的お宝ざくざく。

日曜日、上野の東京国立博物館を見てきました。ここは、なんてったって1872年に開設された日本初の博物館。普通に見学できるだけでも本館、平成館、東洋館、法隆寺宝物館があり、見学は一日がかり。

ルーブル美術館や大英博物館じゃないけど、見終わる頃には国宝の山を見てもどうでもよくなっちゃうほど疲れるのが難(←もちろん、そうじゃない方もいると思います(^^;))

「中国国家博物館名品展~悠久の美~」の券をいただいたので、平成館から。平成館には初めて来ました。天井が高くて、立派な建物です。ここにはゆっくり休憩できる(飲食可)スペースもあります。

中国の新石器時代から五代までの展示では、思ったより日本の古代文化との違いを感じました。シルク・ロード文化というか、西域とのつながりがツボや金や青磁、人形(動物や兵よう)の顔などに感じられるんです。

・・・なんてわかったように言ってますが、実際は子どもと「紀元前4000年だって、古いね」「でっかいね~このつぼ、使うの大変だったろうねぇ」「おもしろい模様~」という程度の会話で、さらっと見てまわりました。

背中に取っ手のようなものをつけた座った人形もありました。
その前でのわが家族の会話。
「この背中の突起の意味についてはいろいろな説があります、だって」「これは、どう見てもゼンマイを巻くネジだね。焼き物のように見えて実はゼンマイ仕掛けなのだ」「違うよ、持つところだよ」そこで息子が「ちがうよ、これは、お○らだよ!」家族だけでなく、ちょうどその展示を見ていたご夫婦が思わずふきだされてましたが(済みませんーー;)そう言われてみると、そういう風にしか見えなくなります。案外当たってるかも(^^;)。

平成館には他に、ニュージー・ランドのマーオリ人の工芸品や彫刻など「マーオリ ー楽園の神々ー」の展示もありました。人の彫刻はモディリアーニの細長い顔みたいな感じ。ということは、マーオリ人の彫刻のデフォルメのしかたや力強さが、アフリカ彫刻的ということになるのかな。
顔に彫刻(刺青というより彫刻)をしていた人たちなのだそうです。展示室にマーオリの独特の管楽器の音が響いていて、娘はちょっと怖がっていましたが面白い展示でした。

以上二つが特別展。

平常展については詳しく書きませんが、本館も法隆寺宝物館も、「日本史」の教科書や資料集で見たようなお宝の本物が、ザクザクあります。

たとえば、「ムンクの叫び」が「シェ~」をしているような、「踊るはにわ」の本物とか!

高床式倉庫や狩をする人が線画で書いてある、あの「銅鐸」とか(息子は「あ、どうた君だ!」と言っていましたが・・ーー;)。

きれいな顔した「武人埴輪」の本物とか!

宇宙人メガネみたいな目をした土偶の本物とか!(足が一本ないのは、「休憩中」で展示されてなくて残念でしたが)

そう、派手派手な火炎縄文土器とか!

(・・・って、土偶や埴輪みたいなのばっかり・・・。)いえ、わかりやすいかと(^^ゞ)

とにかく「国宝」「重要文化財」だらけで圧倒されます。本館はずっと、イタリア?人のツアー客の波に呑まれた状態で見学することになって、ちょっと言葉酔いしました。平常展は、けっこう外国人が多かったです。

東洋館は「ミイラ」だけ見て、館内を「競歩」。そこで閉館。

いい運動、いい歴史の復習になりました。年に二回無料の日(今年は5月18日と9月17日)もありますので、行った覚えがないという方は、是非一度お運び下さい。たまには面白いです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

酔っ払いの戯言。

久しぶりにワインを一本ほとんど一人であけながら、BSでゴールデン・グローブ賞を見てよっぱらってます(*^^)~。夫はビールと、ワインを一杯チャンポンで飲んでから電子ピアノを弾きまくってます。私は酔ってるついでに更新(どんな夫婦なんだ)。

酔ってるとなぜか全部英語が聞き取れるような気がします。たぶん勘違い(爆)。途中まで、簡単な部分をリピートして子供に意味を言わせたりしていましたが(腐っても・・・酔っても教育ママ)、10時に寝せました。

アメリカ人でありながら、ちゃんと日本からの視点で『硫黄島からの手紙』を撮れるクリント・イーストウッドはすごい。偉い。ダーティ・ハリーのクリントを見ている時は(好きでしたが)こんなに知的な人だとは思いませんでした。どんなシワシワになっても、中身のある人は本当に素敵だ!

レオナルド・ディカプリオも、才能のある俳優だと思います。少年の頃の若い男性としての魅力はもう全くないけど(ごめんなさい)、この人はもともと・・・ギルバート・グレイブで見たように性格俳優的な俳優さんなのだと思うんです。たまたま若い時ハンサムだっただけで(笑)。不評だったギャング・イン・ニューヨークも好きだったし、あのcon game(詐欺)の映画・・・なんだったっけ。忘れた。あれも好きでした。Growing Pains(愉快なシーバー家)に出ていた頃の可愛さやせつない魅力、タイタニックの時の若い男性の魅力はないけど(しつこい)、この人こそはポスト・ジャック・ニコルソンだと思うんです(褒めてます)。インタビューなんかを聞いていても、役者として好きです。アカデミー賞がんばれ!

あと・・・『カレンダーガール』にでてた主役の女優さんが賞をとっていたような気がしました。彼女も好きです。

以上、完全に酔っ払いの文章、ご容赦。

****

東野圭吾さんが、たしか『ゲームの名は誘拐』の中で、・・・まともな文も書けないドシロートがインターネットに駄文を垂れ流し・・・みたいなことを書いてましたが

まさに私のことです(苦笑)。

あ、ちなみに『ゲームの名は誘拐』も読みやすくて面白いですよー。

****

なんでこんなに飲んじゃったかというと・・・。なんとなく気分がずっと沈んでいて(アル中かい)。

年明けから、お葬式もあり、脳卒中になった知り合いがいたり、考えさせられることが多くて。さらに新年ママ会で近所のお父さんもジョギング中に亡くなったと聞き。

また、PTAのやり手のない執行部をまた頼まれ、うっかり引き受けてしまい。本当はPTAは、全く体質に合わないんだけど(ーー;)。

****

でも、酔っちゃうと、全て「ま、いいかあ~」と思えるんですよね^^;(「そりゃまずいでしょ」)。

母は気真面目な人で、全く飲めない体質でした。こういうストレスや悲しみを全部まともに感じていたんだろうなあ・・・かわいそうに。私も気真面目な人間なんだけど(爆)飲めてよかった(^~^;)。

適度なお酒は人生の救いですね。

****

本当に支離滅裂なエントリーで済みません(苦笑)。明日は子供を連れて上野に行く予定です。上野へ行くみなさん、明日お会いしましょう!?・・・では、寝ます!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »