« JJ CALE & ERIC CLAPTON! | トップページ | くさい×3。 »

久~々に国立(くにたち)をぶらぶら

夫が夏休み(って今何月なんだ!)をやっととって一緒に休んでいるのですが、
こんな時にかぎって風邪をひいて絶不調の私。

連日天気もいいのにもったいない(T T)。
月曜日は年末に向けて、窓・雨戸・カーテンの洗濯・・などを手伝ってもらったのですが、
昨日はふと思いついて、懸案の?国立(くにたち)の散歩に二人で行ってみました。
Vfsh0189

9月ごろ工事が始まる前に、車で行って、駅舎の写真だけは撮ったのです。
電車で改めて出かけた昨日はもう、三角屋根の上の△だけがちらっと見える程度になっていました。

さみしいなあ。

それにしても北口のマンションの大きいこと。
北口の打ちっぱなしにもよく行ったのに。

さみしいなあ。

南口を降りて、まずは大学通りの西の歩道から、一橋大学の門あたりまで歩きます。

「たましん」のトトロとメイのディスプレイを眺め。
Vfsh0184

ここで、おそるおそるブランコ通りの方に折れてみると・・・。

まだあった!邪宗門。知る人ぞ知る、むかーーーーしからある喫茶店です。
ロージナ茶房もあった。
なんだかホッとします。

ブランコ通りの雰囲気はあんまり変わってなかったです。でも、ちょっと店舗は変わったかも。

ギャラリーきたがわさんというところで、ステンドグラスや陶芸など四人の作家さんの展示販売をしていました。陶器などもよかったのですが、小島厚子さんの「創作レザーアクセサリー」のところにあったペンダントがとても雰囲気があって気に入ってしまいました。ペンダントトップがレザーなのですが、金属にしか見えません。しかも軽い。デザインは大胆で、ユーモアがあって、しかもシック。

夫そっちのけで、さんざんその作者さんと話込んだ後、猫のペンダントを購入。5800円。ひもの長さを好みで変えてくれて、アジャスターもつけてくれました。写真はできればやめて、とのことなので載せませんがこちらで少し見ることができます。ことわざを絵にした、ちょっと笑える(けどよく見ないとわからない)ペンダントなどもオリジナリティーとユーモアがあっておもしろかったです。

増田書店はブランコ通りを抜けた時点で気づかず通過。行き損なってしまいました。
洋書の絵本がある銀杏書房も健在。ちょっと高いんですが、いろんな絵本があります。

紀ノ国屋(食品)。ここも昔からある店。私の好きなゆずジャムが500円以上で売っていました(いつも300円で同じもの買ってるなあ)。何でもちょっと高めですが、昔から輸入食材がちゃんと買えた店なんです。ここでは前にブログで書いたトムヤンクンペーストなど購入。

一橋大学の手前のところに、入ったことのないお店ができていました。
George's という雑貨店です。
ここも見飽きませんでした。一階のステーショナリーや小物、二階のファニチャーや料理グッズみんなすごくセンスがよくて。売り場も広くて開放感もあって。ここでは、仕事のカバーに入ってくれた同僚3人に小さいプレゼントを購入。無料で、大げさすぎないプレゼント包装をしてくれました。
ちょっと気の利いた小物を探すにはお勧めの店。

ここで、大学通りをわたって東側の歩道へ。

あれ、ポポロビルの中って洋服売ってる店が入ってなかったっけ?なんて思いつつ眺めているうちに。
あるものを見かけてちょっとびっくりして頭が真っ白になっているうち駅についてました(って、わけわからなくてすみません。笑)。

風邪ひきの具合の悪さも戻ってきましたが、駅まで戻ったところで、気をとりなおして東側に斜めに延びている旭通りへ。

この通りには、昔は古本屋さんがいっぱいあったのですが、残っているのは二軒くらいでした。うち一軒は閉まっていて、本当にやっているのかどうかわからなかったし・・・。

画廊に一軒立ち寄って(準備中だったのに、見せてくださって、お茶までいただいたのです。なのに、名前がわからなくなってしましました。ごめんなさい(TT)こんど調べます)、インドざっかの店でペンダントを買って(100円(^^)ゞ)駅に戻って。

最後に、駅を出て右手のDisk Unionに寄りました。ここもまだやっていて、しかもLPを扱っていることに驚きました。

セキも鼻も頭も?悪化して、西側へは行かず、火曜日の「国立再訪」はここまで。
もっと体調がいい時に行けばよかった。

でも、古い店もそのままあって、なんだか安心しました。

国立も本当に適度に田舎っぽい雰囲気の、いい街です。
けどもう当分は行かないだろうな。
そんなに遠くはないんですけど・・・。

(写真も撮ってきたので、そのうち入れる予定・・・ですが未定です^^;)。

16日追記:
文中の、旭通りの画廊の名前は「KIZNA(きずな)」でした。NTTの反対側で、少し駅よりのヒロセビル6F。
エレベーターで上がっていくと、こじんまりした展示スペースがあります。オーナーの方はすごく雰囲気のある誠実そうなおじさま。
「木曜からなので、まだ説明もつけてないんですが、よかったら見て行ってください。」と言ってくださって、お茶まで出してくださいました。16日からパステル画中心の展示をされる方がちょうどいらっしゃって、お話出来て楽しかったです。オーナー様、絵のトバールさん、どうもありがとうございました。

|

« JJ CALE & ERIC CLAPTON! | トップページ | くさい×3。 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

 実は、私、むか~~しむかし、1年ほど国立に住んでおりました。
北口の線路沿いに。
中央線ですから、貨物も含めて列車が通らない時間が夜中の2~3時間だけだったような記憶があります。
こんなところに住めるんかい!!と思っておりましたが、1週間もたてば、毎日熟睡していた遠い独身時代の思い出です。(笑)
大学通り、富士見通り、旭通り・・・懐かしく読ませていただきました。
でも、 あの駅舎をもう見ることが出来ないのは寂しいです。

投稿: ハロハロ | 2006年11月16日 (木) 10時08分

こんにちは!

へえー。世間は狭いですね(^^)。北口は国立ゴルフっていう、打ちっぱなしにちょくちょく行ってました。

本当にどうってことのない駅舎なんですけどね。桜並木の間に見える三角屋根が、ずっと国立の顔でしたから。寂しいです。

投稿: ぼくてき | 2006年11月16日 (木) 17時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131466/12704200

この記事へのトラックバック一覧です: 久~々に国立(くにたち)をぶらぶら:

« JJ CALE & ERIC CLAPTON! | トップページ | くさい×3。 »