« To Bee Or Not To Bee | トップページ | 10月1日都民の日。その1『カポーティ』をやっと見る »

やってまいりました檜原村『都民の森』。

9月30日。映画『カポーティ』がやっと公開だな・・見たいな・・などと考えながら、わけあって(たいしたわけではないが)何故か「やってまいりました『都民の森』」。

とにかくひたすら五日市街道を車で西へ走ります。ウチの方からだと、ずっと下を通って2時間半~3時間。立川付近からなら1時間(半)くらいで着きます。

武蔵五日市の駅を過ぎると「え??どこまで来ちゃったんだっけ?」というほど、山の中に入っちゃうが東京の面白いところ。「東京都」の次にいきなり「村」がつくのは檜原村だけなのです。

『東京都檜原都民の森』は、1990年5月にできた、比較的新しい都の施設です。駐車場も施設内も全て無料。いいでしょう。

駐車場から、すこし登った所に「森林館」という設備があります。そこでは丸太をのこぎりで切ったり、お弁当を食べたりできます。

丸太を切った部分は持ち帰ることもできます。

Vfsh0145 森林館には、いろいろな学習資料も置いてあります・・・これは剥製の動物達。

確かに勉強にはなるけど・・・自然死してから標本にしたんだと思いたい。

Vfsh0146 森林館と渡り廊下?でつながっているのが、木材工芸センター。

ここでは、無料で木のキーホルダー作りが出来ます。葉書大程度の板とキーホルダーのパーツを一人一組渡してくれるので、備え付けの糸鋸でつくります。

いろいろな「型」が置いてあるので、絵心がなくても大丈夫。鉛筆、けしごむ、仕上げのやすり、なんでも揃っています。

Vfsh0143 Vfsh0144

本日の作品です。ラッコと犬とウサギが家族の作品。

私のはふくろうと葉っぱとギター。

ギターは、他の方が切ったあと、捨てた部分で余分に作ったんです。このあとサウンドホールの部分に小さな穴を開けていただいて、大満足(*^^*)。

森林館でお弁当を食べたあとは、1時間くらいの散策コースから、三頭山登山を含む4,5時間のコースまで、自然散策にはもってこいのコースがいくつもあります。

お子さんにお勧めなのは、アスレチックっぽい道具がある『冒険の森コース』。でも、下の子が小学一年の頃初めて来たときは、ちょっとひやひやしました。無理をしないように適当にパスしながら進むといいです。

Tomin_3 坂道をちょっと歩いてるだけで息が上がってる自分が嫌い(笑)。子供たちは走って上って行くというのに・・・。

帰り道、秋川の近くでお祭りをやっていました。屋台がたくさんでていましたよ。

Akikawa 楽しそう。降りたかったけど、車を止めるようなところはなくて残念。

今日は自然の中で心地よく疲れました。

お天気の日なら、『都民の森』は文句なく楽しめて気持ちのよいところです。

でも、高度が高いので、街中とは気温がかなり違います。これからお出かけの方は、防寒着をお忘れなく!

|

« To Bee Or Not To Bee | トップページ | 10月1日都民の日。その1『カポーティ』をやっと見る »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131466/12102367

この記事へのトラックバック一覧です: やってまいりました檜原村『都民の森』。:

« To Bee Or Not To Bee | トップページ | 10月1日都民の日。その1『カポーティ』をやっと見る »