« うろこ雲の下、美術館などへ。 | トップページ | ぐるっとパスの週末。北の丸編。 »

「ぐるっとパス」ホルダー作成

「ぐるっとパス」を買ったところでいただいた封筒から、パスがはみ出すのがいやで。ちょうどいい大きさの入れ物がお店で見あたらなかったので、「ぐるっとパス」ホルダーを作ってみました。

って、ただの袋ですけど。

Vfsh0119 Vfsh0120_1

地味(^^;)。売り?は、中仕切りがあること。中仕切りは二つ折の布なので、下から硬い材質の板を入れて縫ってしまえば、コンサートのチケット入れにも最適!(自画自賛)

昨日は布の上に「ぐるっとパス」を乗せて、適当に作ったのですが、アップするために採寸しました。では、作り方。

材料: 

布(写真は100円ショップで買ったデニムの四角いはぎれ。それで3つは作れます(作らないけど))。糸。 ホック2つ。中仕切りに入れる板(8.5×21.5くらい)古いクリアホルダー2枚重ねて切るなど、お好みで。なくてもいい。)

道具:

ミシン(なければ、針一本。)

作り方:

① 布を26cm × 51cm に切る。(脇を袋縫いにしない場合は、幅24cm)

② 26cmの側の片方だけ適当に三つ折にして縫う。これは袋の口の部分。

③ 出来上がりの姿にパタパタ折る。表から見て9cmの幅で山折(折った所が底になる)、谷折(中仕切りの上)、山折(これも底)。余った部分がカバーになる部分です。中仕切りに板を入れる場合は、ここで板を入れて底の部分を縫ってしまうと楽。そのあと、サイドの部分を、縫い代5ミリで表から縫ってしまいます。カバーになる部分はほっとく。

④ ひっくり返して、裏からもう一度縫う。③の5ミリの縫い代が、隠れます(袋縫いです)。

⑤ カバーの部分の両サイドを5ミリ幅の三折にして縫う。袋縫いのところとうまくつなげる。少し切り込みを入れると楽。私はここは手縫い(和裁のくけ縫いみたいに糸を折目の中に入れ、表にあまり糸を出さないと仕上がりがきれいですが、それは好みで)。

⑥ カバーの、ホックをつける部分を三折にして、凸ホックの場所を決めます。三折を縫う前にホックをつけると楽です。

⑦ 三折部分を縫って、凸ホックが当たる場所に凹ホックをつける。

出来上がり!

カバーをホックで止めたサイズは10cm×22cm。

なんだか難しそうに見えてしまったらごめんなさい。要するに、大きさを合わせて袋にすればいいだけの話。

洋服も小物も今は安いから、なかなか「手芸」する気になれません。でも、たまには手作りもいいですね。

|

« うろこ雲の下、美術館などへ。 | トップページ | ぐるっとパスの週末。北の丸編。 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

仕切りがあるんですね。これは便利だわ。板が入って補強されるのもいいなー。
これ、欲しいです!っていうよりこれを縫う手が欲しい。機械には強い方なのですが、ミシンとはどうしても仲良くなれません。かといって針とは犬猿の仲でございまして(爆)
でもいつの日にか作ってみたいです。

投稿: バウム | 2006年9月 5日 (火) 10時25分

バウムさんが反応してくれてうれしいです!
だってそもそも、バウムさんのブログで「ipodホルダー」を見て以来、私もなにか作ろうと思ってたんですから(構想数ヶ月?)

四角い布をまっすぐ何回か縫うだけですよー。あんな編み物が出来る人なら簡単ですって。ミシン使いにくかったら、右のハンドルをせっせと手で回す・・という手もありますが(^^;)。

投稿: ぼくてき | 2006年9月 5日 (火) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131466/11766300

この記事へのトラックバック一覧です: 「ぐるっとパス」ホルダー作成:

« うろこ雲の下、美術館などへ。 | トップページ | ぐるっとパスの週末。北の丸編。 »