« ぐるっとパスの週末。北の丸編。 | トップページ | 予定目白押しの中、子はお熱。 »

東野圭吾の「手紙」に小田さんの歌

小田和正さんのホームページ、Far East Cafeにこんなニュース(新しくないけど)があります。

映画「手紙」(直木賞作家東野圭吾原作)の挿入歌に「言葉にできない」
・・・2006年11月、渋谷東急ほか全国松竹・東急系にてロードーショー

監 督:生野慈朗
脚 本:安倍照雄/清水友佳子
音 楽:佐藤直紀
挿入歌:小田和正「言葉にできない」
CAST : 山田孝之/玉山鉄二/沢尻エリカ 他


東野圭吾は好きな作家の一人。昔の学園モノはあまり読んでいないのですが、90年以降に出たものはほとんど全部読んでいます。日本語の小説や映画は「ハズレ」だと思うと「時間の無駄」感が強いのですが、この人の小説でそういう気分になったことはあまりないです。

ただ、『手紙』に、小田さんの「言葉にできない」かあ・・。って、ちょっと複雑な気分。

『手紙』は、弟を思う気持ちから殺人を犯してしまった兄と、その兄のために逆に人生がめちゃめちゃになってしまう弟を書いた作品でした。悪い作品ではないんです。

私が『手紙』を読んだ後にショックだったのは、東野さんのあとがきでした。凶悪な犯罪を犯したものが家族にいれば、家族も社会的に制裁をうけて当然なのだというようなことを書いていたんです。東野さんが言いたかったのは、逆に凶悪な犯罪を犯そうとするものは、そのくらい覚悟しろよ(だからやめろよ)、ということだったかもしれませんが、とにかく衝撃的でした。親、ならまだわかる(私も「親」だから、子供のしたことの責任はとりたい)。でも、兄弟姉妹に何の責任があるというんだろう。

ちょっと脱線しますが、この間の専門学校生の殺人事件の時、19歳の犯人は自殺がわかった後になって、一部で実名報道されました。少なくとも逆であるべきだ、と思いました。本人が逃げている時に顔写真入りで実名報道するなら、まだその理由はわかる。そこで本人や家族が傷ついたとしても、それは受け入れなければならないことかもしれない。更生の妨げになるというが、19歳は20歳と変わらない。

でも、逃げている時に実名報道しなかったのに、亡くなった後で顔写真入りで報道することは、家族を追い込む以外の意味があるのだろうか、と思いました。読売には犯人の少年の家族構成についてまで書いてありました。東野さんのあとがきを読んだときと同じ、暗い気分になりました。

映画化される時点で、原作とは雰囲気の違うものになるのかもしれません。けれど「言葉にできない」の使われ方は、小田ファンとしてはちょっと気がかりです。

|

« ぐるっとパスの週末。北の丸編。 | トップページ | 予定目白押しの中、子はお熱。 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

その物語のあらすじと「言葉にできない」の歌詞からすると、ちょっと違和感ありますね。

実名報道の件については、新聞・雑誌・テレビなどのマスコミが、”正義”気取りで、事件を劇的にしてるような気がします。

投稿: Husky | 2006年9月13日 (水) 12時54分

映画の試写会の評判は悪くないようです。ちょっと安心しました。見てみたい気もするけど、本の読後感と同じで重いのかなぁー。

投稿: ぼくてき | 2006年9月13日 (水) 20時00分

『言葉にできない』ですがだいたい好評みたいですよ。歌の歌詞と映画の内容があっているからだと思います。うちのブログは吉祥寺のお店なんかも紹介しています。良かったら遊びに来て下さい。TBさせてもらいました。ご迷惑でしたら削除をお願い致します。

投稿: 夫婦でデート | 2006年9月14日 (木) 21時29分

好評ですか。イメージが合うような内容なのですね。よかった。情報ありがとうございます。
吉祥寺のお近くなんですか?後でぜひ伺いますね。

TBはリンクがなくても、本文に関係あればいいと思っています、ここでは。読む人も参考になりますよね。あまりにも関係ない場合だけ消させてもらってます。ありがとうございます。

投稿: ぼくてき | 2006年9月15日 (金) 12時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131466/11875371

この記事へのトラックバック一覧です: 東野圭吾の「手紙」に小田さんの歌:

» 手紙試写会に行って来ました [夫婦でデート]
奥さんと『手紙』の試写会へ行ってきました。まず感想ですが、泣きました泣きました( [続きを読む]

受信: 2006年9月14日 (木) 21時30分

« ぐるっとパスの週末。北の丸編。 | トップページ | 予定目白押しの中、子はお熱。 »