« アクセス解析はどうなったのかな? | トップページ | タバコ・・・。 »

プログレなんか聞いてみる日

今日は、家族の中では私だけが休日。

出かけようかと思った矢先に雷が鳴って、結局家で家事をしたり、本を読んだりしてます。

日本語の本を読みたい時は、インストルメンタルか、英語の曲がいいです。邪魔にならないので。

滅多に聞かないけど、たまに聞きたくなるのがプログレ。頭の中で音の流れを追っていると、頭の中がすっきりしてくるんです。バッハを聞くと頭がよく働いて勉強がはかどる・・と言う人がいますが、私の場合はこっちなんだな。

Uk_1写真は、昔ダビングしてもらった「UK」のセカンドアルバムDanger Moneyとライブ。「なんだこりゃ」っていうような大げさなイントロから始まりますが・・Rendezvous6:02の煌くような間奏を聞き、Ceasar's Palace Bluesのリズムを聞き・・Carrying No Crossまでこのアルバムを初めて聞いた時、「これは危ない(ヤバイ)」と思ったものです。恋に「落ちる」Fall in loveという言葉があるけど、まさにそんな感じがしました。

カセットに青い文字でかいてある二人目のJhon Wettonはキング・クリムゾンの彼です。若い人にはASIAの・・と言った方がわかりやすいのかな。

これはCDを持ってないので、カセットで聞くしかないんですが、そういえば、このカセットをくれた人もかなり印象的な人でした。

触るのも恐いような病気でぼろぼろの野良猫を拾ってきて、一生懸命看病して飼っているかと思えば、「自分が他人を見る見方って、マイナスの掛け算だから。10のうち9までよくても、1ダメなら全部だめ」なんてことを言ったり、自分の認めない人を平気でボロクソに言ったり、尊大な態度をとって人を傷つけたり。

心の中で「そう、でも私は9いやなやつでも、1素晴らしければその人を認めるよ!」と思ったものです。その人自身が、7くらい強烈にいやな人で、でも残りの3にとっても魅力のある人だったから。その人自身が当時、自分のなかの「ダメ」を自分で見て、ものすごく傷ついているように見えることがあったしね。

何の話だっけ(笑)。

で、読んでいる本は、原田宗典の映画エッセイ「私は好奇心の強いゴッドファーザー」。原田さんは世代が近いし、子供のころいた場所も近いし、面白くのんびり読めます。

今日はあと二時間(子供が帰るまで)ヒマ人を楽しもうっと。

|

« アクセス解析はどうなったのかな? | トップページ | タバコ・・・。 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

のんびりできたいい休日だったのではないですか。

プログレはほとんど知りませんが、懐かしいAHFに目を奪われました。

投稿: Husky | 2006年5月 4日 (木) 23時42分

テープを再生する機械が、いっとき家に存在しなくなったことがあったんです。

でも、音楽だけでなく「大統領選の英語~ケネディVSニクソン」なんて(寝る前にかけて寝付きがよくなった??(^^;))昔の英語のテープなんかも捨てがたく、結局また買っちゃいました(こうしてどんどん物が増える(--;))。デジタルの何かに落として捨てればいいのかな。

投稿: ぼくてき | 2006年5月 8日 (月) 20時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131466/9864037

この記事へのトラックバック一覧です: プログレなんか聞いてみる日:

« アクセス解析はどうなったのかな? | トップページ | タバコ・・・。 »