« 国立近代美術館の、マリオ・ベッリーニ(Mario Bellini)さんのいす | トップページ | ダビンチ・コード見ました »

振り替え休日の難しさ・・・。

授業参観の振り替え休日となった月曜日。4年生の娘が、友達と遊ぶ約束をした、と言い出したのが前の週の半ば。

「月曜日は9時半くらいから公園に集まって、3時ごろまであそぶんだって」

「お昼は?」 「お弁当を持っていくんだって」

「え?誰かのお母さんが行くって?」 「行かないみたいだけど」

その公園は、キロ単位の広さ・・・。月曜だと、ひとけがないスポットだってあるだろう。人数を聞くと女の子4人、みんなお母さんがフルタイムで仕事をしている子達ばかり。休みとってるから私が付き合えばいいか・・・と考えていました。

週末。

「人数が増えた」「え?何人?」「10人」「はあ?」

他のクラスの顔を知らない子までいて10人。公園で散られたら、大人一人で見られる数じゃない。増えたメンバーを聞くと・・・。いました。専業主婦のお母さんが一人だけ。日曜の夜電話してみました。

「あーぼくてきさん、電話くれてうれしい。どうしようかと思ってた。心配だし、娘は楽しみにしちゃって、どうでも行くって言うし。大人はいないっていうから、みなさんの家は慣れてるのかな、心配する私の方が過保護なのかしらとかいろいろ考えちゃって。私が10人見てますとも言えないと思うと、なんか連絡するにもできなくて・・・。」

二人で公園に付き合うことにしました。公園に来た大人は、私たち二人だけでした。

でも公園で、偶然、同級生の男の子5人グループを「引率」しているお母さん二人に会いました。どちらもよく知っている気さくなお母さん。そちらは、お母さん達でさそって来たとのこと。大人二人に男の子五人。うん、それなら見られる人数かな。

女の子達を集めて、最初に言いました。「絶対に、一人では行動しないでね。公園の外には行かないで。12時になったら必ず一回ここに来て。何かあったらすぐケータイにかけて!」

うざいわね・・。という顔が数人。わかった!と素直に頷く子が数人。まあいいか。「勝手に来た」わけだからなあ。

というわけで、心配して来たわりには、シートをひいて、大人4人でピクニック気分のお茶会で楽しく過ごしてしまいました。「遠足」に絶好の日和。

お昼もいっしょに食べて、3時。

男の子達。「帰るよー」の声で素直に帰って行きました。

女の子達。「3時だから、帰ろうねー。」「4時まで遊ぶ」「まだ帰っても誰もいないし、ケータイあるから平気だもん」「今日は習い事ないから平気」「○ちゃんと帰るからまだ遊ぶ」

「でもねー。家は今日ピアノあるからもう帰らなくちゃならないの。大人がいなくなっちゃうし、心配なんだけど。」

「大丈夫。みんな一緒に帰るから。」(← 3人くらいずつバラけて遊んでたくせに)

押し問答をしているうち、さっさと遊びに戻る子も出てきて・・・もう一人のお母さんと顔を見合わせました。

「もういいよ、しょうがないよ。もともと頼まれてるわけではないし。」そうだよね。それに、本当にピアノの時間が迫っている。「じゃあ、4時にはちゃんと帰るんだよ。暗くなると、自動車も心配だからね。気をつけて帰ってね」「わかったー」本当にわかったかなあ。

結局、3時に帰ったのは親が行った二人だけでした。二人いてよかった^^;

さて。事故はなかったようですが、本当はつきあうべきだったんでしょうか(ピアノなんてキャンセルして)。厳しく駆り集めて全員帰らせるべきだったんでしょうか(誰もいない家もあるけど)。ちゃんと事前に連絡して、10人の責任をもつべきだったんでしょうか(顔も電話も知らない子もいるけど)。

もし、帰ったあとで事故があったら、「べきだった」と思うだろう。きっと。

最近、小学生の事件も事故も多い・・。でも、どうやって、誰が子供の安全を守る?

公園にいる間は、本当に楽しかったんです。でも、本当は責任が(ないかもしれないが)重過ぎる。次は、ディズニーランドにでも子供を誘ってすごそうかなあ。なんて思ってしまいます。

|

« 国立近代美術館の、マリオ・ベッリーニ(Mario Bellini)さんのいす | トップページ | ダビンチ・コード見ました »

親と子」カテゴリの記事

コメント

ご苦労さまでした。

行かせた親ものんきなものですね。
10人引き連れて遠くの公園なんて、どれだけ大変かわかりそうなものですが。

僕も娘の友達(たった2人ですが)バーベキュー、プール、映画にと連れて行ってますが、最後に送り届けるまでやっぱり気を遣いますよね。
(車の運転すら、いつもより慎重になるし)

僕なら全員を無理矢理連れて帰るかもしれませんね。

ともなく何事もなくよかったですね。

投稿: Husky | 2006年5月23日 (火) 12時31分

4年生という学年が微妙で。
学童保育がなくなる学年。携帯を持たせるご家庭も多いです。
仕事を休めず、頼れる人もいない場合、他の子と一緒にいてほしいと思うのもわかります。一人っ子もけっこういるし。

携帯でいつでも連絡はつくって安心感もあるのかな。
携帯自体が子供を守れるわけではないし、捨てられたら最後だから幻想みたいな安心感だと思うんですが。

投稿: ぼくてき | 2006年5月23日 (火) 16時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 振り替え休日の難しさ・・・。:

« 国立近代美術館の、マリオ・ベッリーニ(Mario Bellini)さんのいす | トップページ | ダビンチ・コード見ました »