« 振り替え休日の難しさ・・・。 | トップページ | 藤田嗣治展について今頃書いてみる。 »

ダビンチ・コード見ました

ご主人がお仕事で海外赴任中のSさんと、吉祥寺で待ち合わせて「ダビンチ・コード」を見ました。

Sさんの「ダビンチ・コード上巻だけ買ったんだけど、ひょっとして下巻持ってない?」というメールが発端。「私も職場で借りたのでゴメン~。読んだら、今度映画でも見ますか。」と軽くメール。「読んでないけど見よう見よう(*^^*)/」という返事で決まりでした。「しまった、また抜け駆けしたって夫に言われる・・・」と思ったけれど、まあいいや。

レディス・デイの午後で、混雑を心配しましたが席はちょうどいっぱいくらい。

カンヌでの不評は聞いていましたが、クリスチャンにとって受け入れられない部分があるのは当然だろうと思ったので、あまり心配していませんでした。

さて、どうだったか。(ストーリーのネタばれはありません。感想です。)

全体的には、原作などによる知識がある程度ないと、理解するのが難しい部分があるんじゃないかと思います。それでも前半はテンポが速く、謎解きや絵の面白さもあって見せます。

後半になると、人の関係や団体の名前や、歴史背景やらなにやらいっぺんに出てきて、知識がないと難しいかも。ちょっとあらすじっぽくもあるし。先に書いたこととは矛盾しますが、後半は逆に原作を読んでいると、謎解きの面白さと意外性がないので、ちょっと気が抜けてしまうかも。

Sさんは、ちょうど前半だけ読んだそうで、「けっこう面白かったよ。前半はかなり忠実につくってたし。」ということでした。

結論:上巻(前半)だけ読んでいくといいです!?

Bokumonaj さて、ルーブル美術館のガラスのピラミッド。なつかしかったです。

87年に友達と初めて行った時は工事中。足場なんかが組まれていて「げげげ。全然シックじゃない。趣味悪いものつくるなあ~。」と思ったものです。その時は「他の美術館もお店もたくさん回りたい(けど、一人で動くのは絶対いやな)」友達と、「じっくり見たい(から別行動でもいいんじゃない?と思う)」私で、膠着状態になったりしたっけ(仕方なく私が折れた。でも、結果的にオルセーがとても良かったので、友達に感謝でした)。

93年に夫と行った時は、ピラミッドが出来上がっていて「あ、そんなに悪趣味でもないのかも。」なんて思ったりしました。あの頃はまだ子供がいなくて、限りなく自由だったなぁ。

子連れでヨーロッパなんてお金もないし、考えただけで「猫に小判」「豚に真珠」「お金をどぶに捨てる」という言葉しか浮かばない現在。久しぶりに気分だけでもパリに行けたので、とにかくよかったです。

帰りは雷と強風と横殴りの雨でした。一人で映画見たバチかも。

|

« 振り替え休日の難しさ・・・。 | トップページ | 藤田嗣治展について今頃書いてみる。 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

お、偶然!

うちの奥さんも昨日のレディースデイで「ダ・ヴィンチ・コード」見てきました。
原作を読んでないので、ややこしくてよくわからないって感想でした。
一緒に行ったのが、原作を読んだ人で、原作とは違うなあって言ってたそうです。

僕は明日のレイトショーで見るつもりです。

投稿: Husky | 2006年5月25日 (木) 12時18分

娘のクラスの若い先生も「見たけど、全然わからなかった」と言ってましたよ(読んでないそうです)。

館長の娘役は「アメリ」の女優さんだそうです。見終わってから、一緒に行った友達に聞くまで気がつきませんでした。

Huskyさんの感想楽しみにしてます(ブログに拝見しに行きます)。

投稿: ぼくてき | 2006年5月25日 (木) 22時23分

そうかそうか、あの日の嵐はぼくてきさんの仕業でしたか。ダンナサマの雷は落ちませんでした?

以前、うちのブログで“ダ・ヴィンチ・コード勝手にキャスティング”をした際、オドレイ・トトゥはミスキャストだと書いたのですが、その辺りはいかがでした?それにしても彼女、デコ狭っ!でもトム・ハンクス、デコ広っ!

投稿: バウム | 2006年5月26日 (金) 19時21分

オドレイ・トトゥは、「アメリ」の時の「天然不思議系」のオーラがほとんどなかったんです。気がつかなかったくらいですから。だからそんなに違和感ありませんでした。まあ・・・の・・・としてはどうかなとは思いますが(ネタバレを恐れて「・・・」)。

むしろ、「トム・ハンクス」「ジャン・レノ」「イアン・マッケラン」という豪華すぎる顔ぶれが・・・。

ミスキャストというより、ビッグ・ネームを揃えすぎててリアリティーがないというか物語に入り込めないというか(あっ!わざとそうしてるのだとしたら、これは製作内部に潜入したキリスト教ファンダメンタリストの陰謀か!←考えすぎ)

投稿: ぼくてき | 2006年5月26日 (金) 22時24分

>まあ・・・の・・・としては

水の上を歩こうとしたり、ワインを水にって、ユーモアは、いらなかったですよねえ。

うちの奥さんと一緒に行った人は、「ガンダルフのイメージが・・・」って嘆いていたそうです。

ところで、話は変わりますが、今夜WOWOWで放送のストーンズは、ぼくてきさんが行ったライブですかねえ?

投稿: Husky | 2006年5月27日 (土) 12時23分

大作にでると、どうしてもしばらくはイメージがついてまわりますね。

ストーンズ、そうですね。
埼玉スーパーアリーナは一日しかやっていないので、
行ったライブの映像のはずです。
家はWOWOW契約してないんですよ。見られていいな。

投稿: ぼくてき | 2006年5月27日 (土) 18時58分

こんにちは。
TBありがとうございました。

色々あってお返事おそくなりましたが
こちらからも送らせていただきます。

投稿: Tak | 2006年6月11日 (日) 14時00分

TakさんのTB大歓迎というお言葉に甘えさせていただいているので、こちらへのTB等はどうぞお気遣いなさらず。

和田さんの件ではブログがBBS代わりになっていて大変でしたね。迷惑と思い書き込みませんでしたが、拝見しました。90年代以降、彼の中で精神的な何かが壊れてしまったのだとしか思えません。

投稿: ぼくてき | 2006年6月11日 (日) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131466/10225951

この記事へのトラックバック一覧です: ダビンチ・コード見ました:

» 「ダ・ビンチ・コード」で寝不足 [1分間書評!【一日一冊:人生の智恵】]
「ダ・ビンチ・コード」は、イギリス人の英語の先生に勧められて買いましたが、うわさにたがわぬ徹夜本ですね。映画化されるようなので、夜更ししないですむ映画のほうがいいなと思いました。 [続きを読む]

受信: 2006年6月 6日 (火) 09時26分

» 映画「ダ・ヴィンチ・コード」 [弐代目・青い日記帳]
急き立てられるように映画「ダ・ヴィンチ・コード」観て来ました。 [:赤りんご:]「2006.5.20世界同時公開」 世界同時公開の映画ってだいたいコケたりすんですよね。 この映画は大丈夫でしょうか。果たして。 それにしても「外野」がかなり騒がしい作品ですね。 原作者のダン・ブラウンに対して盗作疑惑が持ち上がり 裁判沙汰にまで発展したり。 [:青りんご:]「ダ・ヴィンチ・コード」は盗作にあたらず ↓この本の盗作疑惑が… 「レンヌ=ル=シャトーの謎―イエスの... [続きを読む]

受信: 2006年6月11日 (日) 13時59分

« 振り替え休日の難しさ・・・。 | トップページ | 藤田嗣治展について今頃書いてみる。 »