« 8回裏で帰宅。 | トップページ | 二馬力のいす »

IMPOSSIBLE IS NOTHING

東京ドームでいただいてきたジャイアンツのガイドブック。
その最後のページに、「巨人軍は不滅か」とあって、
その一番下に書いてあったのが、

「巨人が再び巨人になるのは不可能か。
IMPOSSIBLE IS NOTHING」
でした。

あれ?
Nothing is impossibleじゃない?こんな英語あり?

そこで「ダズイットメイクセンス?」とネイティブに質問。
すると、口の中で数回唱えて

「イエース、イッt メイk センs。イッツ ア カインd オV ディフィニション」ってことでした。

(私もアホですね、英語で書いた方がはるかにラクだった)

彼いわく、普通はもちろん逆なんだけど、スローガンとしてはありだな~まあ、「不可能」という言葉を定義してるような感じよ。だって。ふーん。

さらに他の人に聞くと
「それって、アディダスの宣伝じゃないの?聞いたことがある。」

え?ホント?あ、本当に、ジャイアンツのユニフォームの写真の下に、小さくアディダスのロゴがある。
これってアディダスの宣伝だったのか。巨人のスローガンはShow the Spiritの方か。
(なんでどれも英語なんだろ?アディダスはまあいいとして。)

さっき、アディダスのホームページを見たら、このスローガンとクールな動画がありました。
ふむふむ。変じゃないんだ。この英語は。
英語のネイティブの語感は、私には遠ーーーーいところにあるなあ。とまた実感。

そういえば、このあいだ500円で買った「アラバマ物語(To Kill A Mockingbird)」のDVDも、
「古い映画の英語は聞き取りやすい」という私の中の神話を見事に打ち砕いてくれました(泣)。
この映画はとってもよかったので、これについてはまたちゃんと書きたいと思ってます(思ってて書かないで終わることが多いけど)。

|

« 8回裏で帰宅。 | トップページ | 二馬力のいす »

「英語」カテゴリの記事

コメント

僕も実は、そのアディダスのフレーズを聞いたときは、"Nothing is impossible"のほうが自然だし、言いやすいだろ!と思いましたよ。

投稿: Husky | 2006年5月19日 (金) 21時38分

普通はnothing is ・・なんだけど、別に「変」な英語ではないんだそうです。てっきり、変な和製英語かと思っちゃいました。

投稿: ぼくてき | 2006年5月19日 (金) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131466/10131535

この記事へのトラックバック一覧です: IMPOSSIBLE IS NOTHING:

« 8回裏で帰宅。 | トップページ | 二馬力のいす »