« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

映画「カポーティ」の原作本など

映画「カポーティ」が来るのが、カポーティ本人の誕生日にあわせて9月30日とのことで、「予習」が続いています。

実は純文学にそれほど関心が高くないので、今回はフィリップ・シーモア・ホフマンへの関心が高じてカポーティの作品を読んだりしているわけですが・・。

私にとって、より面白いのはうまく描かれた事実。そこで映画の原作本(カポーティ公認の伝記)などにあたってみました。

CAPGerald   こちらが、映画の元本となっているジェラルド・クラークの「カポーティ」(中野圭二訳、文藝春秋)。これも「冷血」並みに長く、税込み6300円もする!

冷血を読んで、カポーティを内面的にも外交的にも孤独な(アレックス・シアラーの「スノードーム」に出てくるエックマンさんのような)芸術家だと決め付けていたのですが、事実はずいぶん違いました。

確かに内面的には常に満たされない思いを抱えていたようですが、対外的には魅力的で、社交的な人柄。ある「事件」までは社交界でも屈指のプリンスのような存在だったようです。かなり意外でした。

彼の作品の多くに登場する舞台や人物の原形に囲まれた幼少年時代と、実母との軋轢をかかえながらも、作家として華のある人生をおくり、そこから転落して人生を終えるまでが書かれています。「冷血」と同じくらい面白いですが、冷血以上に読むのに時間がかかりました。

時間がかかる理由の一つは、登場人物の多さ。本自体が相当長い上に「あれ?これ誰だっけ?」と、ページを戻ることを繰り返してしまいました。現代アメリカ文学や文化に詳しい人ならもう少し楽に読めるのかもしれませんが。

CAPOochi ジェラルド・クラークさんの本を覗いてみて、長さと人の数にうんざりした人にお勧めなのは越智博美さんの「カポーティ」(勉誠出版)。

05年の12月に出たばかりの本ですが、基本的にはクラークさんのオフィシャル伝記を丁寧にダイジェストしたような感じです。奇をてらわず、きちんとまとめてあります。あっさり読めます。

クラークさんのを読んだ方には読む意味はないかもしれませんが、私は頭の整理になってよかったです。主要作品も資料も紹介してあります。ただしこの本は、カポーティ自身の写真しかないので「登場人物」をイメージしにくいです。

CAPGeorgeそこで 最後に紹介したいのはジョージ・プリンプトンの「トルーマン・カポーティ」(野中邦子訳、新潮社)。

これはまだあまり読んでないのに、紹介はできます(笑)。めくっただけで特徴がわかる本なので。

この本は、年代ごとに、その当時のカポーティとそばにいた人のインタビユーを書き写す形式でまとめています。この作者はこういう手法が上手いらしい。48章の章の扉それぞれに写真と写真の解説があり(最後はないが)、イメージ作りの助けになります(私は先に読んでしまいました)。

写真はその他にもかなり沢山あります。クラークや越智さんの「カポーティ」を読みながら、この本をそばに置いていれば「カポーティの人生における登場人物の多さ」を整理するのにかなり有用。クラーク、プリンプトンはどちらも厚い本なので二冊は持ち歩けませんけど。インタビューは、部分的にはクラークの本と併せる形で読みました。

さて、いろいろ読んで、カポーティの印象はだいぶかわりました。「アラバマ物語」の原作者ハーパー・リーと、本当の幼馴染で「冷血」の取材も一緒におこなっていること、また「アラバマ物語」にでてくる、近所の女の子のような男の子がカポーティだったことなども初耳でした。このまえNHKのBSで放送していたのに、見ればよかったな。

日本に来て三島由紀夫と会っていること、三島がカポーティの早い死を「予言」していたことなど、三島自身の内面とも併せて二人の会見で話されたことをもっと知りたい気持ちにもなり、「カポーティ」がらみでの興味は尽きません。

・・・こんなに「予習」しちゃうと、かえって映画を楽しめなかったりして。もう、日本の公開遅すぎますよ!

| | コメント (6) | トラックバック (1)

ビールがおいしい日

仕事帰りに吉祥寺東急前を歩いていたら、つばの広い黒い帽子をかぶったご婦人に呼び止められました。ビニールファイルに入ったA4くらいのアンケート用紙をちらつかせ

「すみません、今週はビールお飲みになりました?」

普通は、こういう人にひっかかってはいけませんよね?でも、ここは商品リサーチの事務所が近くにあって、しょっちゅう調査をやっているスポット。怪しくないのです。地元の方はご存じですよね。

それで「はい、飲みましたが・・・。」

「あのう、今ビールを飲んでアンケートに答えていただけます?5分くらいでおわります」

今日は特別暖かく、いつものダウンコートでなく革ジャケットを着ていてもちょっと暑かったので、こりゃ渡りに船。

調査は、二杯のコップに入ったビールの飲み比べでした。詳しく書くと、調査会社の邪魔をしてしまうことになるので書きませんが・・。

味だけ見ればいいんですけど、二杯とも飲み干してしまいました。だって、残したら捨てるわけで、河川を汚すことになるし・・喉も渇いていたし・・。ロハスですよ、LOHAS(←意味違います?あまりよくわかってないです ^^;)。

で、簡単なアンケートに答えて、500円の図書カードいただいて帰宅。

子供の友達が遊びに来てちょっと慌てましたが、「おいしい」ビールでしたv(^^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

なんでこんなたくさん?

kuri

キッチンの引き出しを整理。

こんなものが沢山出てきました。

さて、なんでしょう??わかるかな。

・・・・(お考えいただく時間)・・・・

答えは、甘栗をむくものでした。そうそう、初めて見たときは、便利ーって思いましたね。ピンクのが「くりわり君」しろいのは「栗カット」って書いてあります。くりわり君の方が元祖だったような気が。ひとつだけ前方後円墳みたいなのは、何にも書いてない・・。

しっかりしてるので、なんだか捨てられなくて洗ってためてました。31個もあってどうすんの(*ω*)/

えーと、27人呼んで甘栗パーティする時なら使える・・・?

・・・5個残して捨てました(残さなくても困らないのに ^^;)。

なんかいろんなことで、こういうアホな(とっておくけど使わない)ことをしているような気がします。片っ端から捨ててすっきりしたいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アレックス・シアラー 「スノードーム(原題:The Speed of the Dark)」

本の話が続いてしまっていますが・・。

またアレックス・シアラーさんの本を読みました。「スノードーム(原題:The Speed of the Dark)」。ミステリー仕立てのSF仕様で飽きさせずに読ませますが、これは内容の重い本でした。

石田文子訳でのシアラーさん自身の解説によると、この作品は「なによりも芸術家と芸術についての物語であり(中略)そこには芸術を通してしか世界と関わることができず、人間的な交わりや愛を経験できなかった者の願いが描かれている」とのこと。

確かに登場人物は、語り手であるチャーリー(凡人の典型?)を除いてはみな「芸術家」です。作中作品の語り手クリストファーも物理学者ですが、芸術家の魂を持った人物として描かれていることがわかります。ただ、読んで印象に残るのはもっと普遍的な人間性。「いい人」「悪い人」などという言葉では二分できない人間性そのもの。

登場人物の中で、一番心の内面が描き込まれているのはエックマンという人物。プライドは高いのに、自分の外見によって周囲から心を傷つけられ、劣等感が強くどこまでも利己的で卑劣な暗い人間。近くにいたら、近づきたくはない人物です。

ところが、読んでいるうちに、いつの間にかエックマンの心の痛みを深く感じてしまいます。

『怒り』という題の16章のエックマンの心の記述は、胸が悪くなるほど利己的で醜いにもかかわらず、もっとも切なくて泣かせます。こんなに人を傷つけたくなる程の、心の傷の深さや痛みは、どれ程辛いものなんだろう。本当はただ人に愛されたい、愛したいと思っている。気持ちの持ち方を変えればできると周りからは思えるのに、それが見えないほど深いトラウマを抱えているのです。

内容の重い本、と書きましたが、読後感は暗いものではないです。強い憎悪や深い愛の中で、皆、苦しみながら限られた命を燃やしている・・それを見つめる作者(シアラーさん)の視点に「許し」が感じられるからかな、と思います。うまく言えませんが。

すでに「シアラーファン」になっている娘が「面白い?」と聞いて読もうとしましたが、難しいと思うよ、と言ってとめました。

難しくはないかも知れないけど、まだ早い。もう少しお姉ちゃんになって、人間関係のいろんな痛みを味わってから読んでごらん。人を少し許せるかもしれないよ。または、自分を追い込まなくてすむかもしれないよ。そう思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カポーティの「冷血」

トリノの女子モーグル予選を見終わったところです(今回は女子フィギアに注目が集まったおかげで、上村愛子が騒がれすぎずに済んだように思うので、逆に期待してます。決勝まで起きている気はないけど)。

さて、フィリップ・シーモア・ホフマンの映画「カポーティ」の予習(?)に「冷血」を読み直しました。20代で一回読んだきり。実際の殺人事件を徹底取材し、周囲の反応や犯罪者の心理を小説的に描きだした力作です。

1972年新潮社の龍口直太郎訳と、去年同じ新潮社からでた新訳のどちらを読むか迷ったのですが、とりあえず龍口訳を借りて読みました。

reiketu

こんなに長かったかな。古い本なので活字もエラく小さいです。老眼になったら読めないだろうなー、龍口訳は今借りてよかったかも。

でも構成がしっかりしているので長さは気になりません(平日3日ほど持ち歩いてやっと読み切りましたが)。

原題は「In cold blood」で、冷酷に、平然と(ジーニアス英和)acting in a way that is deliberately cruel; with no pity(Oxford現代英英)という意味のイディオム。

瀧口さんの解説によると、この題は犯罪者と、それを描くカポーティの手法の両方をさしているとか。英英辞典の訳を前半と後半とに分けて読むと、なるほどと思います。カポーティは、犯罪者の一人ペリーの内面に自分と共通するものを感じていたそう。その辺が映画でどう描かれているのか、楽しみなような怖いような。

reiketusig 借りた本の中には「龍口直太郎氏寄贈」とあって、さらに龍口さんの英文の献辞とサインがありました。

うーん、今にも処分されそうな古さが心配。捨てないでね、某図書館!

龍口さんの訳も不評なところはあるようですが(確かに日本語訳を読んでいても「この「その頃二人ででかけてました」は「go out with ~と交際していました」だろうな・・」などと思うところがありますが)読みにくくはないです。でも新訳の方もちょっと「見て」みようと思っています(長いので原書はパス^^;)。

ところで「capote」というスペルを見て「あれ?カポー t なのかな?」と思って米人に確認したら、はっきり「カポゥティ」と「ィ」を発音していました(ポウは長音ではなくて二重母音だな)。そういえば、「ティファニーで朝食を」は一回も読んだことがない上に映画も見ていません。これを機に本くらい読んでおきますか。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

mixiのこと

古い友人がmixiに入ってるというので「実はこういうブログやってるんだけど、mixiってどんなかんじ?」と聞いたら、招待メールを送ってくれました(ブログを教えたのは、家族以外では初めて)。

「見て回って、気にいったらそのまま続ければいいし、気にいらなかったら辞めれば?今のブログにリンクすることもできるはず。コミュニティが大量にあるので新しい(趣味が同じ)友人を作るにはいいかも。」とのことでした。

そこで改めてmixiのことをネットで見てみたら(←最初に調べとけっていうか)、「mixi八分」だとか、「足跡」機能は悪用しようと思ったらできるんだとか、後ろ向きの記事をいろいろ見つけてしまいました。ウーン。もともとネットで何かやろうと思ったら何だってリスクはあるけど。このブログの更新も滞ってるのにmixiにまで手を出して大丈夫なのかな、私。

ブログをはじめたのも単に野次馬根性。登録画面に気まぐれに入力した時、HNさえ考えてなく、たまたまPC脇にあった墨汁の名前をそのまま打ち込んでしまったくらい。(それでこんな濁音から始まる無骨なHNになってしまいました。深い意味はないんですよ、トホホ。)

話がそれました。mixi。・・・今も迷ってます。

ところで、紹介メールをくれたS君のmixiのトップページには、まった~りとした自己紹介があって、「ふつうのおじさんですよ」と書いてありました。フーン。経(職)歴も現状も「普通」からは程遠いと思うよ(笑)。「友達いません」だって。フーン。シャイなのは認めるけど、その昔いろんな所に散った仲間を招集して、手作りハンバーグせっせと焼いてくれたの忘れてないよ。

ネットの自己紹介なんて、信じちゃいけないんですねえ(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

超能力?

beni

リキットのリュージュ。

見てただけで軸が折れた?
超能力者だったのか(><)

三歳じゃなくて小三だからいやになっちゃうんですねー。

帰宅するなりこれを握り締めて玄関で泣き落とし。
女の子はうまいなあ。
はじめから泣かれたら怒れないしねえ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「子どもの」本。

P1030051  アレックス・シアラーさんの、子ども向けの本を二冊読みました。

「青空のむこう」と「13ヶ月と13週と13日と満月の夜」。どちらも変わった話で面白かったです。簡単に言うと「青空のむこう」は心がキュンとなる話。「13ヶ月」は子どもにぴったりの面白い話。

金原瑞人さんの訳も読みやすく、好きでした。ただ、「13ヶ月」の求龍堂さんの活字組はどう見てもヤングアダルト~大人対象にしてあります。カバーを見ても、中学生~大人が感想をよせています。

ストーリーが面白い「13ヶ月・・」は確実に小学三年生の娘の好み。ただ最初がモタモタしてわかりにくいし、ルビがほとんどなく活字も小さめだからきっと読み始めてもやめてしまうだろうなあ、もったいないなあと思いました。

そこで昨日寝る前に、話のスピードが増す4章の前まで、私と娘と息子と交代で音読してみました。3章の終わりに「え?」と言う内容がでてくるので、そこから先は多少漢字が正しく読めなくても「ちょっとスリルがあるお話」が好きな娘なら、自力で読み切るだろうと思ったからです。

案の定、今日寝る前には「あ、グレースはね・・・本当は・・・だったんだね!ひどいね!」などと言いながら夢中になって6章の終わりまで読んでいました(といっても20章まであるんです。娘よ、まだ意外なことがあって面白いの、がんばって)。

漢字や構文の違いも原因でしょうが、外国語が原書の子どもの本は日本語訳になると途端に難しくなってしまうことがあるように思えて仕方ないです。でも金原さんの訳自体はリズムもよくわかりやすいので、これは出版のしかたを変えるだけで子どもが読んでくれるのではないかと思います。

ルビを振って、作者の許可を得て挿絵なんか入れたら低学年の子どもでも読めるのに(青空・・の方はルビがありますが。)そうそう、「デルトラクエスト」なんて、本を読まない家の息子ですら最後まで「買って」読みきりましたが、あれも内容というより企画の勝利だと思いました。

もしかしたら「13ヶ月・・」は老人の描写にきわどいところがあるので、子ども向けにしなかったのかなあ(でもそんなにひどいわけではないんですが)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

憧れの先輩

その先輩と職場で初めてお会いしたのはもう15年も前のこと。
「十歳くらいは年上みたいな話なのに、なんて知的でチャーミングなんだろう」と憧れたものだった。

進行性の難病で自宅療養中の彼女のお宅を、久しぶりに昔の先輩・後輩三人で訪ねた。ほんの数時間だけ。

前回訪ねた時は、仕事はお辞めになっていたけれど、まだ趣味のコーラスなどはされていて普通にお話しができた。帰りも、歩いて見送ってくださった。

今は一つ一つの声を、確かめるようにゆっくりと出して話している。それでもなかなか聞き取れないことがある。そして車椅子だけの生活。めまいがしてしまって、ずっと目をあけていることができない。病気がわかった頃に医者に聞いたよりも、ずっと進行が早かったのだ。

自分が彼女だったら、わかりもしない人に自分を見て辛そうにして欲しくなんかないし、ずっと変わりなく接してほしいに決まっている。それができて、友人としてちゃんと助けている彼女と同い年の先輩はすごい。もちろん私も今の彼女の向こうに、元気な頃の彼女をちゃんと見ている。今も本当は変わってない彼女を知っている。

でも・・・。

雑談しかできなかった。どんな思いだって、口にしたら辛すぎるし、きっと彼女だって聞きたくはないだろう。

小田さんの「そうかな」を置いてきた(後輩が「きゃー、私ファンなの、ちょうだい!」と反応 ^^; ファンなら買いなさい!!)

小田さんが、私の代りに彼女の心のそばにいてくださいますように(小田ファンの一人よがり・・) 今でも私の憧れの先輩を、少しでも助けてくれますように。そして、治療法がみつかりますように、それが間に合いますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »