« 読んでくださった皆さん、2006年もよろしく! | トップページ | 子供のピアノ。 »

「トリコロールに燃えて」などなど

今、NHKでピカソの「ゲルニカ」を解説していました。

ゲルニカと言えば、年末に見たDVD「トリコロールに燃えて(HEAD in the  CLOUDS)」の中では、ゲルニカが爆撃された頃のスペイン女性の役をペネロペ・クルスが演じていました。もう一昨年の映画ですが。

人から借りたDVDだったのですが、シャーリーズ・セロン、ペネロペ・クルス、スチュアート・タウンゼントそれぞれの魅力が十分に感じられる印象的な映画です。テーマは軽薄なようで最後には重く、切ない気持ちになるストーリーでした。

そういえば、映画ロードオブザリングのアラゴルンの役は、初め、このスチュアート・タウンゼントにオファーがあったと読んだことがあります。若すぎると思って換えたとか。当時、タウンゼントは、すごくハンサムなドラキュラ役をやったのを見ただけだったので、そう聞いた時は「彼でなくてよかった」くらいに思っていたのですが・・・トリコロールを見て「彼のアラゴルンも見たかったなー。」と考えが変わりました。

年末年始には人から借りっぱなしのDVD(^^;)や、買いっぱなしのDVDなどを沢山見ようと思ったのですが、結局4本くらいしか見られませんでした。キングアーサー(まあまあ)DEEP BLUE(必見!)50回目のファーストキス(そこそこ)パンチドランク・ラブ(わからなかった・・(T T)でも私の大好きな??性格俳優フィリップ・シーモア・ホフマンがちょい役で出ていた。この人が出ている映画はつい見てしまいます。本当に演技うますぎ!)・・こんなところです。

去年映画館で見た映画は数えるほどしかないです。スターウオーズとかハリーポッターとかの娯楽大作ばっかり。今年はもっとがんばって映画館で見たいな。

(・・・書き始めと途中と書き終わりがみごとにグチャグチャですみません(><)

|

« 読んでくださった皆さん、2006年もよろしく! | トップページ | 子供のピアノ。 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

お、テンプレートが変わりましたね。

紅茶に譜面、優雅な雰囲気です。

僕も「スター・ウォーズ」「ハリー・ポッター」「Mr.&Mrs.スミス」・・・あと何観たっけ?ってくらい映画館で観てません。
やっぱり大きなスクリーンがいいですね。

投稿: Husky | 2006年1月 6日 (金) 17時14分

Huskyさん
子供が生まれる前は映画館にもよく行ったし、なにより出版関係の友達が試写によく誘ってくれたので「映画は大スクリーンが基本!」と決めていたのですが。
子持ちになってから、すっかりビデオやDVD待ちのクセがついてしまいました。

投稿: ぼくてき | 2006年1月 6日 (金) 23時06分

こんにちは。フィリップ・シーモア・ホフマンつながりでTBさせていただきました。新作の「カポーティ」でオスカー取得も夢ではなくなってきましたね。密かにわくわくしております。

投稿: バウムクウヘン | 2006年1月13日 (金) 21時43分

バウムクウヘンさん、はじめまして。
そこに反応してくださいましたか!
あのゾッとするような「いやーないやーないやーらしさ」の圧倒的存在感、くせになります。
私はジョージ・クルーニーが大好きなので、オスカーの主演男優賞は「グッドナイト&グッドラック(監督がクルーニー)」のストラザーンか「カポーティ」のホフマンかどちらかがとってくれるとうれしいな(もちろん「シリアナ」でクルーニーでもうれしい・・早く全部見たいです!)

投稿: ぼくてき | 2006年1月13日 (金) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131466/8023101

この記事へのトラックバック一覧です: 「トリコロールに燃えて」などなど:

» フィリップ・シーモア・ホフマン! [バウムクウヘンの断層。]
やったー。フィリップ・シーモア・ホフマン、お見事! 映画 『カポーティ』 の主演 [続きを読む]

受信: 2006年1月13日 (金) 21時41分

« 読んでくださった皆さん、2006年もよろしく! | トップページ | 子供のピアノ。 »