« フィリップ・シーモア・ホフマンがゴールデングローブの主演男優賞! | トップページ | おいしい話。 »

「小田和正 58歳を歌う」。

さっき放送していたNHKのにんげんドキュメント。58歳でがんばっているシンガーという視点からの構成。東北大の同期生など団塊世代のコメントを入れ、小田さんのコンサートを取材していた(再放送はBS2で26日午後5時15分から、地上波は26日深夜(日付は27日)の予定)。

コンサートは主に12月からのもの。11月の埼玉でも話す時の声を聞いていて心配だったのだが、ノドを痛めていた様子がその取材でもわかった。やはりノドは大変だったんだ。「以前はいつでも出せた高い声が、今は本番まで出るか出ないかわからない」そうだ。

小田さんの声に比べるとあまりにどうでもいい私の声だけど(笑)風邪の時に仕事で声を使い続けたせいで声帯炎になり、二ヶ月近くまともな声が出なかったことがある。「声帯が真っ赤にぶよぶよに腫れている。元の声が出るかどうかはわからないね」と言われた時の恐怖、声が出なかったストレスは忘れられない。

小田さん!「どうもありがとう!」はお願いだから叫ばないで。叫ばなくても小田さんの気持ちは伝わってますよ!!声を大事にしてください。ファンのお願いです!

番組での「走ると気管支が痛い。内出血してるんだろうね。」という心配なコメント。コンサートもCDも「歌声」はそんなことを感じさせないところは、ひとえにプロ根性のなせる奇跡なんだろうか。

NHKは「歳とってもがんばっている小田和正」を強調したいのか、コンサートで歌えなくなっていたり、歌詞を忘れたりしているところばかりNG集のように拾い集めていた。でも、それはあまりに本当のコンサートの印象と違うんだ、ということはファンとして強調しておきたい(T T)

番組の終わりに、小田さんがNHKに送った手紙の最後に「自分はもうちょっと走れそうな気がします」とあった。きっと走れる限り走ってくれるんだろう。自分のため、そして、その姿でファンに「走る」勇気を与えるために。しみじみ嬉しかったし、励まされている気がした。

末っ子性格の(自立してるようで、実は人に頼りたい)私は、仕事で知り合った団塊世代に、大好きな尊敬する「友人」が多くいる。元気な人からはもちろん、最近連れ合いを亡くした人からも、仕事を辞めて現在病気と闘っている人からさえも、常に前向きに生きることを教えてもらっている気がする。

小田さんは「世代論は意味がない、人はやっぱりひとりひとりなので」と書いていた。その通り。・・・でも、やっぱり彼の世代の人って、私の世代より気力に満ちている気がするなあ(それとも私の知人達が偶然そうなのかな?)

|

« フィリップ・シーモア・ホフマンがゴールデングローブの主演男優賞! | トップページ | おいしい話。 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。 トラックバック張らせていただきました。

確かに実際のステージとは、だいぶ印象が違う気もしましたが、きっとあれで小田さんを身近に思い直した方々も居られるのでしょうね。 チケットが手に入らないのは困りますけれど(?!)、あれを見てまた新たに小田さんの曲やステージに興味を持つ方が増えれば、嬉しい事だと思います。

気力の世代間格差は、私も確かに感じる事があります。 (ちなみに私も30年代に生まれた者ですが、)私よりの下の世代においては、ますます気力の無さが加速度的になっているようにも思われる面もあり・・。 だとすると、下の世代は我々に、我々が小田さんの世代を見て感じているようなパワフルさを、感じているのでしょうか?? 謎ですね。

投稿: リーボー | 2006年1月23日 (月) 17時01分

リーボーさんはじめまして。TBコメントありがとうございます。

確かに若い頃の小田さんは、鋭いナイフのような『完全主義者』という印象がありました。

若い時に完璧にできたことが今はできない。でも、みっともない部分も含めて今は全身全霊でメッセージを伝えている・・・。NHKはそこを強調したかったのですね。

(でもあんなぼろぼろのコンサートはしてない~(TT))。

リーボーさんも30年代生まれですか。同世代の「ひとりひとり」として、私達も前向きにいきましょう。(走りましょう!という気合のない世代 ・・・? /(・ω・)あるこう~あるこう~くらいかな。)


投稿: ぼくてき | 2006年1月23日 (月) 22時59分

こんにちは。記事書いたのでまたトラバさせてくださいね。(今なんかサーバー混んでいるので、あとになるかも、ですぅ)

投稿: ぽぽ | 2006年1月23日 (月) 23時31分

ぽぽさん。TBありがとうございます。
私の中の「正義感」って(あると思ってるんですが)どこから来てるのかなあ・・って考えると東野英二郎(だっけ?漢字覚えてない)の「水戸黄門」のような気が(爆)。何か単細胞っぽくてカッコ悪。
言葉尻から話題をそらしてすみません。

投稿: ぼくてき | 2006年1月25日 (水) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131466/8290793

この記事へのトラックバック一覧です: 「小田和正 58歳を歌う」。:

» カッコ悪くたって [リーボーですよ!]
昨夜NHKで、小田和正さんを取り上げた番組を放映していた。 「団塊の世代」と呼ば [続きを読む]

受信: 2006年1月23日 (月) 16時49分

» 旗(the flag)〜小田さんNHK人間ドキュメント [しおどめらんちタイム???]
団塊の世代、というところにスポットをあてて、小田さんをとらえていた。 けれど、その世代でなくても、夢に燃え、戦い、挫折した、という経験はある程度の年数を生きてきた人には必ず、といっていいほどあるはずだ。 私は女であり団塊の世代からも外れている。 けれど、それがどんな時代かは見知っている。 私の世代は少しずれてはいるのだが、かけ離れてはいない。 それに、私にはまた別の意味で似たような経験をしていなくもない、という気がしている。 誰もが正義感に燃え、希望に満ち、何でも出来るような気持..... [続きを読む]

受信: 2006年1月23日 (月) 23時34分

« フィリップ・シーモア・ホフマンがゴールデングローブの主演男優賞! | トップページ | おいしい話。 »