« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

インスパイア?

今週1月29日号のアサヒウイークリー(英和新聞)木坂 涼さんのコラムに、スティーブンソン(「宝島」「ジキル博士とハイド氏」の作者)の詩の一部が紹介されていた。目を通してちょっと驚いた。「発想」が谷川俊太郎さんの「朝のリレー」の出だしとあまりに同じだったので。

 While here at home, in shining day,   

 We round the sunny garden play,

  Each little Indian sleepy-head

  Is being kissed and put to bed.

「朝のリレー」は好きだった。だから何だか、がっかりしてしまった。「朝のリレー」自体がいい詩であることに変わりはないし、インドの子がでてくるわけでもないのだが。

去年、2チャンネルのアスキーアートのネコと「のまネコ」の類似性が話題になった時、エイベックスが使った「インスパイア」という言葉が話題になっていた。

音楽、漫画、小説などジャンルを問わず、盗用なのかそれとも偶然なのか、影響を受けただけの別物なのかの判断は難しい。

明治時代の高名な作家の小説も、単なる翻訳に毛がはえたようなのを自分のオリジナルのように言っていたのもあったようだ。当時なら、よほど有名な作家の作品を使わない限り、ばれる心配もなかったのだろう。

日本の音楽も「あ、(洋楽の)アレの日本語版が出たの?・・うそ、これオリジナルだって言ってるの??」と思うのはけっこうあったような・・・。

面白いと思うのは、たとえばエディマーフィーの「ドリトル先生」。あれは、単にヒントをもらっただけの別作品で、Dolittleという名前を使う必要もない(と思う)のに名前を出していた。著作権料がもう発生しないのだろうか、だからかな、などと思ってしまった。

一番好感が持てるのは、ちゃんと何を「リメイク」したのか公言しながらもオリジナリティーがある作品。古くはジョン・スタージェス監督の「荒野の七人」。黒澤監督の「七人の侍」をリメイクしたというのは有名な話だが、かなり印象が違う。それに「荒野の七人」自体とてもよくできた作品だった。自分の作品も素晴らしいのに、なおオリジナルを作った相手への敬意が感じられて気持ちがよかった。

ともあれ、外野がいろいろ言うのは簡単で、芸術の世界に全くのオリジナリティーを求め続けるのは酷だし、無理でもあるんだろうか。宮崎駿監督「ラピュタ」の主題歌「君をのせて」にも「星の王子さま」の中のメッセージとかなり似通った内容の歌詞が含まれていたりと、こういうことは言い出したらきりがない。同じことを偶然考えたとか、以前読んで感銘をうけながらオリジナルのことは忘れたりしてるんだろうと思うしかないんだろう。・・・ということで煮えきらぬまま「インスパイア?」の話はおしまい。

さて、ところで冒頭言及した谷川俊太郎さんだが、私が一番すごいと思うのは佐野洋子さん(だっけ)と恋愛(不倫)をしていた頃の詩。とにかくこの人の言葉の使いかたはすごい。それは疑問の余地がないとは思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「居酒屋の星野仙一」ゲストは小田和正。

今終わったBS2の番組。星野仙一さんと小田和正さんの対談、とってもよかったです。

「今日は、まだ現役でやってるお前がうらやましい、負けた、と思ったよ」

「勇気をもらったよ」と星野さん。

負けた、と友の活躍を嬉しそうに語った星野さん、カッコよかったです。

「会った時、お前に『しょぼいなあ』と思われないように頑張ってきたんだよ」

「かっこわるくても、かっこ悪い自分をさらしてやる先に、いいものがあるんだよ」

と小田さん。そうだね、がんばってる友達に、「しょぼい」と思われたくないよね。

かっこ悪いことでも、避けて通らないでがんばりますよ、私も。

なんだかとってもポジティブな気持ちになりました。

星野さん、小田さんありがとう。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

おいしい話。

私が美味しい!と思う食べ物は、素材が美味しいもの。そしてできれば、素材の形も味も残っているもの。だから、「こちらは、極上のホタテのすり身に極上の生クリームと卵白を加え・・」なんていうのが出てくると、内心「なんてことするの!(ホタテはわさび醤油でそのまま食べた方がおいしいのにすり身にするとは!)」なんて思ってしまいます。

そしてやっぱり「感動的に美味しい!」と思うのは新鮮な海産物。

さて、これまでの人生で一番美味しかったのは何か(大げさ~)というと、それは15年くらい前に秋田の海岸で海女のオバサンが売っていた姫サザエの刺身。ご自分でもぐって捕ってきたのを、スプーンでくりぬき醤油をかけてくれました。おいしすぎる!! 宅配便で送ってくれるというので、帰る頃家に届くよう送ってもらいましたが、海岸で食べた味ではありませんでした。

その次に美味しかったのは大学の時に遊びに行った富山の先輩のお宅でいただいた、捕れたてのボタン海老のさしみ。この味を快楽といわずして何と言う!!というレベル。その後そのボタン海老の味を求めてすし屋などで食べてみましたが、この時のボタン海老レベルの人(じゃなく海老)には二度と会えませんでした。もう一生会えないのかしら、しくしく(:_;)

ああ、どうして日本海の海産物は太平洋のより、ひと味おいしいんでしょうか。日本海側にはめったに行かないのに・・。

この程度のものに感動するとは、よほど貧しい食生活をしてきたんだろうと思うかもしれません。(まあその通りなんですが)でもバブルの頃は仕事がらみで、帝国ホテルやホテルオークラなんかで何万もするふかひれの姿煮だのフォアグラだのを、人の(会社の?)オゴリで普通に食べてたこともあったのですわ、おほほ(←髪を掻きあげる仕草)。ああいうところは、確かになんでもとっても美味しかったけど、感動まではしなかったわ(まさしく「猫に小判」^^;)。

ara さて、話変わって、写真は今日の夕飯にだした「刺身用ブリの、かま」です。大きいのが4つで300円。刺身を切った残りのかまなので、とっても新鮮。しょうがと醤油、みりん少々だけの味付けです。子供は「おいしい!」と叫びました。

当然でしょう。ブリは寒ブリだもん!そして魚は、実はかまが一番美味しいんですもん!しかも値段も美味しくて言うことなし!(終わりも貧乏くさいなあー。でも本当にカマはおいしいです)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「小田和正 58歳を歌う」。

さっき放送していたNHKのにんげんドキュメント。58歳でがんばっているシンガーという視点からの構成。東北大の同期生など団塊世代のコメントを入れ、小田さんのコンサートを取材していた(再放送はBS2で26日午後5時15分から、地上波は26日深夜(日付は27日)の予定)。

コンサートは主に12月からのもの。11月の埼玉でも話す時の声を聞いていて心配だったのだが、ノドを痛めていた様子がその取材でもわかった。やはりノドは大変だったんだ。「以前はいつでも出せた高い声が、今は本番まで出るか出ないかわからない」そうだ。

小田さんの声に比べるとあまりにどうでもいい私の声だけど(笑)風邪の時に仕事で声を使い続けたせいで声帯炎になり、二ヶ月近くまともな声が出なかったことがある。「声帯が真っ赤にぶよぶよに腫れている。元の声が出るかどうかはわからないね」と言われた時の恐怖、声が出なかったストレスは忘れられない。

小田さん!「どうもありがとう!」はお願いだから叫ばないで。叫ばなくても小田さんの気持ちは伝わってますよ!!声を大事にしてください。ファンのお願いです!

番組での「走ると気管支が痛い。内出血してるんだろうね。」という心配なコメント。コンサートもCDも「歌声」はそんなことを感じさせないところは、ひとえにプロ根性のなせる奇跡なんだろうか。

NHKは「歳とってもがんばっている小田和正」を強調したいのか、コンサートで歌えなくなっていたり、歌詞を忘れたりしているところばかりNG集のように拾い集めていた。でも、それはあまりに本当のコンサートの印象と違うんだ、ということはファンとして強調しておきたい(T T)

番組の終わりに、小田さんがNHKに送った手紙の最後に「自分はもうちょっと走れそうな気がします」とあった。きっと走れる限り走ってくれるんだろう。自分のため、そして、その姿でファンに「走る」勇気を与えるために。しみじみ嬉しかったし、励まされている気がした。

末っ子性格の(自立してるようで、実は人に頼りたい)私は、仕事で知り合った団塊世代に、大好きな尊敬する「友人」が多くいる。元気な人からはもちろん、最近連れ合いを亡くした人からも、仕事を辞めて現在病気と闘っている人からさえも、常に前向きに生きることを教えてもらっている気がする。

小田さんは「世代論は意味がない、人はやっぱりひとりひとりなので」と書いていた。その通り。・・・でも、やっぱり彼の世代の人って、私の世代より気力に満ちている気がするなあ(それとも私の知人達が偶然そうなのかな?)

| | コメント (4) | トラックバック (2)

フィリップ・シーモア・ホフマンがゴールデングローブの主演男優賞!

ゴールデングローブ賞の映画ドラマ部門で、「カポーティ」のフィリップ・シーモア・ホフマンが主演男優賞をとりました。タイプは違いますが、人の内面をえぐり出すような演技をする点で、ジャック・ニコルソンと並べたい実力派性格男優だと思います。

セントオブウーマンでの学生役から始まって(その前は知らない)、90年代後半になってその怪演に磨きをかけてきた感がある彼。主役を食う存在感の脇役のことが多かったのですが、どんな「カポーティ」を演じたのでしょうか(「ティファニーで朝食を」「冷血」の作者カポーティです)。

彼に注目したのは、「リプリー」から。失踪したディック(ジュード・ロウ)の友人役でした。リプリー(マット・デイモン)を追い詰めるいやらしい物言い。目つきの凄み。すぐ殺されてしまう役なのに、夢に出そうなほど迫力がありました。パッチ・アダムスの時はただの普通の医者役だったよね・・と思いながら、以後DVDで「ハピネス」「フローレス」「マグノリア」「あの頃ペニーレインと」など見ましたが、どんな役にも強い印象を残す人だと思いました。

たぶん生理的に受け付けない人もいるような役者です。この人のファンだとは言いたくないなあ(笑)。でも、この人が出てるだけで「ブギー・ナイツ」まで見てしまった私(^^;)。

男性の趣味が悪いんじゃない証拠(??)に、タイトルには「ジョージ・クルーニー助演男優賞!」も加えたかったのですが(笑)。そういえば、コメディ/ミュージカル部門の主演男優賞になったホアキン・フェニックスもいい役者ですね(兄、リバー・フェニックスもよかったなあ)。

アカデミー賞も今年は楽しみです。

| | コメント (6) | トラックバック (3)

11時台にやってくれないかな、連続ドラマ。

気になっていた(見たかった)今日スタートの連続ドラマ。

TBSの「白夜行」とフジの「小早川伸木の恋」。白夜行は東野圭吾の原作で、原作が面白いのを知っているので。「小早川伸木の恋」の方は、唐沢寿明の演技が好きだし、柴門ふみの原作だから。といっても柴門ふみはエッセイしか読んだことがないけど(東京ラブストーリーもドラマしか見てないです。エッセイは面白い!)。

子供には早寝をさせているし、寝せた後でないと落ち着いて見られないので、いつも9時台のドラマは全滅。録画しても、結局見ずに溜まっていくので最近は諦めています。今日は子供を寝せるのが遅れて(いつもは9時目標)、結局「小早川・・」の方を10時半ごろからいい加減に見ただけでした。

自分が悪いわけでもないのに配偶者との関係が壊れていって、自分は浮気なんかする気もないのに他の人に心を惹かれる・・・という話のよう。ふむ、結婚生活ではありがちだわ。柴門さんはこういうストーリーは上手そうだな。唐沢寿明はまた医師役なので、辛そうに顔をしかめると、どうしても財前に見えてきてしまう(「白い巨塔」は全部見たんです)。

でも結局二本とも(来週から)見ないで終わらせてしまうんだろうな・・・。

連続ドラマ、11時台だったら落ち着いて見られるんだけど(少数派だろうな)。まあ、録画してまで見たいという情熱がないのも事実なんですけど。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

温泉でのんびり。

P1020395 三連休。伊豆半島の温泉に二泊で行ってきました。金曜日に雪が降ったらしく、駐車場には雪が。

P1020390

いつも泊まるところの部屋から見た海。今回は二階だったのでちょっと木が邪魔ですが、気持ちのよい眺め。夏はこのベランダでビールを飲むと最高です。

ここの良いところは、温水プールがあること。しかも時間によっては「家族Pool貸切プール」状態。 子供も一応四種目できるので、水泳では最近夫だけが落ちこぼれてます(無理やりバタフライと背泳を教えましたが、目下、自他共に爆笑ネタ)。のんびりするのが目的なので、ほとんど宿泊場所から動かず、プールとトレーニングマシーンと温泉三昧。夫の得意種目のテニスはコートが雪で使えず、残念でした。

さあ、夕飯。P1020356 P1020361 P1020358

白身魚のカクテル(食べる前に撮りなさいよ)、サラダ、ミネストローネ。

P1020359  P1020360P1020362

手長海老とホタテのグラタン(また撮る前に食べてしまった^^;)。牛たたき、デザート。

赤ワインを一本注文。「飲み方早すぎ」「あっ、たて続けに自分のだけついで反則!」など夫婦で醜い牽制をしながら飲み、ゆったりと(?)お食事。美味しかったです。つい数年前まで、子供が小さすぎてゆっくり食べられなかったのを感慨深く思い出します。

10時過ぎに一人で二度目の温泉に入り、露天風呂からオリオン座と冬の大三角を眺めていい気分。

P1020369   おかげで、ぐっすり寝すぎて、海上の日の出を見逃してしまいました(7時前に起きるだけで、感動的な空の色の変化が見られるのに)!

この雲が、オレンジや紫や、紺や、さまざまな色の変化を映していたはずだったのに・・。

と悔しがったわりには、二日目は夕飯をなべにして日本酒、二度温泉・・ぐっすり・・で翌朝はさらに日が高くなってから起きてるし。まあ、のんびりが目的だからいいか。

おリッチな宿泊に見えたかもしれませんが、実は健保の施設なので、全然高くないんです。いろいろな健保も、だんだんお金がなくなって来てますよね。こういう思いができるのも今のうちかもしれません。

さあ、子供の冬休みもようやく終わり。実質的にも気分的にも本来の生活に戻ります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

子供のピアノ。

子供二人のピアノの発表会が近づいている。

ピアノをやらせたのは、下の子が幼稚園年長の時、急に「ピアノがやりたい」と言い出したから。動機はよくある「○○ちゃんがやっててうらやましい」。「うーんでも、お母さんも送っていくの大変なんだけど・・?」などとじらしたあげく「絶対頑張るから」という言葉を引き出した(いろんな事で、何度これに騙されていることか)。意外なことに、上の子も「やりたい」と言い始めたので、一緒に始めさせた。

音楽があるのは人生にとって幸せなこと。やりたいなら、ピアノはすごくいい。別にこれで身を立てろ、すごく上手くなれ、などという期待は全くない。

・・・期待は全くない。だけど、スポンサーとしての親の悲しさ、ここにコスト意識がどうしても働いてしまう。二人で月1万8千円、それから発表会2万円だの検定2万円だのという現実的な。それから、発表会でダサいのは勘弁して、という親の「ミエ」だとか。

言われないと練習しない子供達に練習させて、いつまでたってもサマにならない曲を聴いて、発表会が近づいて・・という状況の中、温厚な(?)私もついに啖呵を切った。

「わかった。そんなにやりたくないんだったら、もう次の発表会を最後にして一切ピアノはやめよう。もうお母さんも言いたくないし、二人とも言われたくないだろうし、もうやめよう!!もともとやらせてっていうから、はじめたの。覚えてる?頼んでやってもらってるんじゃないの!あとで辞めますって先生に電話しておきます。よかったね!!」すると二人。

「いやだ!」「やる!」「ぜったいやめない!」・・・あー、どんなにホッとしたことか。矛盾してるけど。でも私もすぐには引かない。本気が入ってないことは言わないんだから。

「上手くなる気がないのに、先生にだって毎回失礼でしょ!とにかくもうおしまい!」すると、おとなしい息子が泣いて怒鳴った。

「・・・ピアノは好きなの!ピアノは好きなんだよ!!でも難しいの!お母さんは・・・冷たい!冷たいよ!」

・・・普段はっきり自己主張しない息子がピアノが好きだと叫ぶので、うっかりジーンとしてしまった。冷たくてごめん、君のお母さんはけっこう体育会系の血が流れてるから、しょうがないの。でも結局これで折れてしまった。

さて、今日の読売の夕刊に宮崎駿さんのインタビューが載っていた。今度「ゲド戦記」を製作する息子さんとの関係について(以下カラー部分引用)

親子って、簡単に割り切れる関係じゃないし、相手が誰であれ、認めるか、認めないかの尺度は、自分の中にちゃんとある。ただ、自分が気に入らないからといって、「やめろ」とは言わない。それは、一貫して一度もやってないです。

その通りだと思いました(/。\)宮崎さんに直接叱られたような気持ちになり、反省(でも好きならもっと練習して、子供!← 親も子も反省の色がないな、家は ーー;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「トリコロールに燃えて」などなど

今、NHKでピカソの「ゲルニカ」を解説していました。

ゲルニカと言えば、年末に見たDVD「トリコロールに燃えて(HEAD in the  CLOUDS)」の中では、ゲルニカが爆撃された頃のスペイン女性の役をペネロペ・クルスが演じていました。もう一昨年の映画ですが。

人から借りたDVDだったのですが、シャーリーズ・セロン、ペネロペ・クルス、スチュアート・タウンゼントそれぞれの魅力が十分に感じられる印象的な映画です。テーマは軽薄なようで最後には重く、切ない気持ちになるストーリーでした。

そういえば、映画ロードオブザリングのアラゴルンの役は、初め、このスチュアート・タウンゼントにオファーがあったと読んだことがあります。若すぎると思って換えたとか。当時、タウンゼントは、すごくハンサムなドラキュラ役をやったのを見ただけだったので、そう聞いた時は「彼でなくてよかった」くらいに思っていたのですが・・・トリコロールを見て「彼のアラゴルンも見たかったなー。」と考えが変わりました。

年末年始には人から借りっぱなしのDVD(^^;)や、買いっぱなしのDVDなどを沢山見ようと思ったのですが、結局4本くらいしか見られませんでした。キングアーサー(まあまあ)DEEP BLUE(必見!)50回目のファーストキス(そこそこ)パンチドランク・ラブ(わからなかった・・(T T)でも私の大好きな??性格俳優フィリップ・シーモア・ホフマンがちょい役で出ていた。この人が出ている映画はつい見てしまいます。本当に演技うますぎ!)・・こんなところです。

去年映画館で見た映画は数えるほどしかないです。スターウオーズとかハリーポッターとかの娯楽大作ばっかり。今年はもっとがんばって映画館で見たいな。

(・・・書き始めと途中と書き終わりがみごとにグチャグチャですみません(><)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »