« 英語な日々2・単語増やそう | トップページ | 「ペイント」でお絵かき »

東野圭吾・容疑者Xの献身

出たばかりの東野圭吾の本をゲット。一気読み。

東野圭吾の作品は、どれもストーリーが面白い。

この人、理系的?冷たい論理性と、

文系的情念とのバランスがいいんだと思う。

漫画家の手塚治虫さんもそうだったけど、

ストーリー運びがうまく、人間の情念を書き込んでいても、

つきはなした視点を持ってるんです。

ファンです。「はずれ」がほとんどないと思う。

どっちかというと、ここ10年位に書かれたものがいいですねー。

普通の人間が、人との出会いの中で、

引きずり込まれるように犯罪者や被害者になっていく姿や、

その中で愛憎に苦しむ姿を書くのがうまいんですよ。

前作「さまよう刃」は、友人と評価がわれました。

私はドギツイ描写は読者が主人公の心情を理解するための

意図だと感じたのだけど、

東野を初めて読んだ友人は相当いやだったみたいでした。

「容疑者Xの献身」も殺人モノで、

大~好きな湯川博士モノ。

(「探偵ガリレオ」「予知夢」、是非読んでくだされ。)

3分の2くらい読むうちは

「ふーん、コロンボシリーズみたいだね、

あっさり読めちゃうね、結構単純だね。」って、

ちょっと拍子抜けした感がありました。yougisyax

終わりまで読むと「さーすが、東野!」

伏線がちゃんとあったのでした。

(←作品イメージ。ペイントでお絵かきしてみた)

さて、論理性・・と言ったけど、東野の作品は、冷静に考えると

「?」ってことも、実は多い。

今回のも、「この殺し方じゃ、犯人にこういう肉体的証拠が

残るはずだよね・・それを警察がチェックしないのは変・・」

など、いろいろと思ってしまうけど

「まあ、いいではないの!ストーリーとして面白いもん!」

(クリスティーなんかもそうではありませんか?)

って思わせてしまうのが、

東野圭吾のストーリーテラーとしての

卓越した才能(と仕事ぶり)なのではないかと思います。

(「容疑者X・・」は、東野作品としては☆四つくらい。

☆五つを大満足として。あ、辛口の批評です。)

|

« 英語な日々2・単語増やそう | トップページ | 「ペイント」でお絵かき »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131466/5738292

この記事へのトラックバック一覧です: 東野圭吾・容疑者Xの献身:

« 英語な日々2・単語増やそう | トップページ | 「ペイント」でお絵かき »