« 「ニホン語、話せますか?」を読んで。または、拝啓文部科学大臣さま。 | トップページ | 顔文字の不思議 »

ANAホテル東京でランチ

全く気取らないセレブ・ゆうさんから

「ANAのマイレージ使ってランチ食べよう、付き合って」

とのありがたーいお誘い。

溜池山王駅で待ち合わせ、ANAホテル東京36階

「マンハッタンラウンジ」で

「ニューヨークランチブッフェ」をいただきました。

きれいで、落ち着いた雰囲気。でも気取りのない店内。

国会議事堂がしっかり見下ろせる、窓際の丸テーブルに案内されました。

「台場の日航ホテルの見晴らしの方がいいけどねー」と、ゆうさん。

ここから海は見えないからね(^^;)。

お料理もマグロのカクテルやスモークサーモン、各種サラダ(豆腐とかトマトとか卵とか)、

カリフォルニア巻き、ローストポーク、

数種類のパン(デザートみたいなパイを含む)やピラフやサラダ風スパゲティー等々・・・に、テーブルを

巡回するカットステーキ(ローストビーフみたいで柔らかい~)、

ゆでたてスパゲティのサービス。

どれもこれもおいしかった!

キッシュみたいな味の、ビーフスライスを卵で挟んだもの?の作り方を知りたいと思いました。

とってもおいしかった。

おーい、ワイン遅いですよ(言ったら丁重に謝ってすぐに持って来てくれた。甘口。)。

デザートにはアロエベらとブルーベリーのカクテル、オレンジ、キウイ、ホームランメロン

ティラミス、ショートケーキ等のケーキ、パンナコッタ、各種アイス・・・・。

ケーキは、ぼくてきの味覚には甘め・・その辺がニューヨーク?

でも抹茶アイスはおいしかった!

食後に、コーヒーを入れに来てくれました。濃くておいしかった。お代わりしました。

店員さんも、にこやかできびきびして感じがいいです。

まあ、日本のホテルだもんね、普通か。

平日なので税とサービス料込みで2888円(休日は3350円)。

グラスワイン一杯ずつ取ったので二人で7280円(一人3640円)でした。

立地を考え、「食べ放題」と考えると、

とっても納得のいく(リーズナブルな)値段だと思いました。

(いつもは子連れファミレスのぼくてき。

らしくもないグルメ記事を書いてしまった。

持つべきものは、リッチで気のいい友だ・・・・?)

|

« 「ニホン語、話せますか?」を読んで。または、拝啓文部科学大臣さま。 | トップページ | 顔文字の不思議 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうです。
ケイトはコツ②型なので
リスニング力が上がるのを
のんびりと待ち~す。
でも、あんまりのんびりしすぎると
ダメなんですけどね。
GREがあるので・・・。

投稿: ケイト | 2005年9月23日 (金) 00時22分

ケイトさん。

英語記事にいただいたTBにお返ししたコメントへの
コメントですね(^^)。
来てくださってありがとう!

>あんまりのんびりしすぎると
>ダメなんですけどね。
>GREがあるので・・・。

そうでした^^;)暢気でごめんなさい。

そうだ、もうひとつ。
ゆっくりの音は聞き取れる状態だったら、
読む「スピード」を上げる練習をすると、
リスニング力も上がるはず。
ナチュラルスピードの録音にあわせて、たくさん
音読練習してみて(私ももっとしないとなあーー;)。

応援してますよ!(って話がランチから離れてるなあ(笑))。

投稿: ぼくてき | 2005年9月23日 (金) 00時48分

また②コメントありがとうです。
応援もしてくれてありがとん。
頑張っちゃいま~す

投稿: ケイト | 2005年9月24日 (土) 09時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131466/6067252

この記事へのトラックバック一覧です: ANAホテル東京でランチ:

» 全日空ホテルで最後のテイスティング勉強会 [食う・飲む・遊ぶろぐ]
いよいよソムリエの二次試験が明日に迫ってきました。土曜日には赤坂の全日空ホテルで最後のテイスティングの確認を行いました。なぜ全日空ホテルか?といいますと、現在36階の『マンハッタン ラウンジ』にて、「セレクトワインフェア」なるものをやっていて、20種類のワインとミネラルウォーターを下記お値段でフリードリンク注文できるのです。 そこで、ワインの学校で同じクラスメートで、すでにエキスパート試験が終わり、無事合格した... [続きを読む]

受信: 2005年10月10日 (月) 10時17分

« 「ニホン語、話せますか?」を読んで。または、拝啓文部科学大臣さま。 | トップページ | 顔文字の不思議 »