« 物が見つかる人、見つからない人 | トップページ | 70年代の風景・水泳部のS先生 »

TOEIC860点的英文メール作成

昨日の話の続きですが、

その後がんばって英文メールでお返事を書きました。

なんでお返事書くのが遅れたかというと

相手のメリーさん(仮名)から来たメールに

「私の母の夫が亡くなって,電話で母と話したら

母が落ち込んでいたので、家に帰ってた。今も心配。」

みたいなことが書いてあったのです。

(英語に関心のある方のため、以下英文の一部 :

プライバシー保護のため、少し変えてあります)

My mother's husband had passed away so she sounded very
depressed when I spoke with her on the phone and as she was
alone, I decided to go and stay with her. I got back home.

My mother's husband  ってことは、お母さんは再婚してたんだ。

で、娘(本人)と亡くなった再婚の男性の関係はビミョーみたいだね。

でも、お母さんのことは心配なんだよね・・・という状況。

こんな話に、どうコメントしたらいい?しかも英語で(@。@)

さて、TOEIC860点・英検は準一級

書く方は特にからっきしだめな 私が頼ったのは

市川功二さんの「Email時代の社交英語」(泉書房)。

使えそうな文を探してみたら、

「大勢の友だちがあなたのことを思い、同情しておりますが、

このことがいくらかでもあなたの慰めになればと願っております。」

という英文を発見。これをアレンジしよう。

(著作権のことがよくわからんので、英文は本の84ページを見てください)

それで、このように書いてみました。

I'm sorry to hear that your mother lost her husband.
It always be a terrible experience to lose one's beloved one.
However, I believe that she found great comfort in the knowledge
that her grief was shared by her family(you, I mean) who were always thinking of her.

「お母様が、だんな様を無くされたと聞き、お気の毒に思います。

愛する人を亡くすことは、辛いことです。

でも、お母様は、彼女のことをいつも思ってくれるあなたが

その悲しみを分け合ってくれることに大変慰められたに違いありません。

(注:そう書いたつもり)」

ネイティブの方が見て変なところは、

元の本のせいではなく私のせいです。

私、基礎力ないんで(^^ゞ(威張るな)。

市川さんありがとうございます。

この本、役に立ちますねー。

ついでに、メリーさんはすごく「リベラル」な方なので

こんなことも書きました。

これは、うろ覚えの言いまわしを電子辞書で確認。

Now the general election was over.
LDP won big!

' Good grief !'
I can see in my mind's eye  you make a grimace at the result.

「さて、総選挙おわりましたね。

自民党大勝!

‘やれやれ!’

この結果に、しかめっ面するあなたが目に浮かびます。

(と書いたつもり。でも時制と前置詞とイディオムの使い方は自信ない)」

スヌーピーを英語で読んだことがある方は

チャーリーブラウンの「やれやれ!」はおなじみですよね。

もしかしたら古臭い言い方かも知れないけど

使ってみました。

まあ、あと、その他いろいろ個人的なこと書いて

やっと返事が送れた。

Good grief!

さて、どこがTOEIC860点的英文メールなのかというと・・・

① 一応、なんとか書ける。

② 間違いは多いし、辞書とかいろいろ見ないと書けない。

というところ。

英語の達人への道は険しい・・・。

|

« 物が見つかる人、見つからない人 | トップページ | 70年代の風景・水泳部のS先生 »

「英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131466/5931873

この記事へのトラックバック一覧です: TOEIC860点的英文メール作成:

« 物が見つかる人、見つからない人 | トップページ | 70年代の風景・水泳部のS先生 »