« 防災どうしましょ | トップページ | 東野圭吾・容疑者Xの献身 »

英語な日々2・単語増やそう

単語だけ覚えてもだめ、っていうけど

でも単語がわからなければ話にならないのが語学。

暗記は得意じゃない。

英単語をすいすい覚えるなんて無理。

だから、覚えたい単語はこうしてます。

① 覚えにくいモノの名前は、実物に書く。

綿棒のパッケージには   SWAB

キッチンの蛍光灯には   FLUORESCENT

軟膏のフタには       OINTMENT

こんな感じ。自分がわかるところに、さりげなく書く。

そのへんに転がってる日用品の覚えにくい名前も

名前を書いておき、見るたびに読めば

必ず覚えられます。ぜひやってみて。

② その他もろもろは、とりあえず連想記憶

これは、大学受験でお世話になった「英単語連想記憶術」

っていう本の方法を自分でいまだに使ってるものです。

大学入学当時、インテリの友人 (現在某大学の助教授さん^^;) は、

「トラひく 交通」(traffic)を見て、 「だめ!!こんなの!!」

って強烈なアレルギーおこしていたけど、

凡人には

馬鹿になりきる力が必要なのだよ w(ー。ー)

さて、実際の例ね。

adjacent(近辺の)    atrocious(残虐な)

こういう単語を、一発で覚えるには

1、 まず連想文をつくる

   「あ、ジェイソン(13日の金曜日ね)と おとなりさん!」

   「後、牢死やす!(なぜか京都弁) 残虐な奴は!」

2、 それを頭の中で絵にして

   (私は実際単語帳や記事の余白に書く)

   強くイメージしながら唱える。

   大切なこと。

   思い浮かべる絵は日本語文のイメージですが、

   発音はあくまで英語の発音で

   (アメリカ人かイギリス人になりきって)、

   アクセントもちゃんとつけて唱えること。

その後、文章やニュースで見たり聞いたりするたび、

(あ、読んだり聞いたりする努力はしないといかんのよ)

簡単に意味を思い出せます。

そのうち連想文を考えなくて済むようになり、

ちゃんと自分のボキャブラリーになっていきます。

本当に、連想文作って覚えると、忘れないんだよー。

高校で落ちこぼれてた私は

これで昔、大学に現役合格できたよー。

留学もせずスクールも行ってないけど

TOEIC一回目の挑戦で860点とれたよー。

英語苦手な受験生、あきらめるのは早いぞ!

(でも実は英語の勉強サボってるんだ・・・

子供の夏休みが終わったし・・・また勉強再開します!)

さて、では連想が浮かばない抽象的な単語はどうする?

私は覚えるのをあきらめますね(@□@;)

(まあ、それでも何度も目にすれば覚えるけどね)。

|

« 防災どうしましょ | トップページ | 東野圭吾・容疑者Xの献身 »

「英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131466/5728308

この記事へのトラックバック一覧です: 英語な日々2・単語増やそう:

« 防災どうしましょ | トップページ | 東野圭吾・容疑者Xの献身 »